Home > その他 Archive

その他 Archive

Windows7 beta 入れてみた

  • Posted by: マルコ式
  • 2009年1月15日 00:07

Beta版と聞くと、どうも居ても立ってもいられない性分のため、使ってみることにしました。

ネットからダウンロードして、DVDにデータを焼き込んで。

こういうときの為にテスト用ディスクトップを用意しています。以前は、そのまま使ってみたこともあったのですが、あまりにもリスクが高いということに気がつき(当たり前だ!)、今はちゃんとテスト用PCを準備しています(一回痛い目見ないとわからんのです)

早速、テスト用PCにインストール開始。

テスト用PCのスペック

  • OS: Windows XP SP3
  • CPU: Celeron 2GHz
  • メモリ: 1GHz
  • HDD: 80GB x 2

Updateの場合は、Vista SP1以上じゃないと出来ないって言われたので、XPの場合は初期インストールするしかなさそうです。

もちろん、Beta版なので所々英語の表記が出てきます。

インストール自体は、Vistaの時ほどストレスは感じませんでした。年々、インストールとアップデートの時間がかかっているような気がしたので。

画像はこちらから ご覧いただけます。(ちなみに、閲覧するときPicLensを選んで、全画面表示にすると使っているような感覚になります。)

実際使ってみた感想としては、Vistaよりも軽いってことでしょうか?

Aeroのような作りですけれど、操作感覚は軽いです。(といっても特に何も入ってませんけれど)約8年前に組んだ自作PCですが、動作については問題ありませんでした。(ただストレスは感じます)

ドライバは、全部入っているようでしたが、正規版ではないので騙し騙し使っているというような感じです。(実際に解像度がMAX1024 x 786までしかいかなかった)

ビデオドライバがうまく機能しないため、ソリティアはストレス感じまくりでした。

App Engine Site Creator 日本語化

  • Posted by: マルコ式
  • 2009年1月 7日 19:36

App Engine Site Creatorは、そのままインストールしただけでは日本語表示できずに、エラーになってしまいます。

要するにUnicodeが使えないという状態なので、それを使えるようにセッティングしてあげれば、日本語表記も可能になります。

Goolge Codeにその対処方法が掲載されていたので、それを参考にして解決しました。

以下は原文

If I want to put Russian characters into a page I get error like {{{UnicodeDecodeError: 'ascii' codec can't decode byte 0xa0 in position 10:ordinal not in range(128)}}
Please use force unicode decode. I resolve this problem replacing {{{page.content = request.POST['editorHtml']);}}}
to
{{{page.content = unicode(request.POST['editorHtml'],'UTF-8');}}}

この説明でわかった人は、後はそのまま作業を続けてください。

この文章だけだと、どうやらpage.contentを書き換える必要がありそうです。

そもそも、このpage.contentの一文はどこにあるのかはここでは説明されていません。

なぜなら、appエンジンのエラー画面にUnicodeDecodeError at /admin/edit/3/と銘打って大々的に出てくるため、そんなのいちいち聞くなよということなのです。

実際に、エラーページを見てみると、/views/admin.py in edit_pageがおかしいじゃないの?といっています。/

views/admin.pyを見てみると確かにこの一文がありました。よく見比べると、確かに違います。Unicodeの記述がありません。

page.content = request.POST['editorHtml']

page.content = unicode(request.POST['editorHtml'],'UTF-8');

220行目あたりにありますので、上記のように設定を変更してあげれば難なく日本語も利用可能になります。ただし、日本語入力は可能になりましたが、メニューは全部英語なので、これも日本語ローカライズしてください。

ちなみに、それを全部を行うと以下のようなページになります。

http://marukoshiki02.appspot.com/

そうそう、Googleアカウントがないと利用できませんので、ご注意ください。

MacBookのすばらしさ

  • Posted by: マルコ式
  • 2009年1月 4日 21:47

休み中、ずっとMacでいろいろと作業していたので、ずいぶんとこっちになれてしまい、Windowsで仕事するのが少し億劫になりつつあります。

あらためて、Macの使い勝手の良さに気づいた正月でした。

ブログはいつもWindows Live Writer を使っていたんですけど、Macでも使えるブログツールがあるとネタフルにあったので、早速使用。その名は、ecto

日本語にも対応していますが、1800円ぐらいのシェアウェアです。お試しで20日間ぐらい使えますが、2日目にて購入。

スクリーンショットはこちらから

実際に使ってみた感想は、なかなか。

コレなら、別にWindowsじゃなくてもいいじゃん。。。

ダブるブートもやめようかなぁ。。。

毎朝30分が必ず続けられる

「朝30分」を続けなさい!人生勝利へのスピード倍増!朝勉強のススメ を実践するために最高のツールを見つけました。

読書時間を楽しく計測できます。ビジネスマンにも意外に人気デジタルなしおりmark-my-time

読書時間をはかるためのデジタルな「しおり」で、ブック・エクスポ・アメリカで2004年の「Best New Product」賞を獲得しました。アメリカでは子どもたちが毎日の時間を計る目的でとてもよく売れています。

mark-my-timeのモードは3通り。「カウントダウン」モードでは、最初に指定した時間をタイマーとしてカウントダウンしていきます。「0」になるとアラームがなります。「30分間本を読もう」などという場合に使います。

「カウントアップ」モードは積算計。「今月本を読んだ時間の合計はどれくらい?」などというはかり方ができます。
どちらのモードでもSTOPボタンを押すとカウントを一時中断することができます。つまり「ロスタイム」をとることができるのです。そして、最後のモードは「デジタル時計」。ちいさな時計としても使えるのです。

「カウントアップ」モードと「カウントダウン」モードは独立して動きます。つまり、カウントアップで積算時間を計りながら、タイマーを使えるのです。

値段も、1,260 円とかなりお買い得。

TemplateMonster Japan 5% OFF

クリスマスなので、特別に5%OFFクーポンを発行します。

クーポンコード:52d31e7a19

購入時に上記クーポンコードを入力してください。

本日~2008年12月31日まで

ホームページテンプレートならテンプレートモンスタージャパン

MindMeister

マルコ式マインドマップを作ってみました。

マルコ式ネット白書

使ったソフトは、無料で使える「Online Mind Mapping - MindMeister」です。

マインドマップって、いまさら!?という感じもするんですが、先々週、フィンランドメソッドというセミナーを受講し、マインドマップの素晴らしさを改めて実感したのです。

それまでは、「あぁ、便利な思考ツールだなぁ」ぐらいにしか思っていませんでしたが、こうして使ってみると、やっぱり面白いですね。

アイディアを整理したり、息詰まったりした時に使うとその効果を実感できると思います。

マインドマップの書き方とかという指南書も出ていますが、別に書き方とかにこだわる必要がないのがマインドマップなので、自分の思ったとおり書いてみるといいです。
(HowTo本って何でも売れますからね)

ちょっと遅いですが…。

Nikon D60

ついに買ってしまいました。

デジタル一眼レフなどは、自分に不必要なものとばかり思っていたわけですが、最近お手軽になってきたため、自分にも手が出せるかなぁ?と魔が差したのです。

実際は、ボディーだけ購入したので、5万ぐらいでした。(レンズは会社の人から安く譲っていただきました。)

せっかく買ったわけですから使わずにはいられないわけで。いろいろとお盆休みを利用して撮りまくった次第です。

その中で、結構よくとれた写真をPicasaにUPしてみました。

water lily 08/08/16

ハスの花が咲き誇っている場所があるという情報を入手し、すぐさま現地へ直行。

バシバシ撮ったのですが、どうも同じようなカットが多くなってしまいました。

まだ、見習中なので、そこはご愛敬。

マルコ式研究所発足

スクリーン01

Wordpressを使った見たかっただけなんですすけれど、結構使い勝手がよかったので、新しくまたブログを立ち上げてしまいました。

マルコ式ネット白書は、だいぶスタンスも固まってきてたんですけど、カテゴリをこれ以上増やすともう意味がわからないかと思って、別にしました。

もともと、Flashというカテゴリで記事をもっと増やすつもりだったんですが、Flashだけじゃなくてかなり使えるフローソフトから、面白いジェネレータとかCMSとか無料で使えるものは結構あるんです。

それをまとめておくと、後々便利かと思って立ち上げたブログが、「マルコ式研究室」。

内容はほぼ、技術的な備忘録です。

お金になるアイディアもあるかもしれませんが、お金にならない物のほうが多いと思います(笑

ちなみに、WordpressのほうがMT4よりも動作は軽いですが、これまでの2.xは致命的なぜい弱性があったため利用は控えていました。その問題がようやく解消され得たようなので、使ってみています。それに、オープンソースですし、テンプレートもかっこいいものが多いんで。

CDでDIY

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年7月26日 12:44
  • その他

熱い季節、一番気になるのは、何といってもパソコンの熱。

そんな季節にとっておきのDIYを発見しました。

ちょっと手軽にCDで扇風機などいかがでしょうか?


USB Cooler - video powered by Metacafe

作り方はいたって簡単なので、興味のある人は一度TRYしてみてください。

近未来の自動ドア

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年7月26日 12:38
  • その他

ちょっと変わった自動ドアを見つけました。

人の形に合わせてドアが開くというシロモノ。

まずは、御覧ください。


What a Crazy Door - Funny blooper videos are here

近い将来、こんな自動ドアがいたるところに設置されるかもしれません。

ゆらゆら天国

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年7月21日 02:42
  • その他

ブラジル人のArlindo Machadoによるソフトウェア「Chronotopic Anamorphosis」のテストです。


Chronotopic Anamorphosis from Marginalia Project on Vimeo.

 

何でしょうね。このユラユラ感は。。。Flashでできないかなぁ。。。

おしゃれな軍手

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年7月21日 01:34
  • その他

軍手というと、白くて手首のところに黄色いラインが入っているものが一般的です。

滑り止めのようなものが付いているものもありますが。

そんな既成概念を一新する様な軍手が発売されています。

その名も「新日本軍手

なんか名前が野暮ったいですが、ちょっとイイです。

080720shinnihongunte

何でしょうね。このおしゃれ感。数も豊富で、現在23種類あります。

もちろん、パッケージにもこだわりを見せています。

今年の冬は、軍手をした人が街中を歩いているかもしれませんね。

 

ちなみに、お求めは、楽天にて。

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】GEAR
機能や低価格を前提にデザインされ、「作業手袋の世界から飛び出し、ファッションや生活の一部で活躍できるように」とデザイナーの思いがこめられています。もちろんプリント部分はスベリ止め効果を持ち、プリント部分を手の甲にすることもできます。
1,000円

白かった物が黒くなって大ヒット!【新日本軍手】 TRIVAL
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】CHAIN
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】KIMONO
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

人と違うものがイイ!!【新日本軍手】KARAKUSA
機能や低価格を前提にデザインされ、「作業手袋の世界から飛び出し、ファッションや生活の一部で活躍できるように」とデザイナーの思いがこめられています。もちろんプリント部分はスベリ止め効果を持ち、プリント部分を手の甲にすることもできます。
1,000円

人と違うものがイイ!!【新日本軍手】KAMON
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

人と違うものがイイ!!【新日本軍手】KOI
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です
1,000円

人と違うものがイイ!!【新日本軍手】KOMON
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】ICHIMATSU
機能や低価格を前提にデザインされ、「作業手袋の世界から飛び出し、ファッションや生活の一部で活躍できるように」とデザイナーの思いがこめられています。もちろんプリント部分はスベリ止め効果を持ち、プリント部分を手の甲にすることもできます。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】MONOGRAM
機能や低価格を前提にデザインされ、「作業手袋の世界から飛び出し、ファッションや生活の一部で活躍できるように」とデザイナーの思いがこめられています。もちろんプリント部分はスベリ止め効果を持ち、プリント部分を手の甲にすることもできます。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】HOKUSAI
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】PICTOGRAM
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

嫌な作業もやる気がでる!【新日本軍手】CELL DIVISION
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

嫌な作業もやる気がでる!【新日本軍手】ZEBRA
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

嫌な作業もやる気がでる!【新日本軍手】KAMAWANU
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

嫌な作業もやる気がでる!【新日本軍手】SAFE SEX
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】KANJI
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】HIRAGANA
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】TOKYO
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!【新日本軍手】1000CT
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】SURRENDER
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】MEASURE
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

とにかく目立ちたいっ!【新日本軍手】PEACE
今まで白いと思ってたものが黒くなって大ヒット!!デザイン雑誌・テレビ番組・有名ショップで大人気!作業手袋の世界から飛び出した、新しい軍手。黒色も珍しく、とってもオシャレな軍手です♪好奇心旺盛な学生さんの間でも密かなブーム!?人と違うものがイイ!!とにかく目立ちたいっ!そんなオリジナリティーにあふれた遊び心いっぱいの軍手です。
1,000円

 

がんばって、全商品載せてみました(笑

USBでポップコーン

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年7月16日 09:20
  • その他

USBでポップコーンが作れるらしいです。


USB Popcorn Maker - Watch the best video clips here

いや~すごいっすね。

あんまり意味ないけど。

動く絵


MUTO a wall-painted animation by BLU from blu on Vimeo

とにかくすごいです。約7分30秒ものアニメーションを作るのにいったいどれくらいの時間を費やしたのでしょうか?

必見!

イタリア人のアーティストBLUのアニメーション作品「MUTO」。
ブエノスアイレスのとある場所で、壁や道路に1コマ1コマ絵を描いて撮影したアニメーションです。グラフィティが生きものみたいにどんどん進化、展開していきます。
とにかくビデオを見てみてください。あっけにとられること請け合いです。

[Blu via Walyou]

Mark Wilson(MAKI/いちる)


iPhoneは売れるのか?

もう発売まで1か月を切ったiPhoneですが、実際売れるかどうかは、賛否両論です。

売れるという人もいれば、売れないという人もいます。

実際は、蓋を開けてみないとわかりませんが、私は、爆発的には売れないような気がします。

それは、インフラの問題があるからです。

インターネットが爆発的に普及した背景には、定額で低額なサービスの提供が行われるようになったことが大きいです。そして、それを先んじて行ったソフトバンクは、まさに日本のインターネット業界を変えたといっても過言ではないでしょう。

しかし、携帯業界では、定額にはなりましたが、それでもまだまだ高いと思うのです。

定額制とはいえ、MAX月額5,000円以上かかってくるのです。しかも、これは、パケットだけですから、これに通話料と、基本料金が加わると月額10,000円は超えるわけです。

ADSLであれば、月額3,000円程度で接続できると考えるならば、やはり高すぎます。

FTTHですらプロバイダ接続料を入れても10,000円はいきません。

また、この手のアイテムは、携帯性を高めるために操作性を殺してしまうところがあります。タッチパッドという発想は確かにすばらしいのですが、それでも操作性は低いと思うのです。人によっては指の太さも違いますし、長さも違います。うまくタッチできない人はいるはずです。

とは言うものの、オピニオンリーダーに受け入れられれば、売れるのでしょうが。

私の場合、あまり利用価値を見いだせないので、買わないでしょう。

オブジェクト思考?

オブジェクト指向といえば、何か難しい話なのでは…?と思わず距離を置きたくなってしまいますが、それほど考え込むようなことでもないのです。

あまり興味のない人にとって見れば、こんな話は何にも役に立たないかもしれませんが、一つの考え方として覚えておくことにこしたことはありません。意外とプログラミング以外の仕事で役に立つ場面があるかもしれません。

もう5年以上も前の話になりますが、プログラミングをかじっていたとき、このオブジェクト指向というものに出会いました。初めて、「オブジェクト指向」という名称を聞いた時、新しいプログラミング言語のことだと思ったのも今では懐かしいです。(あながち間違いではありませんが)

そもそも、オブジェクト指向なんなのか?ということですが、これは、システム開発を楽にするための技術です。もっと具体的に言うと、昔、書いたプログラムを再利用できるのです。

まったく同じ要件であれば、システムそのまま再利用してしまえばいいのですが、クライアントによって要件は千差万別で、すべての要件を満たした上で、まったく同じシステムをほしがる会社はありません。同じ業種だとしてもその会社ごとにやり方や考え方が異なります。経営理念が同じ会社だとしても、そこにいる人たちの指向性が違えば、おのずと要件も変わってくるのですから。

オブジェクト指向についての詳しい説明は、「オブジェクト指向」でググってもらえばいくらでも出てくるので、ここでは省きます。

今回、タイトルにわざわざ「オブジェクト思考」と銘打ったのは、この考え方が、一般の業務でもかなり役に立つ考え方だからです。

オブジェクト指向で開発を進めるときにまずはじめにやることは、業務分析です。今行っている業務を基本的な動作にまで落とし込んで、考えていきます。

たとえば、おいしいご飯を炊ける炊飯ジャーの制御システムを作るとします。

おいしいご飯の炊き方は、「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いてもふた取るな」という原則が存在しており、その原則に従って考えてみると、

  1. 弱火で加熱する(はじめチョロチョロ)
  2. 強火で加熱する(中パッパ)
  3. 蒸らす(赤子泣いてもふた取るな)

といった一連の動作が見えてきます。電子炊飯器などといった便利なものがなかった時代、みんなカマドでご飯を炊いていたんです。

今の電子炊飯器には、この原則が組み込まれているわけですが、これも「ご飯をおいしくたく」という一連の動作を分析した結果、プログラムが書けるようになるわけです。

ここからもわかるように、業務分析のポイントは、全体を把握してから部分を切り出していくところにあります。プロセスだけを把握するわけです。

プログラムの分野だけに限らず、この手法は、さまざまなところで応用が利ききます。

たとえば、おいしい料理とまずい料理の違いを見るときや、儲かる会社と儲からない会社の違いを見るとき、成功する人と失敗する人の違いや、モテるひととモテない人の違いなどなど…人が行ういかなることも、プロセスを見ていくと、たいていのことは分かってしまうものです。

結果が芳しくない時、必ずプロセスのどこかに問題が潜んでいることは明らかですが、それをうまく把握するためには、こうした分析手法はとても役に立ちます。逆に、良好な結果のプロセスを分析し、クラス化しておけば、似たような結果が求められるケースの場合にそのクラスをそのまま再利用できるわけです。

たとえば、先ほどの電子炊飯器の例を使って、今度は、パンを焼いてみます。

  1. パン生地を炊飯器に入れる
  2. 常温で1次発酵させる
  3. 温めて2次発酵(“蒸らす”を再利用)
  4. 取り出しガスを抜く
  5. パン生地を炊飯器に入れ焼く(“強火で加熱する”を再利用)

だいたいこんな感じでしょうか、さっきご飯を炊くときに使った部分が2つも再利用できました。

ちなみに、電子炊飯器でパンを焼く方法については、以前テレビでも紹介していましたので、本気でパンを焼きたい人はググってください。

同じように、ケーキも焼けますし、カステラだって作れます。結果は違いますが、プロセスは部分的に再利用可能なところがいくつもあります。

こういう思考法を持っていると、答えを導くまでのスピードが全然違います。特に、求められる答えが人によって違うようなケース(コンサルティングなど)の場合は、恐ろしく力を発揮します。

