MT5 beta

MT5のベータ版が出たというメールを頂いたので、早速導入テスト。

後で、いつでも削除できるように、新規でインストール。

でもデータペースは今使っているMT4と同じにしたので、データはそのまま流用する形にしました。

インストール自体は、簡単にできます。

インストール後は、以下のようなダッシュボードが展開されます。

ピクチャ 1.png

MT4に比べるとかなりシンプルになった感じがします。

メニューが上に並んでいましたが、一切なくなりました。

標準のウェブサイトとはいったい何を指しているのか?よくわかりませんが、クリックすると、以下のような画面になります。

ピクチャ 2.png

なるほど、設定しているブログがこれで一目瞭然という訳ですね。

基本的な部分に関しては、さほど変わった感じはしません。

機能的は、ブログ、ウェブページ、コミュニティーなどは今まで通りありますが、新しく、モーションとアクションストリームというテンプレートが追加されています。

いったいなんなのか??

早速、構築しました。

ピクチャ 3.png

まずは、アクションストリーム。(クリックすると実物が見れます

どうやら、更新された履歴を追っていく機能のようです。ブログを書いたり、コミュニティーで投稿したり、画像をアップしたり、ファイルをあっぷしたりといった動作を時系列で並べていく機能のようです。

何か使い道はあるかな?

例えば、ポータルサイトを構築した際にいろんな人の更新履歴を時系列で一覧で出すには便利です。こういうのがあると、以外と見るんですよね。

ピクチャ 4.png

続いて、モーションです。(クリックすると実物が見れます

これ自体は、どうやらMTCSをパワーアップしたもののようです。

サインアップした後の使える機能が格段に上がっています。

Twitterに触発されたのでしょうか?なんだかそんな感じです。

特質すべきは、利用サービスについて。

Twitterを始めかなり多くのサービスがこのモーション内で表示可能です。自分のブログのPRにも役立ちますし、ここに直接投稿もできるので、これは使えそうです。

ポータルサイトまでサポート可能になったわけです。

慣れれば、新たに開発するよりもMTをカスタマイズした方が、開発スピードは格段にあがりますね。。。慣れれば。。。

ちなみに、β版はやっぱりいろんなところでエラーが出るので、正式版をおすすめします。

MT4時代からあるものもついでに。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください