情報の価値

今日は、もったいぶらずに結論を一言で述べます。 「情報は明文化した時点で価値が半減する」のです。 これ以降の文章は、理由について延々と語っていくため、結論だけで十分な人は読まなくてかまいません。 いつも結論をもったいつけ

Continue reading

新しい秩序とは?

私は、大学生時代、社会学を専攻していました。しかし、社会学とは何か?と問われても、今となってはうまく説明できません。大学の勉強はそんなものです。 ただし、社会学は好きです。卒業してもう5年以上たちますが、今でもその気持ち

Continue reading

ネットの社会学

テレビニュースで、インターネット関連による事件が報道さるようなってから久しいですが、もともと、そうしたニュースや社会問題は、ありませんでした。ややもすると、インターネット自体が、何らかの事件に関与していると思われてしまうので、テレビニュースの報道が事件や事故ばかりだからです。 しかし、インターネット…

Continue reading

情報を編集するという技術 〜第1孝〜

ブログなどのCGMで誰でも簡単に情報を配信できるようになった事によって、確かにそれまでのメディアとは明らかに変わってきました。それは、限られた人だけが、情報を配信できるという点においてです。 しかし、インターネットが世に出たときには既に、誰でも情報を配信できる事は、既にわかっていたはずなのです。 私…

Continue reading

言葉が持つイメージ

言葉には、シニフィエとシニフィアンが存在していることは前回説明しました。 それを踏まえた上で、次の言葉を考えてみます。 遊び プレジャー pleasure 娯楽 あそび アソビ 同じものを指していますが、その言葉が持つイメージはそれぞれ違っていると思います。その違いは感覚的なものですが、それを言葉で…

Continue reading

社会学の方法

社会学は、現実の社会からデータを取らなくてはならないため、さまざまな方法が考えられている。主として社会調査が用いられるが、調査の他に、実験、観察、内容分析(文書や映像資料等の分析)、マクロデータ(集計された統計データ)の

Continue reading

歴史

社会学の歴史は、様々な形で記述することができるが、通常次のようなものが含まれる。 1)ヨーロッパにおける先駆的な思想、研究 上述のコントの思想は、その師であるサン・シモンに遡る。一方、コントの方法はジョン・スチュアート・

Continue reading

機能主義社会学の台頭

第二次大戦後のアメリカにおいて、タルコット・パーソンズやロバート・キング・マートンら による機能主義が提唱され、社会学全体に大きな影響を及ぼした。特にパーソンズの社会システム論は,社会学における統一理論を築き上げる意図を

Continue reading

多様化

1960年代に機能主義からの離反が起きた後、いわゆるミニパラダイム(この語法は本来は誤りである)の乱立と称される時代を迎えた。現象学的社会 学、エスノメソドロジーなどが出現し、社会学が多様化し、研究対象となる領域も拡大は

Continue reading