システム開発だけに使っているのはもったいないぐらいすばらしい概念なので、これこそ、ほかの分野で再利用すべきだということです。

罕见的艺术

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年4月 4日 00:01
  • その他

  中国のサイトで見つけたすっごい写真。

日本人より器用ですよね実際。

1e7c756fe38f49056643f40bb15a0f0b

092eaf3ffd14eb8c467b2f9715d351b8

7660a26bc6f01935f132975cfe87230b

919838f5bdbd16ea5833642e253bda2d

続きが見たい人はこちら↓

http://web.wenxuecity.com/BBSView.php?SubID=wmtt&MsgID=13679

※タイトルは中国語をコピペしているのでブラウザによっては文字化けします。

サメよりも怖い魚

  • Posted by: マルコ式
  • 2008年3月 9日 09:29
  • その他

サメというと、映画「ジョーズ」になどでもおなじみのかなり怖い魚として有名です。

そんなのはむしろ常識。

しかし、実はもっと身近にサメよりも怖い魚が存在しました。

それは、

ダツ

8fa55784

サヨリ、サンマ、トビウオなどと同じダツ目に属し、水面に近いところに群れをなして生息しています。

沿岸漁業などでもよくとられる魚で、脂肪の少ない白身で、刺身、から揚げ、塩焼きにして食べられます。

割と一般的な魚なのですが、特に沖縄の漁師の間ではサメよりも恐れられている魚なのです。

 

この、ダツという魚は、小さい魚を捕食していますが、うろこに反射した光に反応して突進して仕留めるのです。

実は、この習性がかなりおそろしく、暗夜にダツが生息する海域をライトで照らすと、ダツが突進してくることがあり、しかも人体に刺さって死傷する事故も多いのです。

一度刺さってしまうと、回転して傷口を広げてしまうばかりか、むやみに抜くと今度は出血多量に陥ることもありますので、抜かずに慎重に病院に行かなければなりません。

10009688241_s

 

Google画像検索で「ダツ」

 

おもに熱帯・温帯域に生息し、全世界で10属・32種が確認されており、そのうち日本では4属・8種が生息しています。

海釣りに行く時は、しっかり漁師さんの話を聞かなければなりませんね。

 

参考文献:

知らなきゃ恐い生物(いきもの)常識—突然、牙をむかれたら… (広済堂ブックス)

全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

またまた、面白ジェネレーターを発見しました。

全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』は自動生成の百科事典っぽいものです。基本方針に賛同していただけるなら、誰でも記事を閲覧したり新しく生成したりできます。現在、全自動百科事典日本語版(注1)には無限の本数の記事があります(注1:英語版はありません)。

一般人と有名人、物品などを調べる(?)ことができます。

ちなみに、丸子式ネット白書はこちらから確認してください。

物品で検索してみました。

次に、有名人でマルコ式を検索してみました。

意味が分からない部分もありますが、なかなか完成度は高いですね。

logo_auto_pedia_130

マネジメントについて考える

2つのDVDをみました。ひとつは、「社長渡邉美樹」

もう一つは、プロフェッショナル 仕事の流儀 リゾート再生請負人 星野佳路の仕事 "信じる力"が人を動かすをみました。

 

まずは、星野社長。

数々の、経営が行き詰った旅館やホテルの再建に携わった実績を持つまさにプロフェッショナルです。

所沢のホテルの御曹子として生まれ、そのまま経営を引き継いだところまでは良かったのですが、トップダウンの経営でどんどん社員が辞めていくという現実に直面し、方向を転換。

社員に仕事を任せるというやり方に変えていき、どん底からようやく抜け出したといいます。

給与は増やせない、休みは増やせない、人は辞めていく、しかも人が入ってこない。挙句は「星野に行くと殺される」ということまで言われる始末。

社員を怒れないという性格も拍車をかけたようです。

こういう中小企業の社長はかなり日本に多くいるのではないでしょうか?特に2代目に見られる傾向のような気がします。

星野流マネジメントのポイント

  • 自発的に社員に考えさせる
  • 再建の主人公は社員
  • 社員に任せる

再建の際に、そこに残った「社員は財産だ」と語る星野社長の姿勢は、社員のモチベーションにも影響するばかりでなく、高い生産性をも生む原動力になるのだと思います。

星野社長の口癖は、「どうですか?」「どうしますか?」

常に答えを社員問いかけます。

再建に携わるときに、コンセプトを考えるといいます。その手法は、現状を分析しその結果をもとに、社員全員でコンセプトを考えていくというものです。

「コンセプトには答えはなく、もっとも共感できるものがコンセプトとして選ばれる」と言います。

コンセプトとは、洗練された一言です。

その一言に社員が共感でき、そしてそこに向かっていく様はまさに経営理念といえます。

ポイントは、明確で単純であること。

複雑なことを複数話すと、結局何もできません。人が心にとめておけるものは1つだけだといいます。一つのことだけに集中すれば、そこに力も集中し、今まで以上に成果も上がるのではないでしょうか?

そんなことを、星野社長からは学びました。

 

次に、渡辺社長です。

星野社長とは対照的だと私は思いました。星野社長は御曹子としてのスタートでしたが、渡辺社長は自分で会社を興したいわゆる起業経営者です。

起業経営者の特徴は、とてつもなく力を持っているということです。

それは、人間として力です。ちぢめて人間力とよくいわれます。

会社を興す人は、一般の人と比べてもかなり強いエネルギーを持っています。逆に一般の人よりもエネルギーを持っている人はたいていが起業します。

これは、すべての人に備わっているわけではなく、自分の生活環境やそれまでの人生、大きな挫折や失敗が原動力になっていることは間違いありません。

WATAMIと言えば、誰もが知っている居酒屋チェーンのリレーショナルカンパニーですが、それ以外にも学校や老人ホーム、果てはカンボジアに孤児院を作るというところまでの事業をしています。

たぶん、世界中のだれもが渡辺社長が好きだと私は確信します。もし、嫌いな人がいれば、それはその人自身に何らかの問題があるのではないでしょうか。

あれだけの会社を一代で立ち上げそして、慈善事業にも積極的に貢献している人は、まさに人格者です。誰もが簡単にまねできるものではありません。

私が、就職氷河期と言われる時代に人材の仕事をしていましたが、そんな中にあっても学生からは絶大な支持を受けていました。

特に優秀と思われる学生からです。

ほぼ、それは社長の人柄とカリスマ性によるものだと思います。東証一部の会社の社長がベストセラーをポンポン出版できるなどというのは、スーパーマンだとしか言いようがありません。

DVDの中でも自分の老人ホームを訪れたときに、おばあちゃんから泣きながら抱きつかれるシーンなどもありましたが、その姿は、もはや神や仏をあがめるそれと同じでした。

「生きているうちにお会いできてよかった。」

という人もいました。

我々などより人生経験豊富で、人をみることに長けているお年寄りだけに、渡辺社長の人格というものがいかにすばらしいかを表現するには十分すぎる映像だったと思います。

そんな渡辺社長のマネジメントは、トップダウンです。幹部に対してかなり厳しく接し、社員には笑顔で接する。大きな夢は人をひきつけ、夢を共有できた時、恐ろしく大きな力を生み出します。

渡辺社長の「夢に日付を入れる」とはまさに、成功そのものだと思います。

社長が大きな夢を語るとき、周りの人には「ほんとにできるんだろうか?」と半信半疑な人もいると思います。しかし、ことごとく達成していくことによって、社員は成功体験を得て、より大きな成功を目指すようになると思います。

DVDでは語られていませんが、マネジメントのポイントは、社員に対しての成功体験なのだと思います。

ただ、あれだけの会社で、しかも1代目のカリスマ性がもはや神の域だと、2代目の人はかなりプレッシャーじゃないだろうか?と思います。

以前、ユニクロの柳井社長が社長職をほかの人に任せたことがありましたが、結局今はまた自分でしてしまっています。

あの人も渡辺社長と同じエネルギーの持ち主ですが、それ以降に続く後継者に対して一度失敗していると思います。

大きな会社ほど、その存在だけで社会に対して大きな影響力と責任がありますが、その責任を全うするには永続させることが不可欠です。創業者の想いをしっかりと受け継ぎ、次の世代へと引き継ぐことも大切だということです。

 

どちらの経営者も全く同じことを一つだけ言っていました。

それは、「お客様のため」ということです。

これは、商売の原理原則であることはもちろんのこと、そこをしっかりと伝えていくことがマネジメントにおいても重要なファクターになりうるのではないかと考えます。

USBメモリつき3色ボールペン

pen-m.jpg 果たして、使い勝手はいかほどのものか?

USBメモリ付き三色ボールペン


価格も手ごろな3,200円。しかもメモリ容量は1GB。
かなりお買い得な気がしますが、それにしても、USBメモリもここまで来たか・・・という気持ちでいっぱいです。

つい4,5年前までは256MBでも多いと思っていたわけですが、今や1GBなどは当たり前。ハードカバーの本と同じぐらいの値段で販売しているわけですから。

しかも、セキュリティーソフトも付いているので、安心です。

...でも、それを使う人のモラルが結局は左右するんでしょうけれど。

最近、データ管理が厳しいところでは記憶メディアを一切持ち込ませないといいますが。こんなの出したら、意味無いんじゃないでしょうか。
もはや007の世界観です。スパイも楽な時代になりました。

脳内メーカーの本が出ます。

脳内メーカーの本が出るらしです。


脳内メーカーは去年もこのブログで紹介していますが、以前にもまして様々な機能が増え、動作も軽くなっています。

最近出たばかりの最新作「ウォンテッドメーカーwontedmaker.gifをマルコ式ネット白書でやってみました。

マルコ式ネット白書の指名手配書

金額的にはなかなかいい感じです。しかし、罪状は葬式爆笑違反・・・。

確かに、それはひんしゅく買いますけど。
7億もかけるほどのことじゃないんでは???

そこが、このジェネレーターの面白いところですけれど。

ついでに、ほかのジェネレーターも扱ってみました。


マルコ式ネット白書鍋

f2.gif
















マルコ式ネット白書弁当

f3.gif


情報の栄養価

飽食の時代と呼ばれる昨今、肥満は以前より深刻さを増しているのは周知の事実です。
そうした背景もあり、健康食やダイエットについての情報は以前より重要視されるようになっています。

それと同じ状況が、情報の分野に置いてもおこっています。

それは、私を含め個人的に情報発信が容易になっている事に起因するのですが。


情報の取得が容易になった時代だからこそ、情報の質を重視すべきなのではないだろうかと感じます。
普段、私たちが触れる情報はとても多く存在し、多分一生かかっても処理しきれないでしょう。

活版印刷が生まれた時代から本という情報リソースは誰にでも容易に取得できるようになりました。また、それ以外のチラシやポスター、新聞や雑誌などの紙媒体は、より手軽に情報を得る手段としてもっと多くの人に利用されるようになっています。
そして、ラジオによってよりスピーディーに情報の伝達は可能となり、テレビに出現によって、その場の臨場感をより具体的に伝える事ができるようになったのです。 さらには、インターネットの出現で、それまでの情報量を遥かに超える情報の取得が可能になりました。
 2000年以降急速に拡大をし続けるインターネット上には、現在1億以上のサイトが存在していると言われています。多分、その数は10年後には10倍100年後には100倍になっているのではないでしょか。

そうした状況の中、私は、ある事に気がつきました。

自分にとって栄養価の高い情報とそうではない情報の2つがあることです。それは、時と場合によって異なりますが、必ず存在していて無意識のうちに取捨選択を行っているという事です。

1日24時間という制限された時間の中に置いて、膨大な情報を処理するには正直、時間が足りないような気もしますが、無意識のうちに自分の志向性や生活環境の中で、うまく情報を処理しているのです。

人間は唯一忘れる事ができる生き物だと言いますが、自分の志向性のあわないもの、仕事や普段の生活においてあまり必要としないものは情報を得たとしても忘れてしまい、自分にあった情報を得る事を可能にしています。

しかし、そうした過程を経る事で気づく事もあります。まさに、情報の栄養価というのはこの「気づき」だと言う事に気がついたのですが、様々な情報に触れる中で、自分に気づきをもたらしてくれるものは、質の高い情報なのではないでしょうか。

それは、一冊の本かもしれませんし、映画かもしれません。もしくは人から聞いた話という事も考えられますが、その情報を得る事によって、何か一つでも気づく事ができるのであれば、それはいずれ知恵として役に立ってきます。

今現段階で、どんな情報が自分にとって栄養価の高い情報なのかは定義できませんが、一つだけ言える事は、好き嫌いせずにいろんな情報を吸収する事が、より良い気づきを得られるということです。(これは私の経験論です)

体が健全である事は大変重要な事ですが、考え方や志向性が健全である事も、同じくらいに重要だと思います。

まずは、様々な情報を受けられる体制、言い換えるならば「素直」である事が何よりも大切なのかもしれません。

就職率が回復

本日つけの日経新聞朝刊で大卒の内定者率が9年ぶりに8割に回復したという記事が掲載されていました。

2003年の73.5%が底でそこから徐々に回復してきているらしいです。「これまで雇用の改善が遅れていた女子や地方の採用で、 状況の改善が目立つ」とされています。

また、高卒者の内定率も8割弱にまで回復し5年連続で改善しているということでした。

ちょうど今から5年前、私は就職活動をしていました。最も採用の厳しい時代。どんな会社からも相手にされず、 生きていくことに自信を無くしてしまう時代。

そういえば、そのころからですね。インターンシップというものは流行りだしたのは。。。

たぶんそんな時代に就職した人の多くは、ほとんどすべてといっていいほど転職していると思います。 就職できないことが当たり前とされていたわけですから、何としても就職することが目的となってしまっていたからです。

自分自身の好きとは全く別のところで就職せざるを得ない。。。結局、3,5年で転職してしまうことにつながります。

採用もしにくいし、就職活動もしにくい。そんな時代でした。

でも、今は昔に戻ってきているのではないでしょうか? もうすでに人材業界から足を洗ったので今はどうなっているのかまったくわかりませんが・・・。

MacBook Air

MacWorldで発表した超薄型ノート(参照記事)PC「MacBook Air」を日本でも発売開始しています。
13.3インチ液晶を搭載しており、重さは約1.36kg。厚みは0.4~1.94cmと薄いのが特徴です。1.36kgというと、パナソニックのLet's Noteと同じくらいですが、薄い。

持ち歩くにはとっても便利だと思います。

また、今回から採用になったSSD(Solid State Drive)は、磁気ディスクの代わりに半導体メモリにデータを記録するストレージ装置のことです。一般にHDDと同等のインタフェースを持ち,OSからはHDDとして認識できます。
このSSDのメリットは、三つあるといわれています。

  1. ヘッドやモータといった可動部がないため,耐衝撃性に優れること。
  2. ヘッドを移動させるためのシーク時間や,ディスクの回転数を高めるスピンアップ時間をゼロにできること。
  3. HDDよりデータ転送速度を高められることである。
1月12日の「超軽量ノートPC」そのままのモデルが出てきました。

ただ、やはり価格が20万を超えるのです。それでもCPUのスペックは2GBないのですから、ちょっと微妙な気もします。
Core2 Duoであれば、さほど変わりはないのでしょうが・・・。

また、今回もうひとつ変わったと思ったのは、メモリが2GBで固定されているということです。しかもグラフィックと併用。
これまた、ちょっと微妙な感じを覚えます。

確かに、薄さと軽さは兼ねそろえているかもしれませんが、その分スペックを多少削らなければならなかったのでしょう。しかもまだまだSSDは容量当たりの単価が高いこともあり、それが金額とスペックにもろに影響しているのではないかとも思います。

しかし、MacBook Airが発売されたことによって、これからSSDの需要は高まっていくのではないでしょうか?
需要が高まれば、供給も合わせるように高まってくるため、いずれ価格は下がります。
今、それまで待ったほうがいいような気がします。


 自動更新バナー

情報リソースの信頼性と影響力の関係についての考察

もうすでにこのタイトルを見ておなかいっぱいになってしまった方もいるかもしれませんが、興味をみった方だけ読み進めてください。

これを読まなかったから損するということは決してありません。知らなくても誰もが幸せに暮らせます。

前口上はこれぐらいにしておいて、本題に入ります。

すでにタイトルが物語っている通り、「情報リソースの信頼性と影響力の関係について」考えてみたわけです。 何もそんなことを考える必要もなかったのですが、お客さん先で話をしているときにピン閃いたのです。

似たような話はすでに誰かしているかもしれませんし、知っている人もいるかもしれませんが、 私なりに考えてみたことをまとめてみました。

その前に、「噂」についてお話しいたします。大学で情報社会学という講義の中でそんな話が出ていたことをぼんやりと覚えていますが、 「噂」というのは、どうやって伝わるのかは誰でも知っていると思います。

隣の奥さんや、クラスメイト、同僚などから伝わってくるものがいわゆる「噂」です。 伝達経路は多いようで実はそれほど多くはありません。自分が生活している中で、 かかわりをもつ人からしか伝わらないようになっているのが「噂」なのです。

ちなみに…

(うわさ) とは、その内容が事実であるかどうかを問わず、世間で言い交わされている話の事。類義語として飛語(蜚語)・ゴシップ・デマ・ 流言などがある。
(Wikipediaより)

噂の定義には大きく分けて4つあるようですが、その中で流言というものが一般的な噂と考えられます。ちなみに…

流言 (りゅうげん)とは、正確な知識や情報を得られず、明確な根拠も無いままに広まる噂のこと。風説、流説ともいう。 ある一部での話が連鎖的に広まり、それがやがて全体に広がっていく形態を取る。日本での流言の古い歴史は1600年ごろまでさかのぼる。 (Wikipediaより)

根拠はないが、連鎖的に広まるわけなので、そこには何らかのメカニズムが存在すると考えられます。

自分が生活している中で、かかわりをもつ人からしか伝わらないようになっている」 と前述したのは、そこにこそ情報伝達のポイントが潜んでいるのではないかと考えてのことです。

いきなり話は変わりますが、あなたの尊敬する人をイメージしてみて下さい。

いない場合、よく見る雑誌やWEBサイトなどでも結構です。

そこからの情報というものは割と信用していしまうのではないでしょうか?

たとえば私は、毎朝、日経新聞を読んでいますが、そこからの情報は信用していますし、多くの経営者も同じだと思います。

別にそこから得られる情報がすべて正しく、それ以外が間違っていると言っているわけでも、 日経新聞以外は信用しないというわけでもありません。

では、あなたの親が「志村けん死んだらしいよ」と言ったとするとあなたは信用しますか?仲のいい友達だったらどうでしょう?

実際、そうした形で「志村けん死亡説」 という噂は流れました。

よく知っている人からの話だと、人は簡単に信用してしまいます。それは、その情報リソースに何の根拠がなくてもです。

人間としてコミュニケーションがとれるようになった時から、情報伝達方法の基本は会話によるものです。 会話は人と人とがその場に居合わせればできる究極の情報伝達手段です。また、最も伝わりやすい手段でもあります。

私は、営業という仕事をしているため、さまざまな情報ツールを駆使してお客さんとコミュニケーションを図っていますが、 一番喜んでくれる伝達手法はやはり対面です。そして、私自身も対面によってのコミュニケーション手法が一番安心できます。もちろん、 信頼関係の構築されているお客さんに限りますが。。。

もし、信頼関係がないお客さんに訪問した場合、軽くあしらわれるか、一切取り合ってくれないはずです。嘘だと思うのであれば、 今すぐ見知らぬ土地で飛び込み営業をしてみるといいでしょう。(100件中1件か2件ぐらいは話を聞いてくれるかもしれませんが)

この話はよく営業研修やトップセールスマンの本やセミナーなどで話されている内容なのですが、結局、 情報の伝達も同じことなのだと思うのです。

信頼性の高いリソースであれば、誰もが信用し影響力も絶大でしょう。しかし、 信頼性の低いリソースは見る人はあまりいないかもしれません。

情報リソースは多様化を極め、取捨選択しなければ処理できない時代に来ています。それは、すべての人たちに当てはまりますし、 特に情報を発信する側にとっては大変な時代になってきています。より多くの人たちに情報を伝達したいのであれば、 より信用してもらうことが今後いっそう重要になってくるのではないでしょうか。

超軽量ノートPC

また、Appleが新しいノートPCを出すようです。
以下はアナリストが考えている新型ノートPC記事です。

「MacBook」シリーズと比べて厚みが半分で、ハードディスクの代わりに「iPod」に使われているようなフラッシュメモリを搭載したノートPCが披露されると予想している。

最近のフラッシュメモリも要領がどんどん大きくなってきており、HDDの代わりとして利用できるようになってきています。既にPSPなどではそうした特徴を生かしてメモリースティックを記憶媒体として利用していますし、そうした超軽量PCも若干あります。

イメージとしては、SONYの「VAIO type U」HDDレスモデルなどが近いような気がします。

実は、2006年ごろから既に30GBオーバーのフラッシュメモリなども出てきているため、HDDの代わりに利用する事が十分可能になってきています。

フラッシュメモリは、HDDと比べて軽量で、耐久性もあるため今後モバイルPCでは主流になっていくと考えられているメディアです。携帯電話では既に記憶メディアを内蔵ではなくフラッシュメモリにし、以前より軽量でデータ保存要領は増しています。

現在もこうした形でかなり需要がありますが、今後ますますこの分野は伸びていくと考えられますし、Appleでもそうした形でフラッシュメモリを採用していくのでは?という話も出てくるのでしょう。


間近に迫ったMacworld、目玉は超軽量ノートPCと映画のオンラインレンタル?

