safari4が正式リリースしてから・・・

safari4がリリースされましたが、スピードはIEの3倍、FireFoxの3倍を出せるといいます。

でも、実際どうなんでしょう?

・・・使い勝手はともかくとして、面白い機能は、あります。

それが、これ。
ピクチャ 1.png

Top Sites

アクセスしたウェブサイトを追跡してお気に入りをランキングし、1ページに最大24個のサムネールとして表示します。気に入ったサイトをグリッド内の好きな場所に配置して、表示をカスタマイズすることもできます。サイトの位置を固定できるので、Top Sitesを開くたびに、どこに何があるかすぐにわかります。

で、もう一つがこれ。

ピクチャ 2.png

Cover Flow

ウェブサイトの履歴とブックマークしたサイトをビジュアルに美しくまとめてくれます。最後にウェブサイトを見た時とまったく同じ状態で、フルページのプレビューが表示されます。

iTunesのアルバムアートと同じように、Cover Flowでウェブサイトのプレビューをぱらぱらとめくるように表示できるのは、おもしろいです。

普段のLAN環境では、あまりスピードに違いを感じないのですが、e-mobileなどを使って外でネットにつなぐ時は、そのスピードの速さを実感できます。

Windowsでの利用はしていませんが、使ってみた人の感想では、「面白いけど・・・実際に使うにはちょっと。3日で1,100万ダウンロードとかいっているけど、FireFoxはギネスレコードの24時間で合計800万2530ダウンロードっていうのがあるからね。盛り上げようとするのはわかるけど。。。」

というご意見でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください