考察

4/38ページ

マーケティングは戦略、ブランディングは○○ 第7回 10分間セミナー

この動画は、マーケティングとブランディングの違いと関係性について解説した10分間のセミナーです。主なポイントは以下の通りです。 マーケティングとは つまり、マーケティングは売れる仕組みを作る戦略的な取り組みだと言えます。 ブランディングとは つまり、ブランディングは顧客の心に残る存在になるための活動だと言えます。 マーケティングとブランディングの関係性 したがって、マーケティングとブランディングは […]

【生産性向上】ワークシェアが生み出す効率性 第4回 10分間セミナー

この動画は、ワークシェアが生み出す効率性について解説した10分間のセミナーです。主なポイントは以下の通りです。 ワークシェアの効果 生産性向上の方法 ワークシェアを効果的に実践するには、チームメンバー一人ひとりが自律的に動き、責任を持って役割を果たすことが求められます。また、リーダーには全体を俯瞰し、適切にマネジメントする力が必要です。ワークシェアを通じて生産性を高めていくことで、チームや組織の成 […]

【ビジネス】計画性が生み出す生産性の向上 第3回 10分間セミナー

この動画は、計画性が生み出す生産性の向上について解説しています。主なポイントは以下の通りです。 また、計画性を高めるためのポイントとして、以下のような点が挙げられています。 計画を立てて仕事を進めることは一見手間に感じるかもしれませんが、長期的に見れば生産性の向上につながります。個人だけでなく、チームや組織全体で計画性を高めていくことが、ビジネスを成功に導く鍵となるでしょう。

リーダーに送るクリスマスプレゼント

  • 2021.12.02

クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」 歌詞の内容からすると、赤鼻のトナカイはコンプレックスの塊でした。 特に他のトナカイと違って鼻が赤いことで、仲間はずれされて来たという苦い経験があるからです。 この辺りのトナカイコンプレックスは、尾田栄一郎作のワンピース冬島編に出てくるチョッパーと一緒です。 この漫画でも「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」がモチーフにされていることは想像に難くないです。 鼻が赤いこととい […]

ルドルフ 赤鼻のトナカイ

  • 2021.12.02

もともとは、童話だった クリスマス時期、ジングルベルと並んでよく耳にする曲といえば、「赤鼻のトナカイ」 もともとは、1939年にロバート・ルイス・メイによってRudolph the Red-Nosed Reindeer(ルドルフ 赤鼻のトナカイ)として書かれた児童書でした。この児童書はベストセラーとなり、1948年にジョニー・マークスの作詞作曲でクリスマスソングになりました。 ロバートの妻イヴリン […]

SDGsは果たして達成可能なのか?

あなたの知らない真実 ビジネス書大賞2020を受賞したFACTFULNESS(ファクトフルネス)ですが、まだ、読んでいない方にはぜひおすすめしたい一冊です。 世界が貧困で困っているという認識と、SDGsによる2030年までの目標が果たして可能かどうかを示唆する一冊でもあります。 とくにSDGsで掲げる17のテーマを2030年までに達成できるかどうかは、FACTFULNESS(ファクトフルネス)を読 […]

古代日本五国王朝説

  • 2020.08.11

古代日本の歴史書である「古事記」や「日本書紀」は天皇家の正当性を認めさせるために7世紀ごろに書かれたとされています。 しかし、古代日本はそれ以前より存在していました。縄文時代と弥生時代と言われる時代ですが、その時代には国は存在せず村が点在していたと考えられています。 しかし、国というのはそうした人の集団が寄り集まっていった結果なので、その時代に国が存在していない事は考えにくく、人が生活をしていたの […]

日本人の活字離れはウソ

出版物の販売額は減っている 日本の活字離れと言われていましたが、本当にそうでしょうか? 日本の出版販売額は年々右肩下がりのため、出版販売額の推移だけを見れば、たしかに活字離れしているように思われます。 https://www.ajpea.or.jp/statistics/ 書籍、月刊誌、週刊誌それぞれ右肩下がりではありますが、2009年ごろから月刊誌と書籍の販売金額が逆転しています。 月刊誌の落ち […]

生産性アップにはチームワークが不可欠

重要なのはチームワーク 生産性向上に関して、重要なのはチームワークです。 最近、One Teamなどという言葉がありますが、要するにチームです。 生産性の話になるとどうしても、個人の生産性に目が行きがちですが、個人の生産性が100上がっても組織にはそれほど影響がなかったります。 1人が1000の生産性をあげたとしても、その他の100人が1しか上がらないばあいは、100人が10上げるよりも生産効率は […]

1 4 38