検索力

先日、母親に靴屋から在庫確認の電話が来ました。

結局、母親がほしがっていた靴はなかったのですが、特徴を聞いてネットで調べてみることにしました。

まずは、Googleで商品名を入力。。。かなり特殊な商品名でGoogleでは一切引っかかりません。。。 テキスト検索では無理のようでした。

すでにその時点で、やめておけばよいものを、意地になって今度は、形の似た商品を探すため楽天市場で写真を見ながら探していきました。

いわゆるイメージ検索です。

まずは、色を絞り、徐々に形を絞り込んでいきました。。。。

すると、全く同じではないですが、ほぼ近い商品はありました。母親は、靴屋に置いていた商品よりもよさそうだと言っていましたが。

ちなみに、母親といってもおばさんを通り越して、そろそろおばあちゃんの域に足を踏み込んでいる年齢ですから、 若い子がはくような靴ではありません。かなり地味です。しかし、まだおしゃれをしたいのでしょう。。。形にはかなりこだわりを持っています。 しかも、性格のせいではあるのでしょうが、妥協を許しません。

結局、サイズがなくてあきらめてしまったのですが、この一連の作業を考えたとき、母親にはこれはできなかったんだろうと、 改めて思いました。

もし、これでお目当てのものが見つかり購入できたのであれば、それほど幸せなことはありません。

私のブログを見ている人は、たぶん、当たり前のこととして検索エンジンを使い、情報や商品を取得しているとは思いますが、 私の母親のようにそうしたことがうまくできず機会損失をしている人は、まだまだいるはずです。

それまでは必要なかった検索力というものが、今は必要な時代になっているのかもしれません。

クソゲー白書

正月は、面白い番組もなく家でだらだらとゲームをしている人なども多いでしょう。
時間があるときは、少しでも本など読みたいものです。

そこで、今日は、白書つながりで、ちょっと変わった本のご紹介。
その名も「クソゲー白書

クソゲーという言葉を知らない人のために簡単に解説をすると、「クソッタレなゲーム」というやや下品な言葉の略語です。ファミコンがこの世に現れて以降数多くのゲームが様々なゲーム会社により発売されました。
名作と言われるものは、その中でもごく少数。パレートの法則に従えば、全体の20%ぐらい。そこからまたミリオンセラーを記憶するとなるやはりもっと少ないでしょう。

昔、あるゲーム会社の専務から、「正直、ゲーム制作は儲からないよ。」と聞いた事があります。

ゲーム産業全体としてみれば、ヒット商品などはごく少数で、その陰では多くの売れないゲームがあるのです。
まだ、売れないだけならいいのですが、なぜ販売してしまったのか?と。小一時間、制作元に問い合わせたくなるようなゲームも存在する訳です。これが私の考えるクソゲーですが、実際は個人的主観や個人的感情によってその分類は個人差がかなり生じます。(詳しくはWikipediaのクソゲーを参照

そんな訳で、この「クソゲー白書」で取り上げられているゲームに関してもかなり個人的主観と個人的感情に大きく左右されているのは間違いありません。

以下は「クソゲー白書」のRPG部門のランキングです。

RPG部問有効回答数 288票
1位 ロマサガ1 14票
2位 ファイナルファンタジー7 13票
2位 聖剣伝説2 13票
4位 サガ・フロンティア 11票
4位 ビヨンド・ザ・ビヨンド 11票
6位 ドラゴンクエスト6 10票
7位 アーク・ザ・ラッド 8票
8位 摩訶摩訶 7票
9位 天外魔境 第四の黙示録 5票
10位 アーク・ザ・ラッド2 4票

どうも、スクエア(現:スクエアエニックス)の作品が上位を占めているようです。これだけでもかなり偏った見方ではないでしょうか?
そんな訳で、批判もあります。すごいところでは、この結果に対して
統計学的仮説検定 を行っちゃっているサイトがあります。何もそこまで・・・と思ったのですが、暇だったんですよね。

こんな本誰が買うんだ?と思っていたら、Amazonで3件レビューがありました。

その一つを引用します。
アンケートの集計結果に基づく著書ですが、そのアンケートの内容はというと、
「あなたがクソゲーだと思うものをあげ、その理由を書いてください」
それだけです。
なんと完全自由記述。
こういうのは「単純」とは言いません。
一人当たりの票数も決めていないので、400人から回答を得て、有効回答数が1059件。
さらに、それを120の分類に分けています。

これでは、統計的に有意差と認められる信頼に足るデータにはなり得ません。

ゲーム別総合ランキングでは、最多得票でも16票、28位には4票で22個並んでいます。
原因別総合ランキングに至っては「その他」が栄光の第1位です。
一般的に「その他」は、いくらポイントが高くても最後に入れるものだと思うのですが。

しかも、その中には「バグがある」が圧倒的に多いそうなのですが、それならなぜ別に立項しなかったのか不思議です。
また、機種による分類もなされておらず、ファミコン版もアーケード版もPC版も一緒くたです。

更に、オリジナルと移植が区別されていないので、オリジナルが好評でも移植版を元に評価しているケースもあるのですが、それは本文を読まないと分かりません。
ジャンルの分類についても、「アクション」と「格闘アクション」を分けているのに、「恋愛シミュレーション」と「ウォーシミュレーション」を一緒にしているという不徹底ぶりです。

ゲームが製作された時代もバラつきが激しく、時代背景が全く考慮されていません。

強調にやたら拡大フォントを使うのは、ゲーム系Webサイトに多数見られるものですが、それは文章力のなさを誤魔化しているだけであり、プロのライターが商業誌でやるものではありません。


結論。
私はこの本を「出版界のデス様」と呼ばせていただきます。

ちなみに、最後の結論で出てきている「出版界のデス様」とは、デスクリムゾンと呼ばれるキングオブクソゲーにちなんでいます。

クソゲー愛好家の中ではもはや伝説とまで言われるほどのクソゲーです。詳しい説明はWikipediaにゆずりますが、この説明を読むと、ぜひ一度やってみたくなってしまう恐ろしい魅力も兼ねそろえています。

もちろん、この他にもバグだらけでよくこんなの販売したよな。というものが過去かなり出されてきました。

今のゲームはかなり完成されているので、こうしたバグだらけの危ないゲームの方が逆に面白みを感じるかもしれません。特に、ファミコン世代にはバグがむしろ裏技として使えたりするケースもあるため、より懐かしさを感じられるかもしれません。

名言

人は、失敗から学ぶ事を「教訓」と言い、成功から学ぶ事を「成功法則」と呼ぶ。そして、政治・経済で成功する人ほど、ポジティブな名言を残すが、文学・芸術で偉大な作品を残す人ほどネガティブな発言が目立つ。

自己紹介工場

最近、この手のジェネレーターがおおはやりでございます。

そして、私もそのはなりに乗っかり、やってみるわけでございます。

今回ご紹介するのは、株式会社サイバーエージェントの運営する自己紹介工場・能力紹介工場

ちなみに、マルコ式でしらべてみたところ、

マルコ式です。よろしく。

 でした。

いまいち、意味がよくわかりませんが、そういうものだとおおらかな心で見なければなりません。

そして、能力紹介工場での結果は以下です。

385130825.jpg

目ざといとか言われています。

いい体とかって、意味無いんじゃ・・・ブログだし。。。

とまぁ、そんなゆるさを求める人にはとても素晴らしいツールです。

 

意外と、自己紹介というのは難しいもので、何を話していいのか、何を書いたらいいのかわかりません。

しかも、狙いすぎていきなり寒い自己紹介になってしまったという人も、世の中少なくはないでしょう。

そんなとき、むしろ、こうしたゆるいツールのせいにしてしまえば、いきなり寒い空気にはならないはず!

・・・そんなことを熱弁している私がすでに寒いです。

ABA 2007

ブログと言っても、その中身はピンからキリまであります。毎年、良質なブログだけを集めたイベントとして、「アルファーブロッガー・アワード」が開催されています。
もちろん今年も、多数の人気ブログがノミネートされ、イベントも盛り上がっているようです。

これは、ブログが日本で一般的に使われるようになった4年前から行われているイベントで、
「米国では、影響力のある多くの読者に読まれているブロガーを「アルファブロガー」と読んでいるらしい、では、日本にはそういった影響力のあるブロガーってどれぐらいいるのだろうか?」
という疑問から始まった企画です。

日本にはすでに1000万人以上のブログが開設されており、世界全体のブログの中でも日本語で解説されているブログは、複数の国で利用されている英語とトップを争うほどの数があると言われています。 

ただ、そんな大量のブログの中から自分に役立つブログを見つけ出すのは、実は至難の業です。

そんな中、アルファブロガーに選ばれた方々のブログは、複数の人に推薦された評価の高いブログと言えると思います。
皆さんの日々の生活に良い影響を与えてくれたり、ビジネスや日々の情報収集に役立つブログもきっと見つかるはずです。
aba2007

catman series 3

僕がCATMANに出会ったのは、まだ大学生の頃。

catman.jpgFLASHというものが今ほどメジャーではなく、ましてやフラッシュ・アニメーションなどほとんど無かった時代。

猫のキャラクターがスカの軽快なリズム(The Planet Smashers)に合わせて繰り広げられるストーリーは、昔から知っているようで初めてであった新しい感動を僕にくれた。

まさに、COOLという言葉が似合う作品。  

あれから3年以上経ちましたが、2007年6月から、フジテレビサイト内にて、3番目となる新シリーズが公開されている。

これは、つい先ごろ知ったばかり。昔は、Shockwave.comで公開されていたのですが。

しかも、シリーズ第2弾も出ていたとは...

第1弾で完結したものだとばかり思っていました。よっとうれしい予想外です。

このCATMANの魅力は、ストーリーもさることながら、ミニゲームというもう一つの魅力があります。ストーリー中にあったシーンのミニゲームが最後に用意されていて、そのミニゲームをクリアーするとボーナスとしてオリジナル壁紙がGETできるのです。

ウィキペディアには人気シリーズとなったとありましたが、こうしたおまけ的要素も人気を生んだ秘訣なのではないでしょうか。

これは、フラッシュ・アニメーションのさきがけともいうべき作品だと思いますが、こうした作品を若いクリエーターが見て、さらに良い作品が生まれてくるのだと思います。

これからもがんばっていってほしいです。

http://www.fujitv.co.jp/game/catman/

LEGO City

LEGO.comで見つけた町の平和を守ろう!というゲーム。

LEGOブロック関連の情報はもちろん、こうしたFlashゲームも結構あります。

日本でも、LEGO愛好家はいますが、どちらかというと欧米の方での人気は根強いです。

心理学的アプローチ

結論を先にあげると「インターネットは、集団無意識の顕在化」という事が言えるのです。

集団無意識という概念は、分析心理学の理論を創始したカール・グスタフ・ユングが、その理論の中心概念として、人間の無意識の深層に存在する、個人の経験を越えた先天的な構造領域であるとして、ジークムント・フロイト精神分析の理論では説明の付かない深層心理の力動を説明するため、この無意識領域を提唱しました。

もう少しわかりやすく言うと、民族や人類に共通してみられるある種の典型的なイメージで、このブログを見ているひとも、見ていない人も、アマゾンの奥地にいる人もアフリカの人も誰もが心の奥底には同じようなイメージを持っている問い事です。
別の言い方をすると、「我々は既に神を知っている」のです。

しかし、この理論は、意識が科学的に証明されていない以上、一つの仮説にしかすぎないのですが、その仮説を立証する意味でもこうした思考的実験は必要だと思います。

私は、インターネットの普及によって、誰もが無意識レベルで感じていたイメージをよりはっきりとしたイメージにまで持って来れるようになったと考えています。これは、無意識レベルで共感し合える事があって初めて起こる現象なのです。

だれもが、「こんなものがあったらいいのになぁ〜」と思っている事が現実の物になる。それは、思考という段階よりもっと前の思いつきの領域です。むしろ、感性の領域です。どう感じるのか?どう感じたのか?どう思ったのか?

「こんなのあったらいいなぁ〜」をリアルに実行しようとすると莫大な研究開発費が必要になってきますが、バーチャルではそれがより手軽に行えるのです。

今、世界で利用されている便利な物のすべては、潜在的な意識が顕在化した結果です。空を飛びたいと誰もが感じていた結果、飛行機という物が生まれ、もっと早く走りたいと誰もが思った結果、自動車や列車という物が生まれました。それを思わなかったり、そう感じたりしなければ、それらの物は未だに存在しなかったでしょう。

古代文明が存在すると仮定するならば、そこでは、違った形での意識の顕在化が行われていたと思います。(例えば魔法や呪術的なものなど)

ただ、感じたり、思ったりした事が、文明の進歩に大きく関与しているとするならば、インターネットはまさに意識レベルでの補完と考えられるのかもしれません。私がこうして思考実験を繰り返し行う事によって、それを見た誰かが、そこから次の段階へとその思考を昇華させ、また別の人がそうした思考実験を昇華させていく。。。そして最終的には全く新しい概念が生まれるのではないでしょうか。

心の奥底に眠っていたものを無理矢理起こし、そして顕在化する事によって、それに共感する人がそれを昇華させより洗練されたものが出来上がる。

今、インターネット上でデファクトスタンダードを確立しているサイトの多くは、人々が感じていた部分を顕在化した結果なのです。

ただし、それを提供できる人間は限られています。それは、人が想像している物をより深く妄想している人間なのです。想像というのは、ただ思っていたり感じている人のことをいいます。妄想している人間は、既にそのサービスや商品を利用している事を思っている人の事です。

例えば、今では誰もが使っている検索エンジンは、当たり前の話ですが、存在していませんでした。でも、アメリカの大学院生がサイトをもっと調べやすくできるという妄想に取り付かれ、それを実現しました。その他にもパソコンを一家に一台あったらいいと思い込んだ人が、リンゴのマークのパソコンを世に出しましたし、もっと誰でも簡単にパソコンが扱えるという妄想に取り付かれた学生が今では世界一の資産家です。

こうして見ていくと、そこには、一つの共通点があります。それは、思い込みが他の人よりも強かったという事です。しかも、誰もが想像だけにとどめている事を実際に形にしようとするだけの時間と柔軟性は、大人にはありません。そうした事ができるのは、大学生ぐらいなものです。

Movable Type 4.0 へようこそ!

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年8月18日 12:10
  • その他

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0

教えることと教わること。

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年7月20日 00:03
  • その他

7月12日、セミナーを開催しました。

言い訳になってしまうのですが、それの準備や事後処理などで先週末~今週にかけて全く時間が取れない状況が続いてしまいました。

こんな話をすると、ブログが書けなかった言い訳にしか聞こえませんけど。

今回のセミナーでは、原田光治氏をお呼びして、 「インターネット徹底活用戦略セミナー」と題して講演を行っていただきました。

50名限定でしたが、応募総数が56名で、当日参加者が52名という満員の会場で2時間半の内容でしたが、 セミナー終了後のアンケートでは、「大変参考になった」というお声を多数いただきました。

原田氏の経歴は、プロフィールを見ればわかるのでここでは詳しくご説明いたしません。

ここでは、セミナーでの話ではなく、セミナー外で一緒に食事をしたときに聞いた話をさせていただきます。

その中で最も印象に残っている話は、「教えること」と「教わること」についての話です。

教えることが先か、教わることが先か、と考えたとき先に来るのは大抵、教わることです。ですから、 先に教わることについての話をします。教わるというのは、教えてくれている人の話をどういう姿勢で聞くかがすべてです。 あまり一生懸命でない人には、そこそこ教えることはできても、身についているかどうかは、微妙です。

そこで、しっかりは人の話を聞く姿勢のことを、こんな表現で話していました。

「教わることは、誠実を胸に刻むこと」

確かに、誠実に受け止めることが、教わる姿勢にはなくてはなりません。せっかく教えてくださっているのに・・・。この感覚が、 教わる姿勢には必要なのだと思います。

次に、教えることについてですが、私は自分の経験から、教えることの難しさは知っていました。しかし、原田氏は、 そんなに難しいことではないというのです。

それをこんな表現で話していました。

「教えるとは、夢を語ること」

なるほどなぁ~。と思わずこれには感嘆しました。

この二つの言葉はとても参考になります。謙虚な姿勢でなければ、教わることはできないでしょうし、語るだけの夢がない場合は、 まだ教えることは無理なのかもしれません。

この話を誠実に胸に刻み、いつの日か夢と一緒に語れる日が来ると思います。

うそこメーカー

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年7月 7日 11:50
  • その他

知り合いから教えてもらった脳内メーカーにはまってしまいました。

ちなみに、マルコ式ネット白書の脳内図は以下です。

F1

愛であふれています。

若干、友と食と国と夢というものが見えますが、全体的には“愛”です。

もう、愛がすべてです。

能力メーカー

これは、能力メーカーによる結果です。

ボキャブラリと生産性が結構高い数字を出しています。

足首と乙女心は低いので、磨きをかけていきます。

それ以外に、マルコ式ネット白書高校などもやってみました。

お時間がございましたら、ぜひお試し下さい。

嘘かほんとか?うそこメーカー

 

クロスメディアってこと

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年7月 2日 19:55
  • その他

クロスメディアについて、ウィキペディアに掲載されていた内容を引用します。

クロスメディアとは、ひとつのコンテンツ・データを多用途として、 複数メディアへ出力する手法をさす。メディアの特性に合わせて、色空間、文字量、(動画など)扱うデータ種別を変える必要がある。 「移動中は携帯電話、自宅ではパソコン」など、一人の利用者が異なるメディアへ横断するときの利便性を高めた仕組みが実装されることもある。 これによって、紙メディアなど一つのメディアで不足している面を別のメディアで補う橋渡しをすることができる。  技術的には紙メディア/パソコン/携帯/CD-ROM/DVDなど、メディアごとに、 色空間/文字量/音声などのメディア要素/出力フォーマット、などの違いなどがあり、これらを扱うためにCMS (コンテンツマネージメントシステム)もよく使われる。システムや作業が複雑になる場合もある。

 クロスメディア(cross-media)は和製英語ではなく、 海外でも使われている最近の用語である。日本では特に携帯電話でのインターネットアクセスが高度化しており、 それに伴って高度なクロスメディア手法が日本に育ってきつつある。

 クロスメディアは「ひとつのコンテンツ・データを多用途として、 複数メディアへ出力する手法をさす」ことから、ワンソースマルチユースの「ひとつのデータを再利用することによって制作効率を高める手法」 と混乱されやすい。ワンソースマルチユースは制作効率の向上が目的なのに対して、 クロスメディアは利用者がメディアを横断するための利便性向上が目的である。 システム的には、 ワンソースマルチユースの手法を複数メディアへ拡大したものが、クロスメディア手法の一般的なものになっていると位置づけられる。  より進んだクロスメディア手法とは、ワンソースマルチユースのシステム手法を用いた上に、 利用者が異なるメディアへ横断する橋渡しの機能も実装したもの。例えば「パソコンで調べた地図を移動中に携帯で見る。 パソコンで調べた地図を印刷した後、コメントを書き込むためにQRコードで携帯の該当ページへ移動してコメント入力できる」など、 インタラクティブ(双方向)性を活用して、単一メディアでできない付加価値を与えることである。

 「広告にURLやQRコードを印刷して、 Webサイトのトップページを知らせる」などは、「他のメディアの案内」をするクロスメディアであるが、手法としては初歩であり、 トップページではなく、コンテンツページ間を他のメディアへ横断して、 利用者の利便性向上や付加価値の追加をすることがクロスメディアの目指すところである。

ワンコンテンツマルチユース(ワンソースマルチユース)が、クロスメディアというわけではないのか、それとも、それがそうなのか? マルチメディアやメディアミックスと根本的に何が違うのか?

言葉だけか?デジタルだからか?

何かそんな明確な答えというのが、実際は見えていないのがこのクロスメディアというキーワードのような気がします。

そもそも、クロスメディアというもの自体、どんな意味やメリットがあるのか?

まだまだ、勉強不足だとは思うのですが、いろいろと調べたり勉強していくうちに、 全く答えの見えない迷路に入ってしまったような気分になっています。

これをパラドックスというのだということだけは、わかっていますが・・・。

クロスメディア = パラドックスメディア!?

また、変なことを言ってしまいました。

ただ、その手法ややり方ではなく、 いったいどんな効果があるのだろうか?という一点のみがかなり気になります。

「クロスメディア」と検索をかけると、JAGATのクロスメディアエキスパートなどが上位表示されますが、「クロスメディア 事例」 で検索をかけると、ポータルサイトや媒体を持っているところが検索にかかってきます。(どちらもGoogleで本日付で検索をかけています)

その中で一番、クロスメディアを押している団体がJAGATなのだと思います。

下記はJAGATからの引用です。

一昨年頃から「クロスメディア」という言葉が使われだし、 最近は聞きなれた言葉の一つとなった。

「クロスメディアの定義は?」と問われたとき、 万人に共通する答えを用意することは難しい。例えば広告業界は、それを「アナログ」から「デジタル」へ、そして「マス」から「パーソナル」 へのクロスオーバーを指しているとしている。ある広告代理店によればクロスメディアマーケティングの目的は 「複数のメディアのメリットを活用し、多様化する消費者動向に適した新たなアプローチ手法の生産及び、ROI(Return On Investment)の最大化をはかるマーケティング活動」としている。一方、印刷業界を代表するJAGATでは、情報資源を紙、DVD、 インターネット、モバイルなど多様なメディアへ効率的かつ効果的に展開することとし、特にメディア制作の担い手である業界に向けて、 クロスメディアパブリッシングの分野でのプロデューサ的な人材と技術的な知識をもつ人材の育成をサポート・推奨している。
このように業界によってとらえ方が違う中で、一つだけ言えることはクロスメディアの中核としてモバイルは外せないということである。

いくつかの業種で同じ言葉を違った意味として使われているので、非常にわかりにくい用語になってしまっているのです。

メディアが異なれば、それぞれの分野においてとらえ方が全く違うという点においては、共通しています。何の媒体を軸とするのか? 印刷物か、ネットか、電波か、マーケティングか。

また、クロスメディアは、手段なのか、目的なのか?それすらも、立場が違うだけで全く異なる様相を見せています。

これは、調べれば調べるだけわからなくなってしまうわけです。

ただ、すべてにおいて共通している点を一つだけ見つけました。

それは、

ストーリー性

です。

とある会社では、「ベストなシナリオをクロスメディアで構築します! 」と言っているところさえありました。また、 多くの事例を見る限り、物語的要素がなければ、多様なメディア展開はできないばかりか、 クロスメディアとして成立しないのではないでしょうか?

何についてでもいいのですが、面白いストーリーがそこに存在すれば、 そのストーリーを軸に様々なメディアへの展開も容易に想像できるでしょう。しかし、そこにストーリーがなく、クロスメディアを考えると、 全く答えが見えないパラドックスメディアになるのです。

FFS test 2

この前のFFSテストプログラムについて若干変更があります。

というのも、結果がメールで贈られる設定にしてあるのですが、エンコードの問題で、文字化けが発生してしまうというエラーのためです。

プログラムのエンコードは、Shift_JIS使用ですが、ブログがutf-8の設定になっているので、 ちょっとしたところでエラーになってしまうようわけです。

エラーが起こらないように、作りかえるのが面倒なので、もともとのページをアップすることにしました。

組織内特性テスト Ver.1.2

その時のストレス状態によって、結果が違うので、ちょっとストレス感じてるなぁ~と思った時にこそ、 あなたのストレスを調べてみてください。

FFS test

かなり昔に、FFSテストというものをベースにストレスによる組織内特性テストを作ったことがありました。

すっかり忘れていましたが、結構面白いので、やってみてください。


組織内特性テスト


全ての項目にチェックを入れ、 送信ボタンを押してください。
あなたのストレス度と組織内特性が分かります。

お名前とメールアドレスを入力してください(必須)
お名前
メールアドレス

 

NO.
質問
ハイ
どちらかと
いえば
ハイ
どちらかと
いえば
イイエ
イイエ
1
スッキリとした気分で目覚めることが少ない
2
嫌いなことがあると、押し黙ってしまうことが多い
3
ちょっとしたことで下痢や便秘をしやすい
4
友達でも問題があれば、厳しく批判・非難することがある
5
他人の長所・美点を見つけるのが得意である
6
物事の客観的事実と自分の解釈は、はっきり分離している
7
少数派になるより、多数派でいることの方が安心感がある
8
裏切りは、誰であろうとも絶対に許さない
9
花粉症・皮膚炎・風邪などの流行病にかかりやすい
10
人前で話すときは、よく考えてから話すし、気も遣う
11
科学的な事柄の方が文学的な事柄より容易に理解出来る
12
時間の約束には、かなり厳しい
13
疲れやすい体質だ、と感じている
14
思ったことは、すぐ口に出てしまう
15
"相手の言葉を抑えて、自分がしゃべることがよくある"
16
"はっきりした答の出ないことや曖昧なことはとにかく苦手だ"
17
義務や世の中の決まり事は、法律ではなくとも遵守すべきだ
18
相手の話や行動との矛盾や不合理には、すぐ気が付く
19
相手がウソをついているとわかっても、 小さな事なら許してしまう
20
調子に乗るとついハメをはずしてしまうことがある
21
何事にも臨機応変に対処している
22
好き嫌いがはっきりしていて、態度にもすぐ出る
23
じっとしていることは、とにかく苦手だ
24
自分の意見を通すためだけの争い事は、できるだけ避ける
25
自分は心配性だと思うし、人から言われることもある
26
他人と同じ事をする、同じ物を持つのは不愉快で嫌だ
27
頼まれ事は、都合が悪いときでも、なかなか断り切れない
28
何かあると、食欲の有無にすぐ影響する
29
感覚的な話より論理的な話の方が、聞いていて疲れない
30
「おせっかい焼き」といわれることがよくある

      

 

marukosiki

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年6月 3日 23:12
  • その他

いつもおなじみ、マルコ式ネット白書ですが、早いもので、もう1年半も続けていました…。

1年半続けて、記事数は395件です。1日当たり1件書いていない計算になります。なかなか毎日書き続けるのは大変ですよ…。

ちなみに、アルファ・ブロッガーと呼ばれるカリスマ・ブロッガーの人たちは、1日8件とか書いている人もいます。

ただ、書けばいいというものではなく、しっかりとしたテーマを決めて書き続けなければ、見ていて面白くありません。

ブログは単なる日記として使っているのは、素人のすること。プロは、ブログを使って仕事をします。

ちなみに、マルコ式ネット白書の当初の目的は、さまざまなデータを取り上げ、どのような業種・ 業態の企業にもインターネットが活用できるようなアイディアを提供することでした。(2005年12月27日

果たして、当初の目的通りのことがどこまでできているでしょうか?

さまざまなデータというのは、インターネット白書を使う予定でしたが、最近は使っていません。理由は、 インターネットの普及率がひと段落してしまっている気配があるからです。

インターネットの利用率と目的や性別、年齢、などさまざまなデータがまとめられているインターネット白書ですが、 2006年度のインターネット白書では、思ったようなデータがとれていませんでした。

それと、データをこねくり回すことよりも、最新情報や新しいアイディア、技術情報などを出していったほうがより面白いでしょうし、 やっていて楽しいと思います。

意外とこの楽しむということが、重要でこれがないとなかなか続けることすらままなりません。

松下幸之助翁は言いました。

「成功したかったら、成功するまで、続けなさい。」

とても簡単な話ですが、続けることがかなり難しい。。。いやいや、難しく考えるから、難しくなるだけの話であって、 実はものすごく簡単。

楽しい事だったら誰でも続けられる。」

だから、楽しい事をしよう。」

つまらないことを続けているほど、大変なことはありません。しかし、楽しいことであれば、続けられるのです。 ずっとやっていたと思うかもしれません。

マルコ式は、結構書いていて楽しいです。

意外と見ている人も増えてきているようですし。

だから、続けていくことができるのだと思います。

ただ、最近ではネタが枯渇してきてしまっているので、カテゴリを増やしました。より広い分野にまで広げれば、 もっと多くの人が見てくれるでしょうし、ネタを集めるのも楽です。

でも、ネット白書と銘打っている以上は、インターネット中心の話題で進めていくことは、間違い名とは思いますが・・・。

シニフィエとシニフィアン

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年4月15日 22:24
  • その他

言葉を構造的に分析する際に、このシニフィアンとシニフィエという概念は、とても便利です。

「シニフィアン」はフランス語の動詞signifier 「意味する」の現在分詞で「意味しているもの」「表しているもの」を指しています。

一方、「シニフィエ」は同じ動詞の過去分詞で「意味されているもの」「表されているもの」を指しています。

日本語ではシニフィアンを「記号表現」「能記」、シニフィエを「記号内容」「所記」などと訳すこともあります。

これだけだとわかりにくいので、表を使ってみていきます。

 

日本語 フランス語 英語
シニフィエ
(記号内容、所記)
signifie signified 海のイメージや、海という概念、ないしその意味内容
シニフィアン
(記号表現、能記)
signifiant signifier 「海」という文字や、「うみ」という音声

 

シニフィアンとは、語のもつ感覚的側面のことで、例えば海という言葉の「海」という文字や「うみ」という音声のことを言いいます。

も一方のシニフィエとは、このシニフィアンによって意味されたり表される海のイメージや海という概念ないし意味内容のことです。

また、表裏一体となったシニフィアンとシニフィエとの対のことを、「シーニュ」 (signe)すなわち「記号」と呼びます。

  • その関係に必然性はない。(記号の恣意性)
例で言えば、「海」そのものを「海」と書き、「う・み」と発音する必然性はどこにもない。もしそれがあったとしたら、 あらゆる言語で海は「う・み」と発音されているはずである。
  • 必然性がないにもかかわらず、それが了解される体系のなかでは必然化されている。
日本語を解する人が「海」という字を見、「う・み」という音を聞くとき、そこでイメージされるものの根底は基本的に同じである。 また、「海」はどうして「う・み」というのか、という質問に答えることは非常に難しい。

たとえば、リンゴは、そのもの自体、どんな言語だろうと同じものをイメージします。英語ではAppleですが、イメージするのは、 万国共通で品種に若干の違いがあれど、バラ科リンゴ属に属する樹木、 またはその果実を連想するでしょう。

哲学的には、シニフィアンは「誰もが共有できる事実」を、シニフィエは「個人的なイメージ」のことを表します。

450-200510011441571

この写真を見たとき、これがリンゴであるという真実は、シニフェアンになります。

逆に、Appleという言葉を聞いた時には、

cpnk0012

こういうものや、

apple

こんなもの、もしくは、

 

apple_campus_sign

とか、極端な場合、

Apple-iPodb30GB-MA446JA

といったものをイメージするかもしれません。

実は、これらすべてシニフィエになります。

言葉を端的にとらえると、こうしたことが起こります。

では、普段会話の中ではちゃんとコミュニケーションがとれているのは、なぜなのでしょうか?

それは、言葉と言葉との関係性や関連性をお互いに認識しているからです。

「新しいパソコンほしいんだよね。」

「じゃ、Appleがいいよ。Windowsも使えるようになったし。」

ここで出てきたAppleは、決して

450-200510011441571

これを指していないことが、わかります。

ややもすると、言葉遊びで終わってしまいそうな話ですが、この話を踏まえて言葉が持つイメージを次回考えてみます。

言語学との出会い

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年4月11日 13:14
  • その他

大学時代、専門は、社会学だったのですが、個人的興味から言語学を独学していた時期がありました。

あまり仕事では使わないものだと思っていたのですが、どうも、コンテンツの最適化に関して言語学が有効なのではないだろうか? と感じるようになってきたので、改めて取り組んでみる価値があると思います。

そもそも、言語学(げんごがく)とは、人類が使用する言語 (ことば)の本質や構造を科学的に記述する学問です。要するに、 いつも使っている言葉を客観的に記述することです。 物理学者がリンゴがなぜそのように落下するのかを考えるように、言語学者は言語がなぜそのように話されるのかを考えます。

ただ、現代言語学は言語の優劣には言及せず、あらゆる言語に優劣が存在しないことが前提となっています。日本語だろうが、 英語だろうが、中国語だろうが、スワヒリ語だろうが、どんな言葉であれ、一番いい言語はどれか?ということは関係ないということです。 ですので、世界の言語はすべて同等に扱われます。

現代言語学の根本には、フランス文化人類学者思想家クロード・ ギュスタヴ・レヴィ=ストロースClaude Gustave Levi-Strauss, 1908年11月28日 - )による構造主義が大きくかかわっているということは、大学時代に勉強していました。

もともと、社会学を専攻していたということは、先にお伝えしましたが、文化人類学にも関心を持っており、その過程の中で出会ったのが、 クロード・ギュスタヴ・レヴィ=ストロースと構造主義だったわけです。

そして、たどり着いた先が、言語学という新たな学問領域でした。

後になって知ったのですが、恣意性についてはすでに2000年も前からインドで知られており、恣意性を消し去る高度な技法が発見され、 実践体系や生き様にまで高められていました。

それは、仏教という形で今も現存しています。

サンスクリット語では「空」を「シーニャ」と呼び、ソシュールは、恣意的関係性を「シーニュ」と呼びました。

いまさらながら学校の勉強

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年4月 8日 20:53
  • その他

昔、数学は苦手でしたが、暗記科目だけは得意でした。

暗記科目が得意な理由は、暗記方法にあったのかもしれません。

自分でも気が付いていなかったのですが、どうやら、物を覚えるのに書くことが一番覚えるようです。

英単語も10回書けば、たいてい頭に入っているようです。

いつもこの勉強方法で、暗記教科はたいてい90点以上取れていました。

高校入学時の全国模試で社会科だけは確か100位以内に入っていたような気がします。

でも、テストの平均値はあまりよくありません。

数学は、毎回赤点だったからです。頑張っても40点ぐらいしかとれませんでした。

この世から数学がなくなってしまえばいいのに…と何度思ったことか…。

平均的に悪いのなら、もともと出来が悪かったと、あきらめもつくのですが、中途半端に良かったりするので、自分でも、いいのか、 悪いのか?まったくわかりません。

仕事をし始めると、そんなことはほとんど関係なくなってしまいますが、実は社会人になってから数学をもう一度勉強していました。

できなかったことが悔しかったのではなくて、数学的発想は意外と便利だということに気がついたからです。

それまでは、数学の存在意義すら疑っていました。「なんで数学などというものがこの世に存在するのか? 社会に出てから誰がそんなものを使うのか?数学なんてものは、一握りの数学者が自己満足のためにやる学問じゃないのか?」

数学を全否定しても普通に生活はできるし、そんなものが必要なくても自分は生きていける!

何が、その考えを変えたのか?

それは、アルゴリズムとの出会いでした。自分にとって、 これほどまでに合理的に物事を発想できる概念はないと思えるぐらいの衝撃を今でも覚えています。

そう考えると、なぜ昔数学ができなかったのか?ということもわかりました。

どうやら、問題が理解できていなかったのです。

たとえば、

全体集合を自然数全体とするとき、B={x|x- 11x+18>0} の補集合を求めなさい。

こんな問題があったとします。

ここで気になるのは、集合という意味です。 全体集合と補集合という言葉が出てきていますが、言葉の意味としての集合は一緒であるはずですから、 なぜいまさらそれを聞かれているのか?違いがあるとすれば、補集合と全体集合というもの。数式はそれを数学的に表現したものにすぎない。 しかし、補集合というものは一体何なのか?集合という言葉自体、 何か集まっている状態のことを指しているのに、あえて全体集合という意味は何なのか? 一般的に考えて、集合という言葉に「全体」をつけること自体おかしいことなのではないだろうか…?

などと、考え込んでしまうわけです。

もともと、 数学は哲学をわかりやすく扱うために生まれた学問とされていますが、数学の問題を哲学的発想に基づいて説こうとしても、 根本的なスタートに戻ってしまい、一生かかっても解けない状態に陥ります。

これを、パラドックスと言います。数学的には正しくても、 一般的な直観とは反していることです。数学の問題を見るたびに、常にそんな状態に陥ってしまうわけですから、 好きになるわけがなかったのです。

その点、暗記教科は楽でした。何も考えずに覚えるだけでいいのですから。

考えれば、考えるほど、どんどん深みに陥ってしまい、 答えの出ない状態になってしまう…。

そもそもの頭の使い方自体間違っていたのだと、 社会に出てから知りました。

marukoshiki@mobile

マルコ式ネット白書が、ついにモバイルに対応!

・・・と、大きく出てみましたが、単にMTのモバイルモジュールを入れただけす。

qrcode_image ついでにQRコードも作ってみたりして。。。より、モバイル感を出してみました。

コンテンツあたりの文章量が多いので1024Byteで区切るようにしていますので、ご利用の際はパケ放題をお勧めいたします。

Simple is best

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年3月 9日 10:40
  • その他

シンプル・イズ・ベストなどとよく言われますが、簡単な事などそんなに多くありません。世の中複雑にできているのです。
しかし、もう一方では、世の中が複雑だからこそ、簡単なものは、受け入れやすいとも言えます。

文章も、簡単なものほど多くの人に受け入れられます。よく、執筆の指南本では、小学生5,6年生ぐらいでも読めるような文章にするといいと言われています。

日本は、他の国に比べると知的水準が高いと言われていますが、それは、読み書き、そろばんの事で、考え方や理解能力のそれとは違います。本当の意味での知的レベルとは、考え方や理解能力の事をさしています。いわゆる「知恵」のことです。

前職では、人材に関わる仕事をしていましたが、そのときに読んだ「ビル・ゲイツの面接試験」という本には、その答えのような事が書いてありました。
また、コンサルティングという仕事に置いても、同様のスキルが要求されます。

それは、「単純な問題ほど、答えまでの過程は複雑で、複雑な問題ほど答えまでの過程は単純」ということがポイントです。また、解けない問題というものも存在していますが、ポイントは、その解けない問題に対してどう向き合うか?という姿勢の部分がポイントです。

ちなみに、数学では今でも解けない問題がいくつか存在します。(回答できれば1億円です:数学21世紀の大難問)これらに共通しているのは、問題自体が非常に単純ということです。
例えば、「どんな掛け方をされた輪ゴムも無理なくはずせるような、手の上に乗る1つの物体は、滑らかに球に変形できるはずであるという予想を数学的に証明しなさい」という問題は、一見すると簡単そうに見えますが、ポアンカレ予想と呼ばれる、ミレニアム賞問題の一つです。(単連結な3次元閉多様体は3次元球面S3に同相である)


いきなりですが、ここで問題です。

一辺が2cmの正四面体の体積を求めなさい。

解けるでしょうか?

実は、正四面体の体積問題には、いくつかの解き方があります。一つは、底面積×高さ×1/3。正四面体は、立方体の四つの角を切り落とした残りの形です。
こっちから求めれば、面倒な計算をしなくても、暗算でできてしまいます。

二つ目は、下記の公式を使います。


aには一辺の長さが入ります。

三つ目は、三平方の定理を利用した解法があります。この解き方で進めていくと、最終的には、二つ目にあげた公式が出てきます。しかし、これは最も計算が多く一番めんどくさい解き方です。

2つ目の公式を使えば、計算も楽で簡単に答えを出す事が可能です。ここで問題になっているのは、「正四面体の体積を求める」事なのですから、答えが合っていれば、どんな解き方をしてもよいのです。はじめにあげた解法も簡単に計算可能ですが、正四面体だけを考えているとこの考え方にまで行き着きません。問題に対するパラダイムシフトが必要です。しかし、答えは正確に出せます。

数学においては、答えが合えば正解ですが、問題を出す側としては、その考え方に興味を持っているのです。しかも、社会生活においては、この考え方の方が重要だったりします。
知恵として一つ目の考え方を知っていれば、簡単に答えを出す事が可能でしょう。豊富な知識があれば、二つ目の公式だけで解いてしまうかもしれません。三つ目の方法は、そうした事をせず、知っている知識だけで対応しなければならないやり方です。「単純な問題ほど、答えまでの過程が複雑になる」理由には、そうした方法論でしか、その問題に対処できないからです。
より知恵をつけるか、もっと知識を貯えるかすると、無駄な計算をする時間が省けますし、物事をよりシンプルに進める事ができるのだと思います。

paradox

  • Posted by: マルコ式
  • 2007年3月 6日 13:40
  • その他

今の世の中、パラドックスは至る所に存在していますが、一般生活ではその存在にすら気がついていません。 しかし、一度その存在に気がついてしまうと、いろいろな物事が気になってしまうのも事実です。まるで、思春期の青年のような想いがそこにはあります。


ちなみにパラドックスとは、

  1. 一見すると筋が通っているように思えるにもかかわらず、明らかに矛盾していたり、誤った結論を導いたりするような、言説や思考実験などのこと。

  2. 数学において、公理系に生じた矛盾点のこと。

  3. 一般的な直感と反した、数学的に正しい解答や定理のこと。

  4. ある目標を追おうとすればするほどかえって目標から遠ざかったり、ある主義を貫こうとするがゆえにかえってその主義に反することをしなければならなかったりする状況。

逆説、逆理、背理と訳される。ギリシャ語で"para" は「反」「逆」を、dox" は「意見」という意味を表す。有名なものに、
自己言及のパラドックス
リシャールのパラドックスベリーのパラドックスがある。


本質的に、パラドックスは、「生か死か」「在るか無いか」のような二極が対立する論理において生じる。


出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ただ、矛盾とパラドックスは厳密には、本質的に異なる概念とされています。前者は本来は仮定(公理)がはっきりした状況で用いる言葉であるのに対し、後者は仮定がはっきりしないからこそ起こる矛盾を指します。

特にパラドックスは、物理・数学の分野でその本領を発揮します。数学に関わる既存のパラドックスは全て、仮定をはっきりさせない、いい加減な論理が原因になっているので、仮定をはっきりさせさえすればパラドックスは解消されます。19世紀までの数学は、今に比べればだいぶいい加減なもので、様々なパラドックスを内包していました。しかし20世紀以降、数学者の努力により、数学はより厳密なものへと変化し、これら全てのパラドックスは解消されました。


もともと、数学は哲学をよりわかりやすく説明するために取られた手段が、学問として確立した訳ですから、根本には哲学的問題を内包していても、何ら不思議ではなかったのです。しかし、実証主義の台頭によって疑う事を覚えてしまった学者たちが、仮定そのものに疑問を持つようになったことが、パラドックスの発見につながったのです。


こうした概念は、いくら形式的に説明したところで、よくわからないものです。かなりわかりやすい命題があるので、ご紹介します。


  1. 抜き打ちテストのパラドックス

    ある先生は、学生に抜き打ちテストを行うために、次のことを公言した。
    「来週の月曜日から金曜日のうち、いずれかの日に抜き打ちテストを行う。」(抜き打ちテストだから、テストが行われる日は事前には予測できない。)
    これを聞いた学生は次のように推論した。
    まず、金曜日に抜き打ちテストがあると仮定する。すると、月曜日から木曜日まで抜き打ちテストがないことになる。そして、金曜の朝の時点で、今日が抜き打ちテストの日だと予測できてしまう。これは、抜き打ちテストであるということに矛盾する。よって、金曜日には抜き打ちテストがないことが分かる。

    次に、木曜日に抜き打ちテストがあると仮定する。すると、月曜日から水曜日まで抜き打ちテストがないことになる。そして、木曜の朝の時点で、木曜日か金曜日に抜き打ちテストがあることになるが、金曜日には抜き打ちテストがないことが分かっているので、今日が抜き打ちテストの日だと予測できてしまう。これは、抜き打ちテストであるということに矛盾する。よって、木曜日には抜き打ちテストがないことが分かる。

    同様に考えていくと、水曜日、火曜日、月曜日にも抜き打ちテストがないことが分かる。したがって、先生は抜き打ちテストを行うことができない。

    そして抜き打ちテストが発表された一週間が始まった。

    学生の予想通り木曜まで抜き打ちテストはなかった。しかし、金曜日になって先生が「では今から抜き打ちテストを行う。」と宣言したのである。すかさず学生が反論した。「抜き打ちテストは不可能です。昨日まで抜き打ちテストがなかった時点で、今日テストがあることは予測されます。このことは先生が公言した抜き打ちテストであることに反します。」

    すると先生はこう言ったのである。「君は今日抜き打ちテストが行われないと思っていた。ならば抜き打ちテストは成立しているじゃないか 」
    学生は「?? 」

    以上が抜き打ちテストのパラドックスである。

抜き打ちテストの意味のすり替えによっておこったパラドックスです。難しくいうと、「様相論理の決定不可能な命題を元にした間違った推論」などともいわれますが、簡単にいえば、「思い込みによる勘違い」です。

要するに、先生が「抜き打ちテストをすると言った事」に対して、この生徒はいつテストが行われるのか?という事を推測しようとしました。その結果、抜き打ちテストができないという結論を出した訳ですが、先生は「抜き打ちテストをする」とだけ言った訳ですから、先生の論理も正しい訳です。社会生活に置いては、このような状況を思い込みよる勘違いとして簡単に処理されている訳です。

複雑に物事を考えようとすればするほど、陥りやすいのが、パラドックスです。

クレバーな学生は、そんな反論をするかもしれませんが、スマートな学生は、抜き打ちテストのため、その日からテスト勉強をしていることでしょう。

これ以外にも、面白い命題は、様々あります。

  1. ゼノンのパラドックス
    カメを追いかけてカメのいた地点にたどり着いても、その時点でカメはさらに先に進んでいるため永久にカメに追いつくことはできない。アキレスとカメのパラドックスとも言う。

  2. 誕生日のパラドックス
    何人の人が集まると同じ誕生日の人がいる確率が0%以上となるか

  3. エレベーターのパラドックス
    エレベーターはいつも一方にばかり動いているように見える。

  4. ヒルベルトの無限ホテルのパラドックス
    無限に部屋のあるホテルは、満室であってもそれぞれn番目の客室の客にn+m番目の客室に移ってもらうことにより、さらにm人の客を泊めることができる。無限の客がやってきても入室可能。

  5. 親殺しのパラドックス
    タイムマシンで過去に行き、自分が生まれる前の自分の親を殺したとき、自分は産まれてこないことになる。またそうなると自分が居ないために親が殺されない。さらに、親は殺されないため自分は生まれてくる。という循環ができる。

  6. タイムマシンのパラドックス
    タイムマシンで過去に旅をすると、その途中でタイムマシンの製造過程を通過するためタイムマシンは分解してしまう。

社会生活を営む上で、こうした事を考えている人は、他人からは「小難しい人」と思われるかもしれません。

music

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年11月 1日 00:00
  • その他

高校時代~大学時代まで音楽を趣味にバンドから作曲までやっていました。

ただ、そんなことはもうすっかり忘れてしまっていたのですが、
最近になってmuzieというところからメールが来ました。
件名は、
「[muzie] アーティスト分配金報告書」

なんだろう?と思ってみてみると、
「コンテンツ使用許諾状況およびCD販売者にはCDの販売報告をさせていただきます」という文面。

おぉ~!

と思ったのですが・・・18円

でも何かで使ってくれたのだと思います。

ここに掲載している曲は、自分が好きな音源を組み合わせたものと、ギターフレーズだけのものだけなのですが、元々自分で聞くために作った曲なので、今でも好きな曲ばかりです。

今度の休みにまたギターでもひいてみようか。

muzie:t-empire

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ポジティブな気持ち

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年10月 7日 00:00
  • その他

ご縁がありまして、マツダミヒロさん、佐藤元相さんと一緒にお話しする機会を昨日いただきました。
お二人ともコンサルタントして成功なされている方で、本も2冊出版されております。
あまりご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に、お二人をご紹介させていただきます。

まず、マツダミヒロさんは、大学卒業後すぐに起業、96年からネットの仕事を。最近は、やる気と気付きを引き出す仕事をしてます。山形出身の成功者で、山形ではかなり有名人です。
最近は、講演活動などで非常に忙しいようです。

そして、佐藤元相(さとうもとし)さんは、 大阪生まれで、有限会社エヌ・エヌ・エー・テンダーサービス代表で、 ランチェスター法則を応用した、営業マンなしでお客がやってくる「驚異の集客ホームページ」を作成していらっしゃるかたわら、講演活動も積極的に行っており、現在非常のホットな方です。No.1戦略を創造するコンサルタントとして多数の実績をお持ちです。

そんなお二人と、歓談を通して気づいたことは、すごくポジティブな考え方の持ち主だということです。

マツダミヒロさんは、こんなことを言っていました。
「僕は、テレビと新聞は見ないんです。朝起きて、テレビをつければ常に事件や事故といったネガティブな情報が報道されている訳ですが、朝から、そういうものを見るとすごくネガティブになってしまいますよね。情報は基本的に人からもらうことにしています。」

実は、私もいっさいテレビは見ません。職業柄、ネットから情報を得ることが多いですが、それだけでは全く足りないので本と新聞、雑誌、そして同じように人から情報を得るようにしています。
情報過多の時代と言われる昨今ですが、逆に言うと、自分にとってよい情報だけを選択できるという時代でもあります。情報に踊らされるのではなく、情報をうまく利用する術を身につければ、これほど良い時代はありません。悲観的に物事をとらえてしまえば、その先には何もないのです。また、人というのは面白いもので、自分がポジティブであれば、自然とポジティブな人とかかわり合いを持てたり、周りもポジティブになってきます。自分が変われば、世界が変わるわけです。

そういえば、以前、斎藤一人さんにもお会いしたことがありました。場所は、東京某所の「ついてる神社」でした。
(銀座まるかんの創業者にして、1993年から全国高額納税者番付(総合)の10位以内にただ一人、10年連続で入っている方です)
それも、たまたまです。話を聞いて、初めて行ったら、そこに後から来たんです。まさに、斎藤一人さんがよく言う「ついてた」わけです。

そんなことを振り返ると、朝倉千恵子さんにもお会いしたことがあります。
朝倉千恵子さんは、小学校教師、税理士事務所、証券ファイナンス会社などの勤務を経て、1997年2月、トップセールスになることを決意して、『地獄の特訓』で有名な社員教育研究所に入社。 2000年度年間売上NO1。トップセールス賞を受賞なされております。
ちょうど、株式会社新規開拓設立時期にご縁をいただきました。何度か事務所にお伺いさせていただいたこともありました。この方は、リーダーの育成と「ダントツNo.1」のトップセールスレディーの育成を手がけております。それにしても、どんどん美しさが増しているような気がするのは、私だけでしょうか?多分、ポジティブでいることが美しさを保つばかりだけではなく、ますます美しくなっていく源なのだと思います。

私が、今までお会いした方々は様々なご縁があってのことでしたが、一つ共通して言えることとは、皆さん前向きに努力なされているということです。端から見れば、とてもすごい人のように思いますが、(失礼な言い方かもしれませんが)会ってみればただの人です。でも、ポジティブさは普通ではありません。そのエネルギーが人を引きつけ、大きな力を生み出していくような気がしました。

佐藤元相の会社では、毎朝、来ていただくお客様のことを念って社員みんなで黙々と掃除をするといいます。そして、朝礼では必ず社員にパッピーニュースを発表させるそうです。ハッピーニュースとは、昨日以前におこった幸せな出来事を簡単に発表するらしいのですが、そうすることで、それを考えながら話す人は、必然と幸せな気持ち(ポジティブな気持ち)になる訳です。本当にちょっとしたことでもいいらしいのですが、そうしたことがその日一日を決めてしまうといいます。毎日、幸せなことがあったら、常にポジティブですよね。逆に、常にポジティブだったら、毎日幸せな出来事がいっぱいあるはずです。

私は、そんなポジティブなお二人に同時にお会いして、とてもポジティブな気持ちにさせられました。常にポジティブな気持ちを忘れたくはありませんが、どうもまだまだ勉強不足のせいか、落ち込んでしまったり、悩んでしまうこともあります。
そんな時は、基本的にすぐ寝るようにしていますが・・・。


最後に、マツダミヒロさんにこんなバカな質問をしてみました。
「どうすれば、本が出せますか?」

「書き続けることですね」

ああ、松下幸之助翁と同じようなことをいうのですね。。。


マツダミヒロさんの本


佐藤元相さんの本
斎藤一人さんの本
朝倉千恵子さんの本

正直、こんな機会は滅多にありません。自分自身、本当に縁に恵まれているな~と感慨深いものがありました。そんなご縁に感謝いたします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Template Monster Japan

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年9月 5日 00:00
  • その他

ホームページ製作は、近年価格の下落と納期の短期化によって制作側に非常に負担をかける業務となってしまいました。また、デザインにおいては、感性によるところが大きく、システム会社には理解のできないオーダーなどがよく入ります。
特に、会社概要やPRを目的としたサイトにおいては、デザインこそがすべてと言っても過言ではありません。
また、最近のサイト制作には必ずと言っていいほどシステムがつきものです。
オープン系システム開発に強ければ、インターネットを含めた提案もできるのでしょうが、そうした会社は意外と多くありません。
システムもできて、デザインもよくて。効果もあって…などと顧客のニーズは年々高まるばかりです。
そうした状況下で、今後どの部分に時間と労力をかけなければならないのか?という基本的方向性というものも変化してきています。

今、顧客が望んでいるもは、実質的な数字(アクセス数や、PVなどの効果)です。

システムはCMSというかたちで簡単に高性能なものが手にはいる時代になりました。品質も今もなお向上の一途をたどっています。
しかし、デザイン面はなかなか無料のものでいいものというのはありません。国内で無料で手に入るもは、あまり商用サイトに向いているものはなく、デザインも汎用性が高いため、使い勝手が悪かったりします。海外のサイトには、無料でも使えるデザインテンプレートもありますが、カスタマイズは結構大変だったりします。
ホームページテンプレートなら、テンプレートモンスター
ホームページテンプレートならテンプレートモンスタージャパン
上記のサイトは、ホームページテンプレートでは世界最大級のサイトです。
ホームページテンプレートとは、あらかじめデザインされた、ホームページ(ウェブサイト)のひな型(テンプレート)のことです。

ホームページを制作する場合、これまでは主に2つの方法がありました。

1.ホームページ制作会社(もしくはフリーで活動されている個人)に依頼する。
2.ホームページ制作ソフトを使用して、独力で制作する。

1.の方法をとると非常にコストが高くついてしまい、
また自分がイメージしていたものと異なるデザインのホームページが納品される、
という問題も生じていました。

また2.の方法をとると、制作者がHTMLなどの言語を理解する必要があり、
また、なんとかホームページの形にすることはできても、
デザイン面でもの足りない結果となってしまう、という問題が生じていました。

テンプレートモンスタージャパンのホームページテンプレートはこれらの問題を一気に解決することができます!テンプレートモンスター ジャパンのホームページテンプレートは、海外の一流デザイナーの手によって、あらかじめ高品質のデザインが施されています。また、仮のロゴや画像、文章がレイアウトされています。ホームページテンプレートの購入者は、これらの画像、文章を独自のものに
カスタマイズするだけで、高品質のオリジナルホームページを短期間で完成させることができるのです!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Cash Fiesta(アメリカのアフィリエイト)

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年8月 6日 01:00
  • その他

Cash Fiesta(キャッシュフィエスタ)とは海外の広告会社のデスクトップCM(デスクトップバナー)のことです。 Cash Fiestaにメンバー登録すると、上のバナーのような小さい人が歩くバナーがデスクトップに表示されます。
このバナー広告を見ることで、報酬をもらうというシステムです。
Cash Fiestaでは日本向けのコンテンツもあり、日本への支払い実績もあります。クレジットカード情報や入会金などは必要なく、完全無料で報酬を受け取れます。 報酬も小切手で送られてくるので銀行口座なども不要です。報酬はバナーを表示させておくことで貯まるポイントを換金することで得られます。広告を表示させておくと6秒につき1ポイント、1時間で600ポインになります。 条件にもよりますが(報酬アップについては後に記してあります)単純計算すると、 1時間で0.3ドル(約36円)、1日で約864円、一ヶ月で約25920円にもなります。まずメールアドレスを用意してください。それだけで十分です。 お使いのプロバイダから与えられたメールアドレスでも良いのですが、広告メールが大量に届きますフリーメールアドレスを使うことをオススメします。フリーメールアドレスとはYahoo!やGooなどで行われているサービスで、料で使えるメールアドレスです

http//www.cashfiesta.com/php/join.php
上をクリックすると、登録手続きのページが開きます。

下の見本を参考にして正確な情報を入力してください「Additional Information(追加情報)」はアンケートみたいなものなのでよくわからなければテキトーでも大丈夫です。
SignUp

Join the free money making fiesta. You can earn up to $1.00 per hour while using yourcomputer as usual.
We also pay you for your referrals up to the 8th level. To make fast and easy cash, sign up for our Special Offers.
(意訳 :無料で参加することができます、更なる報酬の獲得のためにスペシャルオファーにも参加してください。)

All fields are required unless otherwise noted.
Please use only latin characters!
(半角英数字を使用してください)

Authentication Information
(認証)

Login : (ログインID)
Minimum 3 characters, not case-sensitive.
(最低3文字以上)
Password : (パスワード)
Minimum 4 characters,letters and numbers only. Password is case-sensitive.
(最低4文字以上)
Verify Password :
(パスワードを再入力)


First, tell us where we can send your checks (小切手の送り先)

First Name : (名前)(例 山田 太郎 なら「Taro」
Last Name : (苗字)
(例 山田 太郎 なら「Yamada」
Street address : (住所 :区町村番地)
(例 渋谷区原宿1-2-3 -> 1-2-3 Harajyuku Shibuya-ku
City : (住所 : 都道府県)
(例 東京 -> Tokyo
Zip/Postal code : (郵便番号)
ハイフン不要。7桁で。
State :U.S. residents only. (記入しません。[not selected]のままで)
Province :This field is optional.
(記入しません。)
Country :(国)U.S. residents must also select their state. (Japanを選択)
E-mail address : (メールアドレス)
広告メールが大量に届きます。フリーメールの利用をオススメしま
Verify E-mail address :
(メールアドレス再入力)
 

Now, please tell us more about yourself. (さらに詳しくあなたのことを教えてください。)

Year of birth : (生まれた年 西暦)
Gender : (性別 : 男 : male 女 :female)
Education : (最終学歴)

High School : 高校卒業
College : 大学卒業
Graduatedegree : 大学院卒業
Other : その他
Annual household income :(年収)
Industry : (業種)
Title : (肩書き/業種)

Additional Information(追加情報)

Please tell us why you use Internet: (check all that apply)
(あなたはインターネットを何に利用していますか?当てはまるものにチェックしてください)

Contests and lotteries (コンテスト・懸賞)
Paid Surveys(有料調査)
Chat (チャット)
Clothing and Accessories (洋服・アクセサリー)
Computer Hardware (コンピュータ)
Concert and Event Tickets (コンサート・イベントチケット)
Consumer Electronics (家電)
Current Events and News(時事・ニュース)
E-mail (メール)
Gaming (ゲーム)
Insurance (保険)Job Search (仕事探し)
Loan, Credit card applications (ローン・クレジットカード)
Maps and Directions (地図)
Music, Video, DVD (音楽・ビデオ・DVD)
Office supplies and equipment (事務用品)
Pet supplies (ペット)
Research (研究)
School(学校)
Software(ソフトウェア)
Special Offers and Discounts (割引・値引き)
Technology News (技術ニュース)
Weather Updates (天気予報)
Women's Issues (女性関連)
Work Related Issues (仕事関連)

Please tell us what do you search for or buy online and our partners will send you offers targeted to your interests*. (check all that apply)
あなたがネット上で探しているものを教えてください。提携企業からメールが届きます。(複数回答可)
Surveys (調査)
Contests and sweepstakes(懸賞)
Parenting(子育て)
Mortgage(抵当)
Free stuff(無料素材)
Gambling and lotteries (ギャンブル・宝くじ)
Online shopping (オンラインショッピング)
Automotive(自動車)
Books(本)
Business opportunities (ビジネスチャンス)
Computer professionals(コンピュータ技術者)
Dieting and nutrition (ダイエット)
Entertainment (エンターテイメント)
Health (健康)
Home office(在宅)
Internet security (インターネットセキュリティ)
Investing and finance (金融)
Small business owners (小資本ビジネス)
Sports and recreation(スポーツ)
Travel and leisure (旅行・レジャー)

*After you press Submit, we'll send you a confirmation email.
Reply to that confirmation email and we'll start searching the Web to find you the deals you're looking for.
(あなたが[Submit]ボタンを押した後、確認のeメールを送ります。メールが届いているのを確認後、あなた望む情報を探します。)

Earn cash by subscribing to receive email from our partners with special offers and announcements.
Please
read our Privacy Policy and be assured that your e-mail address will be kept confidential.
(チェックを入れておけば、メール受信でも収入が得られます。)

Payment Information (支払いに関して)
Preffered check size :(いくら貯まったら換金するか)
100~500$位がオススメです。(小切手の換金についてを参照してください)

Referral Information(紹介者)
Referred By :(紹介者)

(紹介者のIDが入っているのでそのままでお願いします。)
Did a friend tell you about Cashfiesta.Com? Please enter his/her user name so he/she will get the credit. This field is optional.
(あなたの紹介者の名前を入れてください。)
Sharing your opinion pays off! Fill out Surveys from top market research firms today.
(↑空欄のままでよいみたいです)
I have read and understand the Member Agreement.
(↑ここをチェックしないと登録できません。)

Submit Registration
(最後にここをクリックで登録)

Clear Form(入力した内容を消去)


「Submit Registration」をクリックすると「Confirmation Of Your Registration」と表示されるので「OK」をクリックしてください。これで登録完了です。
もし以下のメッセージが表示された場合はそれにしたがって入力しなおしてください。

There are some errors. Please correct them.
間違った入力をしています。もう一度見本を参考に正しく入力してください。

Error: This field is required.
記入漏れがあります。正しい情報を入力してください。

Error: This login is already in use.
入力したユーザー名が既に使われています。ほかのIDに変えてください。登録が完了すると登録したメールアドレスに確認メールが届いているので確認しておいてください。

紹介制度
CashFiestaに参加する人を紹介すると紹介者の稼いだポイントも頂けます。
最高8段階まで6%から90%のボーナスをもらえるのです。

あなた600Point/1h
ダウン1(あなたの紹介)90Point/1h
ダウン2(ダウン1の紹介)42Point/1h
ダウン3(ダウン2の紹介)30Point/1h
ダウン4(ダウン3の紹介)30Point/1h
ダウン5(ダウン4の紹介)30Point/1h
ダウン6(ダウン5の紹介)18Point/1h
ダウン7(ダウン6の紹介)6Point/1h
ダウン8(ダウン7の紹介)6Point/1h

紹介用リンクを取得する際はFiestaBarの「Refer Your Friends」をクリックしてください。
支払いについて
最低支払額に達すると、請求ボタンが表示され請求すると、郵送で小切手が送られてきます。請求ボタンを押さなければ、貯めつづけることが出来ます。ポイントを稼いだ月のレートではなく、ポイントを換金する時のレートで計算されますので、なるべくレートの高い月に申請をして、効率良く換金することができます!またレートはSpecial
Offersの登録によって上げることが出来ます!

PayRateについて
PayrateとはPointからドルへ変換するときの相場のことで、Special Offersへの登録で上がります。
Special Offersへの登録のコツとしては、Available: worldのものが登録可能で、credit card
required.って書いてるのものはお金がかかりそうなのでなるべくFREEのものに登録しましょう。 Special Offersの登録数が

0だと1000P=$0.010
(Cashfiesta Storeで買い物の場合 1000P=$0.013)

1だと1000P=$0.040 (Cashfiesta
Storeで買い物の場合 1000P=$0.052)

2だと1000P=$0.333 (Cashfiesta Storeで買い物の場合
1000P=$0.433)

3だと1000P=$0.500 (Cashfiesta Storeで買い物の場合
1000P=$0.650)

4だと1000P=$0.660 (Cashfiesta Storeで買い物の場合
1000P=$1.858)

5だと1000P=$0.830 (Cashfiesta Storeで買い物の場合
1000P=$1.079)

6だと1000P=$1.000 (Cashfiesta Storeで買い物の場合
1000P=$1.300)

と変化します。6段階目ともなればたった1時間で約2100円も稼げます!
またGold Clubになると、1000P=$1.666 (Cashfiesta Storeで買い物の場合 1000P=$2.666)にまでなります!

Gold Clubになるためには、

  1. 月に135 Gold Club Pointを獲得すること
  2. 最低6つのSpecial Offersの登録手続きをしていること

  3. 最低10,000 Special Offers pointsを持っていること

でなることができます。

ちなみにGold Club Pointの貯め方は、

  1. 1日で30分以上CashFiestaをアクティブにすることで1ポイント(毎日獲得可能)
  2. 自分の紹介者のCashFiesta利用状況により1ポイント獲得(毎日獲得可能)
  3. 直接の自分の紹介者数に応じて最高15ポイント獲得(毎月〆)
  4. レベル2以下も含めた全紹介者数に応じて最高15ポイント獲得(毎月〆)
  5. 直接の紹介者のCashFiesta利用状況による調整によりポイント増減(毎月〆)

です。

Special Offersについて
Special OffersとはCashFiestaの提携企業のサービスに登録することによって得られる特典のことです。
Special Offersに登録するとポイントの換金レートがアップします。(下図参照)


Special Offers 登録数

レート

0$0.010
1$0.410
2$0.333
3$0.500
4$0.660
5$0.830
6$1.000
GOLD$1.666

6つのSpecial Offersに登録すると1000P=1.000$にもなりますのでできる限り多くの登録をオススメします。

登録する上で注意がいくつかあります。

  1. 登録するときはCash Fiestaで使用したメールアドレスを使うこと。
    会員の識別をメールアドレスで行っているのでアドレスが異なると認識されません。

  2. 必ずCash Fiestaにログイン後に登録を行ってください。
    ログインしているか確認して、Chash Fiesta内のページから提携企業サイトへアクセスしてください。

  3. 登録が反映されるのは4~8週間後です。

しばらくかかるので気長に待ちましょう。

小切手の両替について
最低支払額に達すると請求ボタンが表示され、請求すると郵送で小切手が送られてきます。 請求しない場合はそのまま貯めつづけることができます。ドルの小切手の場合、基本的に口座を開設している銀行で換金をおこないます。外貨両替などの窓口で対応してもらえます。小切手1枚毎の手数料は1000~2500円以上と結構取られます。また、外貨預金口座を開設すればドルのまま入金してもらうことも可能です。(詳細は各銀行の窓口で尋ねて下さい。)注意にもありますが枚数分、手数料を取られるので一枚あたりの換金額が大きいほうが得です。こまめに換金するよりもなるべくポイントを多く貯めてから換金しましょう。-注意-

  • 小切手の換金手数料は小切手1枚毎にかかります。何枚かをまとめても枚数分だけ手数料を取られます。
  • 小切手には有効期限があり、特に指定のない場合発行日から6ヶ月です。
  • 通常口座に振り込まれるまでには、2週間以上かかります。
  • 換金レートは最新の為替レートではなく換金専用のレートで換金されます。

退会について
退会する場合は下記の文面の太字を書き換えて cancel@cashfiesta.com 宛に送信します。

  • 登録したメールアドレスで送信する必要があります。
  • 太字全てが登録内容と合致しないと退会できません。

件名 : Dear Webmaster! あて先 : cancel@cashfiesta.com

--------------------------本文ここから--------------------------
Dear Webmaster!
I am "MemberID:"貴方のユーザーID".
Sorry I wish to Unsubscribe.
Thank you.
"名前 苗字"
"登録したメールアドレス"
--------------------------本文ここまで--------------------------

あとはCashFiesta.exeの入っているフォルダごと削除すれば、アンインストール完了です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アパルトヘイト

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年8月 6日 00:00
  • その他

はじめに

ある新聞記事が、すでに撤回されたはずの南アフリカ共和国による人種差別政策(アパルトヘイト)の傷跡を知らせていた。調べてみると、実際アパルトヘイトがなくなった今でも、色々と問題はあるようであった。 そこで、南アフリカ共和国の歴史とアパルトヘイトが施行されるようなるまでの変遷を追い、アパルトヘイト撤退後の現状の問題を観ていきたいとおもう。

アパルトヘイト撤廃までの歴史

起源は、大航海時代まで溯る。南アフリカははじめオランダの植民地として支配されていた。正確に言えば、1602年にオランダに東インド会社を設立しその後、1652年に民間の入植者をオランダから受け入れ、増えてったオランダ移民(ボーア人)が住民から土地を奪っていって、ケープ植民地を作った。その頃から、奴隷制度を積極的に導入し、また、ケープで成功を収められなかった人々は、徐々に東方や北東に移動・拡大していった。1795年にイギリスがオランダからケープ植民地の支配権を奪い、イギリスの支配が始まるが、それと同時期に奴隷制度を廃止していた。その4年後の1799年にオランダは東インド会社を解散した。そのことで1814年には正式にイギリス領となったが、オランダ移民は北方に移住しナタール共和国を建国するも、イギリスに敗北し、1830~40年にオランダ移民はより内陸部へと移住(グレート・トレック)を余儀なくされた。1852年にトランスバール共和国、54年にオレンジ自由国を建設し、そこでダイヤモンドが発見された。話が少し前後するが、最初に発見されダイヤモンドにまつわる話があった。 「1866年、南アフリカの大地で一人の農夫が石を拾った。光る石である。その3年後に羊飼いも光る石を拾った……羊飼いはその石を、牛十頭、羊五百頭と交換したという。ほどなく、後に『アフリカの星』と呼ばれる巨大なダイヤモンドが採掘された。オランダで二つにカットされたひとつは530カラット、イギリス王室のシンボルである笏に取り付けられた。もうひとつは317カラット、これは王冠に嵌め込まれた。ついで100個以上のダイヤが誕生し各地に渡った。合計3106カラットである。」 【http://www.3ac.co.jp/wed/rekishi/09c6c001.html - top:9/11】 その次に年には、ダイヤモンド鉱脈をオレンジ自由国で発見され、1886年には、トランスバール共和国で金脈が発見された。 「この頃は、1869年にスエズ運河が完成し、ヨーロッパ船は地中海からインド洋に抜けることができるようになった。そのため、東方貿易の中継基地としてのケープ植民地の意義が、著しく低下していた時期に当たる。また、アメリカやドイツの台頭により、世界の覇者としてのイギリスの地位は脅かされつつあった。これらの要因が重なり、南アフリカの戦略的重要性が高まることとなる。」【http://www.yata.co.jp/safrica/about01.htm:9/11】 現在南アフリカ共和国は4つの州からなっている。その州とは、ケープ、ナタール、オレンジそして、トランスバーグである。ケープとナタールはイギリス領であり、オレンジとトランスバーグはオランダ移民領である。また、この両州同士は対立し戦争へと発展していった。その戦争は、1880~81年にかけて起こった第1次ボーア戦争と1899~1902年に起こった第2次ボーア戦争である。ボーアとはオランダ移民のことをさすが、オランダ移民のことをアフリカーナとも呼ぶ。結局この戦争の結果イギリスが勝利し、1910年にイギリス自治領南アフリカ連邦が発足し事実上、南アフリカはイギリス領となった。 1911年に、白人労働者の為の最初の人種差別法、鉱山・労働法を制定し、1913年には土地法が成立した。この土地法というものは、南アフリカの一部の農村地帯をアフリカ人向けの居住地に指定するというもので、これ以外の土地ではアフリカ人は土地の購入や賃借が出来なくなるというものであった。そして、この法律の制定によりアパルトヘイトの枠組みが出来た。1934年にはイギリス連邦内で独立を果たし、その2年後の1936年以降より黒人の参政権は剥奪され、よりアパルトヘイトは強化されていった。 第2次世界大戦後の1948年に初の総選挙が行われ、そのときの与党である連合党と野党である国民党の一騎打ちとなり、アパルトヘイトをスローガンに掲げ国民党が政権を握ることになる。その国民党は、1950年に人民登録法を制定し、1959年にはバントゥースタンを作る。このバントゥースタンは白人国家から黒人国家を分離する政策である。これにより、事実上アパルトヘイトは完成する。 南アフリカはその後の1960年に共和制に移行し、その1年後にはイギリス連邦から脱退した。70年代末からは、武力闘争を強化し、南アフリカの内紛は激化する。78年に発足したボタ政権では黒人以外の有色人種を体制内に取り込み、多数の黒人と分断、84年9月に白人、カラード(混血)、インド系の3人種体制が確立した。その結果黒人の暴動はさたに激化・頻発し、政府は86年6月に全土に非常事態を宣言。アメリカやヨーロッパ連合(EU)などは、対南アフリカ経済制裁を実行した。 1989年9月にボタ大統領辞任を受けて、デクラークが大統領に就任し、91年6月にアパルトヘイトの根幹である人種登録法、集団地域法、土地法を全廃し、事実上アパルトヘイトは廃止された。

アパルトヘイトと反対運動

そもそもアパルトヘイトとは、オランダ語で「隔離」を意味する。(正確にいえば、アフリカーンス語となるが、ドイツ語に近い語であることからオランダ語が変化したのだと思われる。また、アメリカ最高裁が1896年に『分離すれども平等』という判決によって人種差別を養護したことに起因するとも言われている。なぜなら、南アフリカの白人はこのアメリカ製の修辞を用いて人種差別を否定していたからだ) そして、一般的に知られるものは、南アフリカの人種差別政策である。先に歴史の部分で挙げた法律を見てもらえばわかるが、アパルトヘイトは黒人を白人から隔離することが目的である。また、アパルトヘイトに基づく具体的な法律は、土地法、人口登録法、不道徳法、雑婚禁止法、集団居住地法、公共施設分離法が挙げられる。 南アフリカには少なくとも3つの民族が生活している。それは、はじめに入植したアメリカーナ(オランダ移民またはボーア人とも言う)と、イギリス系移民、そして原住民であるアフリカ系黒人である。アパルトヘイトとは、言葉を見てもわかるようにアフリカーナ(オランダ系移民)の国民党による政策であった。 また、アパルトヘイトを作らなければならなかった理由が2つあるとも言われている。 「一つは南アフリカ戦争によるアフリカーナの貧困の激化、もう一つはアフリカーナの信仰するオランダ改革派教会の教義に由来する。それは、全ての人間は神に救われる物と救われざる物に分かれ、非白人は生まれつき白人の下僕になることが運命づけられているというもの」 【http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6112/katudou/20010416.html:9/11】 この中に出てきた南アフリカ戦争というのは、第1次、2次ボーア戦争のことである。アフリカーナは、戦争と民族移動をしたためにイギリス系白人よりも生活水準が低く、よりやすい賃金で働くアフリカ系黒人との中間に位置していた。入植者には、新教徒が多かった。ユグノーやオランダ改革派などのカルヴァン派は選民思想を持ち、教義中の運命予定説は人種差別を神学的に裏付けた。すなわち、神は黒人を白人の奴隷として作り賜うたという世界理解である。 1948年の総選挙で国民党が勝利したことにより、政権を樹立し先の2つの理由を表現することとなるが、いかなる理由があろうとも、人種差別を目的とした法律を施行して良い訳も無く、勿論この政策に対する先住民族である黒人達は反発した。その主な団体にネルソン・マンデラ氏が属するアフリカ民族会議(ANC)があった。その他にも、南アフリカ・インド人会議(SAIC)と、後にアフリカ民族会議から分裂するパンアフリカニスト会議(PAC)があった。 1955年に「ANCとSAICなどによりクリップタウンで『南アフリカは、黒人、白人を問わす、そこに住む全ての人々に属する。』という文言で始まる『自由憲章』が採択される。」 【http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6112/katudou/20010416.html:9/11】 しかし、政府はその集会に集まった群集を解散させ、1956年に中心的活動家を反逆罪で告訴した。 イギリス連邦から脱退する前の年である1960年に、シャープビル虐殺事件が起こっている。これは、PACの呼びかけに集まったアフリカ人群集に向かって、警官隊が一斉射撃を行い67人が虐殺され、170人が負傷、ANC、PACが非合法化され大衆運動を力で押さえ込むような政策をとった。それにより、約2万人が逮捕され、その中にはANCの最高指導者であったネルソン・マンデラ氏もいた。彼は非武力闘争を続けていたが、政府の武力での取り締まりに対して武力で応じることを決意するが、この武力闘争によって終身刑を受けた。 76年にソウェト蜂起事件が発生し70年代末になると、アパルトヘイト打倒を目指すANCが武力闘争を強化した。 ボタ政権での非常事態宣言は、各国の非難を呼びそのことになった。 「それに対する弁明は、 『各民族が自己の個性を保ちながら、他の民族の個性を尊重して独自の発展を追求』するために必要だというもの。」 【http://www.kitakyudai.net/~rateken/study/nijinokuni.htm:9/11】 であった。 世界には人種差別を行っている国は、多数あるはずなのに、なぜこれほど国際的に非難を浴びたのだろうか。その理由は、南アフリカでは人種差別が合法であったためであり、差別しないことが違法とされたからである。 こうした国際世論の高まりによって、デクラーク氏が革命を主張し選挙戦で勝利を収めることになる。1991年にはアパルトヘイトは撤廃されるが、白人のみの国民投票では3割の人々がまだこの人種差別政策を続けたいと思っていた。

アパルトヘイト撤廃後

1990年にネルソン・マンデラ氏釈放をきっかけとして、翌91年には全政治犯を釈放し、同年6月にアパルトヘイトが撤廃された後、12月には政府やANCなどの主要政治勢力19団体が参加して「民主的な南アフリカを目指す大会」(CODESA)第1回全体会議が開かれて、本格的な制憲交渉が始まった。しかし、1992年5月のCDESA第2回全体会議で交渉は決裂し、ANCは翌月の6月に交渉から離脱した。「独立」ホームランド(1959年のバントゥースタンによって隔離された黒人民族別居住地域であるが、70年からホームランドと呼ばれ独立を与えられていた)シスカイでのANCデモ隊に対する発砲事件を受けて9月にデクラーク大統領とマンデラANC議長の首脳会談が行われ、けん制交渉再開に合意した。国内政治勢力26団体が参加した多党間制憲会議は、1993年7月に全人種選挙の94年4月実施で合意した。同年12月にはデクラーク大統領とマンデラANC議長がノーベル平和賞を受賞。 94年4月26~29日に実施された全人種選挙では、下院(国民議会)や州議会の選挙には19政党が参加、約2200万人の有権者が投票しその結果、下院は、ANCが有効投票数の62.6%を得て圧勝した。州議会選挙でも、ANCが首都圏、東ケープなど7州で過半数を制した。これは、国内の黒人の約77%に支持された結果となる。 この選挙結果によって、マンデラANC議長は94年5月9日に下院で大統領に選出され、南アフリカ史上初の黒人大統領として10日に就任し、その就任式で人種融和に向けた新国家建設を宣言した。このとき、マンデラ氏は76歳であった。また、第1副大統領にはANCのムベキ氏が、第2副大統領には国民党のデクラーク氏ガ就任し国民統合政府が成立する。 マンデラ大統領は、就任後にまず貧困問題に着手した。選挙前から打ち出していた公約の格差を是正する復興開発計画(RPD)を進めた。その内容は、住宅の建設、電化・上下水道の整備、土地の再配分、雇用創出などといった貧困層向けの社会政策であった。RPD事務局が1995年に発表した報告書によれば、南アフリカの約半数の52.8%もの人が貧困とされ、この人たちの失業率は50%の水準に達していた。人種別では、貧困層の94.7%を占めているのはアフリカ系黒人である。現在の日本も不況にあえいでいるが、先日の失業率5%とは比べ物にならない比率である。失業率50%とは、国の存亡にも関わってくると思われる比率だと思われる。 1996年には、マクロ経済成長戦略(GERE)を実施している。これは、成長、雇用、再配分と題された包括的なマクロ経済政策である。 その後、1999年からマンデラ氏の跡を受け継ぎムベキ氏が大統領となっているが、政策のほうはうまくいっていないようである。この年の経済成長率は0.7%で、失業率は30%以上でアフリカ系黒人であれば、40%以上だという。まだまだ、再生には時間がかかるようである。また、この貧困は犯罪件数の増加にもつながり、南アフリカでは凶悪犯罪は後を絶たないという。

新聞記事について

001年9月9日付けの朝日新聞に、「心臓移植と人種差別主義」と見出し付けたれた記事があった。(資料編①参照) 黒人男性の死体の心臓を白人男性に移植したことが、この医師を「差別主義者」だと位置付けたらしいが、よく南アフリカの歴史を見て見ると、そういったことは必ずしも当てはまらないといえる。この記事では、1652年以来18世紀まで現地女性との間で子どもを作ることを奨励していたとある。
「一七ー一八世紀には植民地の労働力の確保のため、マダガスカル、インド、セイロン、インドネシアなどから奴隷が輸入された。白人男性と女奴隷との婚外交渉によってたくさんの子供が生まれ通常は奴隷となったが、女の子の中には白人男性の妻となるものもいた。そのため、アフリカーナ(オランダ系白人は自分たちをこう呼ぶ)の血には非白人の先祖の血が混じっており、現在でもアフリカーナの両親から色黒で髪の毛の縮れた子供が生まれることがある。」
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1212282.htm:9/11】 南アフリカ
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ネットカジノ

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 6日 00:00
  • その他

インターネットでは、誰でも簡単に小遣い稼ぎができるという幻想があります。その代表されるものがアフィリエイトですが、それ以外にも、インターネットカジノというもの存在しています。

これらのゲームは無料で遊べますが、リアルマネーでも遊べるというテーブルゲームです。国境を越えてプレイできるというスタイルは、ラスベガスなんか目じゃありません。

Casino GlamourCasino TreasureImperial Casinoの3つは、世界最大規模で、最も歴史のあるインターナショナルなオンラインカジノです。1996年にその母体となる会社が、ゲームのプロフェッショナルの徹底的育成を開始後、1997年初めにプレーヤーにサービスを開始しました。処理する金融取引額は、毎年約5億ドルにも上り、世界中200ヶ国以上からの1億以上のゲーム取引を行っているという実績のあるカジノです。信頼性と利便性は折り紙つきのようです。初回登録者にはボーナスチップが出るなど、初心者向けのカジノゲームのようです。ビッグウィナーともなると$100,000も儲かっています。(ちなみに、換金は米ドルで小切手での発送が基本になるようです)アメリカの宝くじを買うんだったら、こっちのほうが手堅く儲けられそうです。
この3つに関しては、同じ内容ですが行っているキャンペーンの内容と、雰囲気が違うようです。データ自体は同じものを利用しているみたいでした。


ちょっと違うのは、Everest Pokerでした。これは、カジノというよりは賭けポーカーのウェブ版です。このゲームもどうやら歴史は古いようで、 史上初の多国語ポーカープロダクトだそうです。
ベースは上記の3つと同じなのですが、ポーカーに特化したオンラインゲームです。一人でも複数でも楽しめるのですが、マルチプレーをする場合は世界中の人とプレーができるというわけです。言葉は通じずとも、ルールは同じなので一人で練習してポーカーの世界レベルに挑戦。。。というのも面白いかもしれません。
また、オンラインゲームなのでイカサマというのはやりにくいのではないでしょうか?
とはいうものの、イカサマが発覚したらかなりのニュースになると思いますが。。。サービス開始時よりフェアプレーを自負しているようです。
それと、トーナメント制というものがありますが、シングルテーブルとマルチテーブルの2種類から選べるようです。シングルテーブルのほうは無料で参加して、リアルマネーを勝ち取るというノーリスクスタイル。マルチテーブルは複数のテーブルで行われる方式で初めにチップを購入しなければなりません。そして優勝者にはそのすべてのチップを得る権利が与えられるという仕組みのようです。こちらは、リスク・アンド・リターンです。

実は、ギャンブルは一切しませんが、仕組みとしてはかなりしっかりしたものだと思いました。
またテーブルゲームという大人から子供はもちろん、世界中の人が楽しめるという点を考えるとネットゲームではかなり成功しているモデルなのではないでしょうか?
ただ、ギャンブルとして実際のお金がかけらるという点においては、子供にはさせられませんね。

ネットでお金儲けするもう一つの方法として、こうした方法もあるのだと、知りました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

世界統一のシナリオ

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 4日 00:00
  • その他

最近読んだ本に、「秘密結社の暗躍―世界史ミステリー 」というものがあります。「本当は恐ろしいグリム童話 」で有名な桐生 操さんの本です。
全体の内容は、これまで歴史の陰に隠れていた秘密結社についての話ですが、その中でもフリーメーソンの話は面白かったです。
以前、講談社現代新書のフリーメーソンの本を読んだこともあって、知らないこともなかったのですが、これまでの歴史を陰で操っていたという内容は衝撃的でした。
特に、アメリカ合衆国はフリーメーソンが作った国だ。という点には納得させられました。
ジョージ・ワシントンを初め歴代の大統領のほとんどがフリーメーソンだったという事実が、説得力を与えます。

そもそも、アメリカには、様々な団体や秘密結社が存在していると言われます。人種の坩堝と言われるだけ公式な存在から非公式な存在まで、その数は他国の追随を許しません。
中でも、ユダヤ、WASP、フリーメーソンはその中でも絶大な権力を持っていると言われています。アメリカの大企業のうち実に50社は、ロックフェラー財団関連(ユダヤ)と言われています。イスラエルの建国にはアメリカは深く関与していますが、元を正せばアメリカのユダヤ人によって作られたと言っても過言ではありません。また、あまりなじみがないWASPとは、ホワイト・アングロ・サクソン・プロテスタントの略語で、メイフラワー号に乗ってイギリスから逃れてきたイギリス人を先祖に持つ人たちのことを言います。
彼らは、主にアメリカ社会の上流階級(アッパークラス)に位置し、自分たちとそれ以外の人種を区別する際にこの言葉を使います。
また、WASPには、「スズメバチ」という意味もありそれ以外の人からは差別的な要素を含めてそう呼ばれることもあります。

アメリカは自由と平等の国とよく言いますが、実際は人種が入り乱れ、かなり差別的で閉鎖的な社会構造なのです。
ただ、アメリカ建国の際に掲げられたこの理念こそが、フリーメーソンの理念である「自由と友愛」なのだと言われています。はじめは、フランス革命から端を発し、次いでアメリカ独立宣言、ソビエト連邦の樹立はフリーメーソンの手によって行われたと、「秘密結社の暗躍―世界史ミステリー 」にはありました。また、近年ではEUの統合もフリーメーソンが裏で操作しているのだと言います。この本では、フリーメーソンの最終目標は「統一政府/統一宗教」というものだとありましたが、その手始めとしてヨーロッパの統一が行われたのだと言います。また、今バチカンにはかなりの数のフリーメーソンが入り込んでいてローマ法王ですら、手をこまねいていると言います。
ただ、それが悪いことのように思えないのは様々な文化や宗教が戦争の歴史を作ってきたという事実を知っているからなのでしょうか。

戦争と言えば、アメリカは10年に一度大規模な戦争をしなければ経済は崩壊してしまうという話があります。これは、ある友人から聞いた話ですが、第2次世界大戦以降のアメリカの戦争介入を見ていると説得性が高かったです。また、JFケネディ(彼自身は、アイルランド系アメリカ人でフリーメーソンですらありません。父は、一代で富を気付いた実業家とされていますがマフィアとの癒着なども噂されていました)暗殺にも戦争の利害関係が存在していたと言うことは、映画「JFK」にも描かれています。JFK暗殺の一説には当時の副大統領が関与していたというものがありました。(JFK暗殺には諸説ありますが、もっとも有力な説とされています)後に大統領となったリンドン・ベインズ・ジョンソンはテキサス出身ですが、現在のブッシュ大統領もテキサス出身です。
このテキサス州というのは油田開発が主な産業で、地元はもとより国内でも絶大な権力を持っていると言われています。
石油は工業製品の製造にはなくてはならないものですが、特に儲かるのは「戦争」なのです。戦争では兵器はもとよりそれを動かす燃料もすべて石油製品に依存しています。テキサス州出身者が大統領になるときはたいてい戦争が起こっています。現ブッシュ大統領の父もやはり、戦争に介入しました。湾岸戦争です。国籍軍が30ヶ国ほどで結成されたことから「30の敵戦争」或いは「ブッシュ戦争」などと呼ばれていますが、このときは、明らかに誰にでもわかる正義が存在していました。
あれから15年、息子は父親と同じ戦争の道を歩んだのです。このは対テロ戦争を「第三次世界大戦」とも称していますが、キリスト教では3度の世界大戦の後、1000年間の平穏が訪れるという言われています。とすると、もうすぐ平和な世界が訪れるのでしょうか??そうなれば、いいですね。

既に次の1000年期に入っていますが、これもアーリア人のシナリオであって、中東、アジア、アフリカにはまた別のシナリオが用意されているのだと思います。特に中東のイスラム圏では、原理主義が存在する以上こうしたシナリオに反発する勢力は衰えることはないでしょう。しかし、アジアは既に欧米の文化圏が主流になっているので安心かもしれませんが、大きなズレに生じる可能性の高い北朝鮮の存在もありますし、東南アジア、インド、パキスタンはそのシナリオには無論反発する可能性は残っています。

アフリカは、まだ未知数ですがフランスの植民地だったという経緯を持つ国が多いのと、文明事態を拒否している国々はまだまだあります。ただ、民族間の紛争がおこっているということは、反発する勢力はここにもまだ存在するということです。

統一世界の実現にはあと数世紀の時間がかかると思いますが、それでも着実に進行しています。
近い将来、闘争のない世界が実現する日がくるのではないでしょうか?ただ、その世界がすべての人にとって幸せなものであるかどうかは、別です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

社会統計

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 2日 04:00
  • その他

社会統計とは、社会の状態を示す数字

  1. 大量観察・・・ある種の規則性を示す。

    理論と照らし合わせて、発見していく(全体)

  1. 大数観察・・・部分的なものを幾度も調査し、規則性を発見する。

          (部分的連続)

なぜ統計を学ぶのか?

  • これから、ますます統計の需要が増し、必要性が高くなるから。
  • 国民は政府の情報を知る権利があり、国民が内容を理解するためにそして、無駄な統計を減らす監視をしなければならない。
  • 自分自身が調査を必要とする職業に就いた時に、必ず知っておかなければならない。

統計の種類

  1. 事例調査・・・特定の人々を調査する(小数調査)
  2. アンケート調査・・・手当たりしだいに大勢を調査する。誤差が計算できない。
  3. 統計調査・・・数字の上で確率論が成立し、最も信頼できる調査

準備段階・・・目的をしっかり定める。

何を調査するか?調査事項、調査の時期、統計表をどう作るか?

組織化をはかり、スケジュールを作る。

調査員を育成、指導する。試験調査(テスト・リサーチ)

広報・宣伝活動

 調査段階・・・調査員が主に円滑に調査するが、郵送などもある。

 公表段階・・・統計を出し、公表するまでの作業だが、記入漏れやみ記入がある場合があるが、注意事項に加える場合が多い。

 代表値・・・一言でグラフをあらわす方法

  • モード(mode)
  • メディアン(median)
  • 平均値(何種類かある)
  1. モード(最頻値)・・・1番集中の度合いが高い値がすぐわかる方法

 グラフで見たとき一番高い値を含む級をモードという。

  1. メディアン(中位数)・・・全体を二等分できる値(ちょうど半分に    なる)

人口統計

  • 静態統計
  • 動態統計
  • 移動統計

人口属性・・・性、年齢

経済属性・・・職業、産業

社会属性

の調査が可能

平均値(算術平均値)・・・変数の総和を、その項数で割って得られる値

年齢構成の指標

  • 老齢人口比率(老齢人口構造係数)
  • 老齢人口指数
  • 年少人口指数
  • 従属人口指数

出生

  • 普通出生率=出生数/総人口×1000
  • 合計(特殊)出生率・・・各歳別の(特殊)出生率を合計したもの

死亡

  • 普通死亡率=死亡数/総人口×1000
  • 生命表(平均寿命)

平均値

算術平均

幾何平均・・・比率、増加率を比較する場合に使用

  • 毎年の増加率などを算術平均で求めると、数が合わなくなってくる。そのために幾何平均を使用する。

労働統計

  1. 労働者階級の構造・・・①数と構成 ②雇用と失業 ③労働の移動
  2. 労働諸条件・・・①賃金 ②労働時間
  3. 労働者の消費生活
  4. 労働運動

経済活動の有無

  • 経済活動人口・・・就職者、休業者、完全失業者
  • 非労働人口・・・専業主婦、学生、その他

平均偏差、分散、標準偏差・・・分散の度合いに必要な方法

散布度・・・平均偏差、標準偏差

平均値・・・算術平均、幾何平均

比率

  1. 構成比率・・・百分率% 千分率%o 百万分比ppm
  2. 関係比率・・・対立比率(人口密度、事故率)、発生比率(出生率)

増加率・寄与度

対前年増加率・平均増加率

特化係数・・・平均1

寄与度・・・増加率×構成比

寄与率・・・寄与度/寄与度の合計×100

相関(Correlation)多変量分析(解析)

回帰分析(Regression)

相関係数・・・(偏差積和・偏差平方和)

順位分析

標本調査とサンプリング

母数特性値・・・母数、パラメータ

標本特性値(統計量)

無作為抽出(ランダムサンプリング)

抽出単位(サンプリングフレーム)

乱数表

ランダムサンプリングの方法

一定のサンプリングフレームに含まれる全ての抽出単位から、一定の抽出率に基づいて無作為に標本を抽出する。

特性値から母集団の母数(パラメータ)を抽出する方法

    • 単純ランダムサンプリング
    • 2段(多段)サンプリング
    • 系純サンプリング
    • 層別サンプリング

標本誤差・・・母平均 μ  母偏差 σ  標本平均 

       標本偏差 S

標本偏差は正規分布(確率分布の一つ)する→ポアン分布

標本平均の標準偏差

誤差/中心極限定理

検定・推定

点推定、区間推定

標本の平均偏差での推定

対象の平均+標本誤差

まとめ

記述統計・・・大きさ、代表値(モード、メディアン、平均)、分散度

推測統計・・・数理統計

算術平均、数何平均、調和平均

比率(構成、関係)

相関係数、変動係数

○標本調査の原理

  1. 無作為抽出と正規分布の性質(中心極限定理)
  2. 標本平均の標準偏差
  3. 標本比率の標準偏差

○推定(標本値からの)

  1. 母集団平均=標本平均
  2. 標本平均の標準偏差
  3. 標本比率の標準偏差

○仮説検定

H0=帰無仮説

H1=対立仮説

○相関関係と回帰方程式

複数の変数の関係がどれくらい強いか弱いかを調べる

e.g.身長、体重

○集団の記述

代表値  1.モード、メディアン

      2.平均値  算術平均、幾何平均、調和平均

 散布度  1.平均偏差

      2.分散

      3.標準偏差

      4.変動係数

       (偏差値)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アイヌに関するレポート

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 2日 03:00
  • その他

はじめに

 日本民俗学に於いて、数多く研究されている分野の一つが「アイヌ文化」である。今回のレポートでは、アイヌ人とはどのような人々であるかということを、簡単にまとめた初級アイヌ民族入門とも言えるものである。この分野のより深い研究においては、多くの高名な先生方の著書にゆだねることにする。

アイヌ人とは

 アイヌ人のおもなイメージは、伝統的な衣装に身を包み勇壮な風貌で立っているというイメージが強い。なぜなら北海道に行けば、必ずみやげ物屋に置いてあるタペストリーやのれん、置物は同じようなデザインであるからだ。また、大和民族とは違い毛深いということも言われている。この身体的相違が、差別を生み「アイヌ人」と一言でいうと、差別用語に当たるといわれる場合がある。

http://www.osamushi.com/about_kinshi.html:差別用語について 参照】

しかし、アイヌの人々を語る場合他の民族との比較から、「アイヌ人」を使用することには、何ら問題は無いと思われる。この言葉を使うことに悪意が無いことをはじめに断っておきたい。

アイヌ人とは、アイヌ語を話しアイヌの音楽、舞踏、工芸やその他の文化的所産を継承、発展させてきた人々のことをいう。要するに、文化人類学における民族区分を当てはめたものと考えてもらえばいい。アイヌ(aynu)という言葉は、アイヌ語で、「人」「人間」という意味で使用される。また、アイヌ人の精神観(宗教観)も他の民族とはことなる特徴をもつ。

 アイヌ人の信じる神は、カムイ(kamuy)といい生き物に限らず、火、水や雷などの自然現象、果ては人間の作り出した舟などの道具や物など、身のまわりの事象にカムイの存在を認めている。これは、神道における八百万の神々という概念に類似しているが、八百万の神は神社や祠、お稲荷様といった形で祭られていることが多いため、アイヌ人の言うカムイとは異なる。また、カムイは普段はカムイモシリ(kamuy-mosir) といわれる神の世界に住んでおり、人間と同じような姿で生活していると考えられているが、カムイがアイヌモシリ(aynu-mosir)と呼ばれる人間の世界にやって来る場合に動植物、自然現象や人間の作りし物に姿を変えてやってくると考えられている。アイヌ人は、このように我々の存在する現象界にはさまざまなカムイが存在するとする自然観・精神観を持っている。

アイヌ人のルーツ

 アイヌ人のルーツは、一般的に南方系モンゴロイドではないかといわれている。これに対し、和人は北方系モンゴロイドの影響を強く受けたのではないかと言われている。

「縄文人の顔を想像してみる。顔形は骨からわかる。それ以外のところは何からわかるかというと、いちばん確実なのはDNAである。縄文人の骨から採ったDNAとアイヌの人たちのDNAを比べたところ、非常に似ているということが最近わかっている。だから風貌は、アイヌ人のようだったかもしれない。またインドネシア人などの顔の形と非常によく似ていることから、その人たちの持つ目鼻の細かい特徴もあったのかもしれない。 また縄文時代の遺跡からは、ピアスのイヤリングをした土偶や、大きな耳飾りが見つかっている。縄文人は、大きな耳飾りをしていたらしい。大きなピアスを入れられるということは、縄文人は耳たぶが大きかったということだ。いわゆる福耳だったらしい。それも南方アジア人によく似ているところだ。」【馬場 悠男:

http://www.wnn.or.jp/wnn-history/jomon/sannai-file/other/other/other.html 】

「縄文人やその祖先である港川人(※沖縄で今から18000年昔の人骨が発見されている)の顔と、弥生人やその血を色濃く受け継いでいる古墳時代人、鎌倉・江戸時代人のような人たちの顔にはギャップがある。 どうも縄文時代と弥生時代の間で、何かがあったらしい。これは生活環境が変わったということだけでは考えられない話である。実は大陸からたくさんの人々が渡ってきて弥生人となったのだ。 私たちの祖先は、どこからやってきて、どう混ざり合っているのか。 まずは「縄文人」の流れをみていくが、恐らくインドネシア付近の南方アジア人が今から約三万年前にやってきたのではなかろうか。それが日本列島で港川人となり縄文人となった。そういう考え方がかなり代表的なものとしてある。 私自身は、縄文人が南方からやって来たと無理やり考えるよりは、縄文人はもともと日本にいたと考えてもいいと思っている。」【馬場 悠男:

http://www.wnn.or.jp/wnn-history/jomon/sannai-file/other/other/other.html 】

 また、余談ではあるが縄文人の特色を色濃く残しているのは、アイヌ民族だけではない。沖縄人も、縄文人の特色があるといわれている。

「アイヌ人のルーツは、一説では次のように言われている。縄文時代以前、 まだ陸続きだった大陸から南方系モンゴロイドが移住してきた。そして、 弥生時代以後、北方系モンゴロイドの影響を受けたのが現在の和人であり、 あまり影響を受けなかったのが琉球(沖縄)人とアイヌ人だというもので ある。」【城口千純:http://www.w-digest.com/mm/mm0002/bk/000018.html 】

 私の見解では、氷河期の陸続きであった時代に縄文人といわれる南方系モンゴロイドが、日本へ移って来た。その時、そこに留まるものもいたが、どんどん北へ北へと移動して行ったと思われる。とすると、弥生人が大陸から入ってくるまでは、縄文人が日本のほぼ全土で生活していたと考えられる。これは、歴史的視点から裏付けられる。

(図1)

【いつから日本の歴史に登場するか:

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm04_rks02.html 】

図1は、日本の正史とアイヌ史(北海道民俗史)を比較したものであるが、北海道に人が住みつき始めたのは、今から約30000年前(先土器時代)とされており縄文人の出現が、本州では、B.C.90年、北海道ではB.C.70年と20年のブランクがあるが、その間に移動してきたのではなく、その時点で移動自体が完了したのではないかと思われる。

「北海道に人が住みついたのは、いまから約30000年前(先土器時代)といわれています。静内では、約9000年前から人が住んでいたことが遺跡の調査によって確認されています。その後、約2000年前まで縄文時代がつづき、古墳、奈良、平安時代と移りかわり鎌倉、室町時代には、アイヌ文化になっていたと考えられますが古墳時代以前土器・石器を使っていた人々と、鎌倉・室町時代以降のアイヌの人々が、まったく違う民族とは考えにくいのです。それは文化の差にともなう民族移動の記録、伝承がまったくみられないからです。古い時代から周辺の民族との混血はあったと思われますが、基本的には同じ民族であることに変わりはなかったといえます。」

【静内地方のアイヌ文化:http://www.hokkai.or.jp/shizunai/roots/ainu01.htm 】

 アイヌの歴史には、正確な記述が無いため口頭による伝承(口承)を研究するほか無いが、人種間の移動の歴史はDNAに記述がなされている。DNAは、人が文字を使った記述を行うより正確な事実が見出せる。

「チリの北カトリック大学には、約6000年前のミイラが保管されている。この古代ミイラからミトコンドリアDNAを抽出し、現代のアンデスの人々のDNAと比較してみる。 インカ帝国の首都だったクスコの町、今でもアンデスの中心都市である。そこに先祖代々、居住しているラウル・アパルさんよりDNAを抽出し、ミイラと比較する。今まで過去58体のミイラからミトコンドリアDNAの抽出に成功、それら58体のミイラとラウルさんのDNAを比較した結果、12体のミイラのDNAの文字配列(564文字)が全て一致した。

すなわち、ラウルさんは約6000年前にクスコに住んでいた人々の子孫であることが、科学的に証明されたのである。

そして今度は、縄文人(アイヌ人)とラウルさんのDNAの比較。(アイヌ人は現代の日本人のなかで、もっとも縄文人に近いのである。もちろん、比較に使用されたアイヌ人の血液は、1970年代に採血された純粋なアイヌ人の血液からである。)564文字の文字配列のうち異なるのは、わずか2カ所だけであった!!これまでに調べられた全世界の2万7千人すべての人の中で、ラウルさんに最も近いのがアイヌ人だった。つまりアンデスに渡った人々と縄文人アイヌは同じモンゴロイドの中でも飛び抜けて近い関係であると判明した。

「北海道」と「アンデス」 地球の正反対に住んでいる人々の祖先は、かつてアジア大陸で一緒に暮らしていたことが、科学的に証明されたのである。」

【崩れ行くモルモン書 DNA鑑定による南米大陸にすむ人々の祖先:

http://www.linkclub.or.jp/~sigehata/indian.html 】

 上述のことは、縄文人(アイヌ人)とアンデスに渡ったモンゴロイドのDNA比較であるが、1万3千年前の氷河期にベーリング海峡を横断したとすることと、北海道に住んでいる人々(アイヌ人)の祖先と、アンデスに住んでいる人々の祖先が同じであるという事実は、アンデスに住んでいる人々の祖先は南方系モンゴロイドとなる。確かに、タイ人とペルー人を比較すると似ている気がする。また、アメリカインディアンの衣装と、アイヌ人の衣装も多少形は違えども、類似する点が多い。違いが見られるのは、生活環境の違いから身体を保護する様相が違うためと考えられる。

 この他にも、共通点が2つ考えられる。1つ目は、精神観が自然と強く結びついているということだ。自然崇拝といってもいいが、自然そのものを崇拝するという場合とそうでない場合があるため、得てしてその言葉をあえて用いなかった。だが、自然のあらゆるものに神が宿るという思想は、共通していえる。

 もう一つは、他の民族による弾圧である。このこともなぜか共通している。アイヌ人は和人に、アメリカインディアンは入植者であるヨーロッパ人(主にイギリス系ピューリタン)に、アンデス人はスペイン人にそれぞれ、土地を奪われ言われ無き弾圧を受けてきたという歴史がある。それは、マイノリティーであるが故のものであったのか、それともそれとは別に因果関係が存在していたのかは、わからない。

アイヌ民族の歴史

 アイヌ民族の歴史を調査することは、大変難しい。なぜならば、アイヌ民族は歴史を記録しなかった民族であるためである。口承文学というものがあるが、これはどれくらい歴史的事実を反映しているのか定かでなく、検討もまだ不十分である。そのため、外からアイヌを観た歴史的記述を主に用いるのだが、実際の歴史が正確に記されているとは限らないので、アイヌの伝承と比較しながら検討していくという作業を要するのである。

 多くのアイヌの歴史を記述した書籍があるが、実際に信頼度の高いものはないといってよく、アイヌ史は、研究され始めた領域といっていいだろう。

 アイヌが日本史に記述されたはじめのものは、『古事記』とされる。「『古事記』の中巻には、ヤマトタケルの説話があって、それには、東の「まつろはぬひとども<服従しない人々>」を平らげたとみえます。また『日本書記』[神武天皇]のところをみますと「えみしをひたり ももなひと ひとはいへとも たむかいもせす」という歌があります。歌の意味は、「えみし一人で百人に当たると人はいうけれども抵抗もしない」というのです。」

【いつから日本の歴史に登場するか:

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm04_rks02.html 】

 ここで、蝦夷(えみし)という言葉があることに注目してもらいたい。征夷大将軍とは、「平安時代初期に蝦夷征討のために置かれた臨時の官。794年大伴弟麻呂がはじめて任ぜられた。」【広辞苑:1214】このとき、大伴弟麻呂が遠征に行った先は、今の東北地方だといわれている。東北地方には、アイヌ語と思われる地名が数多く残っている。例えば、山形県寒河江市(さがえし)。サガエという言葉はアイヌ語だというひとがいる。個人的見解では、アイヌ語の「サカンケ(干す)」という言葉なのではないかと思われる。理由としては、寒河江市は山形盆地内に位置し、魚などは乾燥したものでなければ食べることは出来なかった。また、冬になると積雪により木の実や動物の影は消えてしまう。そのため、冬に備え食べ物を保存が利くように乾燥させなければならなかった、ということからも考えられる。

 その後も、征夷大将軍を駆り蝦夷討伐に向かった和人は、アイヌの人々を徐々に北のようへと追いやって行った。『古事記』や『日本書紀』が書かれた時代から累則すると、7,8世紀頃には本州にはアイヌ人はいなくなっていたと思われる。その後、江戸幕府の松前藩までは北海道に和人が正式に進出した記録が無いので、その間は平穏無事に北海道で生活していたと思われる。しかし、江戸期に入り松前藩が北海道に置かれるようなると、アイヌ人は次第に和人に支配される形になっていった。

 江戸時代の北海道は蝦夷地と呼ばれ、そこに松前藩がおかれていたということはよくごぞんじのこととおもいます。当時の北海道は米がとれませんでしたから、松前藩はたとえば加賀百万石というように米の取れ高によって藩の大きさを表すことができません。松前藩が一万石格などとされるのはそのためなのです。家臣の給料も米で支払うことはできませんから、松前藩では、主だった家臣に蝦夷地をいくつかに分割してその一部を与え、そこでアイヌの人々と交易することを認めました。これを場所といい、場所を与えられた家臣を知行主といいます。交易で得られた収入がその家臣たちの知行(給料)になるのです。

 はじめは、知行主が直接場所へ出かけ交易にあたっていましたが、後には商人が知行主に上納金(運上金=うんじょうきん=といいます)をおさめ、そこでの交易を請け負うようになります。これが場所請負制(ばしょうけおいせい)です。17世紀後半以降、アイヌの人々は、場所請負制の枠の中にはめられていき、商人の横暴による苦しい生活を余儀なくされます。

 ところで、松前藩は、アイヌの人々を交易の相手としてみていただけで、あまり彼らの生活に干渉しませんでした。ですから、よくいわれるような、松前藩がアイヌの人々に対して日本語を学ぶことを禁じたということはなく、場所請負の商人たちが、アイヌの人々を支配しやすくするためにとっていた手段なのです。

【江戸幕府や松前藩とアイヌ民族の関係:

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm05_rks03.html 】

 江戸期以降、明治、大正、昭和までアイヌ人は和人からは差別的扱いを受けていた。そのため、江戸期には大きな争いが3度も起こっている<資料1>。しかし、これらの争いはアイヌ人の敗北で終わり、そのことによりアイヌ人の立場はますます悪化の一途を辿ることになる。

 場所請負制はアイヌの人々及びその文化や社会生活に大きな影響をあたえました。極端な言い方をすれば、請負商人はアイヌの人々に対して生殺与奪の権さえもっていました。生産性を上げるためにはアイヌの人々を人間としてではなく、牛馬のように扱っていたのです。松前藩はこれら請負人の非道に対して何の対策も講じませんでしたが、松浦武四郎は『近世蝦夷人物誌』の中で松前藩や請負人を強く批判しています。この本は、たいていの図書館にもありますので、ぜひ一度読んでいただきたいとおもいます。

 江戸幕府の政策は、あくまでも国防という観点からのもので、積極的にアイヌの人々やアイヌ文化を守ろうとの姿勢があったわけではありませんし、明治政府は以後もまた同様でした。

【江戸幕府や松前藩とアイヌ民族の関係:

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm05_rks03.html 】

明治期に入ると、日本政府は、北海道の開拓にいっそう力を注いだ。和人であれば、申請すれば10万坪の農業用地が付与されていたが、アイヌ人は狩猟民族であるため土地という概念が少なく、字も読むことさえ出来ず、十分な説明もされなかったため農業用地を付与されなかった。また、開拓民による乱獲もあったために、アイヌ人の生活はますます貧困に瀕するようになった。

「そうした中、1899年(明治32年)に「北海道旧土人保護法」が制定され た。旧土人とは言うまでもなくアイヌ人のことで、土地を付与して農業を 奨励し、医療や教育などの保護を行うことが目的とされている。アイヌ人 には農地として一人1万5千坪の土地を与えた。しかし、肥沃な大地は開 拓民が開発を進めていたため、農業もできないような土地を与えたに過ぎ ず、一定期間で農地にできないと土地は没収された。また、狩猟民族であるアイヌ人の漁業権や狩猟権を否定し、それを行うことを制限した。保護 という名のもとの教育は、アイヌ人を日本人化させる方法でしかなかった。  この法律の背景には、北海道での権益を守ることと同時に、北の脅威で あったロシアの影響を受ける前に、アイヌを日本人化してしまいたいという面もあったと言われる。日本人になれないアイヌ人は劣等とされ差別さ れたが、仮に日本語を話して農業で成功してもやはりアイヌとして差別さ れた。アイヌ人の中には自分がアイヌであることを隠す者も多かった。」【城口千純:http://www.w-digest.com/mm/mm0002/bk/000018.html 】

 このことから、アイヌ人という言葉が差別用語として使われるようになったのである。そのご、大戦を経て日本が経済復興を成しえた時期になっても、この言葉は意識的に使用され、1997年に制定された「アイヌ文化振興法」が制定されるまで、続いていた。この法案が制定されてまだ間もないということもあるので、差別用語としてのアイヌ人という言葉が残っていると思われる。

また、こうした中で、日本は15年に及ぶ長い戦争の時代へと突入していくのである。戦時中には、アイヌ人も旧土人保護法の下で日本人として戦争に参加していたのである。しかし、大戦末期になると日本人と同様にイヌ人への配慮が行き届かなくなった。

「終戦を迎え、日本は都市部では英国の指導、北海道では米国の指導の下 でそれぞれ復興政策を進めた。日本政府がGHQに対してアイヌに関する 満足な説明をしなかったのか、あるいはできなかったのかは分からないが、 北海道では多くのアイヌの土地が、歴史を踏まえないまま不当な価格で国 に払い下げられた。  1953年、日本政府は国連に対し、アイヌはすべて同化し、先住民や少数 民族はすでに存在しないと報告している。事実は異なり、北海道で多くの アイヌが差別を受けた。アイヌ人の中には、積極的に日本人に同化することが豊かになることだと考える者もあった。あえてアイヌだということ を言うとかえって差別される、すなわちアイヌが劣等だということを自ら 認めてしまうようなこともあったという。  間違いを恐れずに言えば、アイヌへの差別が未だに問題となっている背 景には、和人の無知だけでなく、アイヌ自身がクナシリ・メシナの反乱以 後、団結して戦ってこられなかったことも一因となっていると思われる。アイヌ人でも、積極的に日本人になろうとした者と、それを拒んで戦った者 の間には大きな意識の差があったのである。」

【城口千純:http://www.w-digest.com/mm/mm0002/bk/000018.html 】

1953年に国連に発表したことを、中曽根元首相が「日本人は単一民族だ」と発言して世界的に非難を受けた。 また、先述したことのなかに差別の要因は、アイヌ人の方にも存在していると言った内容のものがある事にも注目したい。

こうした反アイヌの体制が大きく崩れるきっかけを作った事件が有る。1993年から1997年まで行われた、「二風谷(にぶたに)ダムを巡る裁判」である。

「二風谷にはアイヌ人が多く居住し、遺跡や伝統行事チプサンケの場となっていた。同地へのダム建設が計画されたのは、大規模工業団地の計画に 伴う工業用水供給のためであったが、計画の縮小によりダムの必要性がなくなった。1986年、建設大臣は二風谷ダムの計画を刷新して新たに事業認定したが、アイヌ側として文化は金銭や移転などでは代替することができないとして、1993年に行政訴訟に踏み切った。  1997年3月、結果的にはアイヌ側の主張が受け入れられ、「アイヌ民族 は先住民族であり、独自の文化に最大限の配慮をしなければならないのに、 国はダム建設によるアイヌ民族の文化享有権などへの影響について十分な 調査を怠り、これらの価値を軽視または無視してダムの事業認定をした。 この事実認定は違法であり、この認定に基づいて行われた被告・北海道土 地収容委員会の土地強制収容裁判も違法である」という判決が下った。  しかし、すでに1996年4月のダムの試験貯水で、アイヌの土地は返らぬ ものとなった。ちなみに、1996年8月には、アイヌの伝統行事チプサンケ を行うために、特例措置として水門が一時的に開かれ、例年と同じ場所で 行事が実施された。  この二風谷ダム裁判以外に、現在、厚岸アイヌの土地を巡る裁判が進行 中であるが、一般のマスコミでこの問題が取り上げられることは滅多になく、こうした問題が未だにあることを知らない人も多いだろう。」

【城口千純:http://www.w-digest.com/mm/mm0002/bk/000018.html 】

この裁判をきっかけとして、アイヌ民族の文化を保護しようとする動きが高まり、1997年3月に上述の判決がでたわずか2ヵ月後の、5月に「アイヌ文化振興並びにアイヌの伝統等知識普及及び啓発法(アイヌ文化振興法)」<資料2>が制定された。また、これにより「旧土人保護法」がやっと廃止され、アイヌ民族の先住権が法律で認められたことになる。この先住権は、国際法上の権利であるためアイヌ民族は先住権に対して日本国と平等な立場に位置するとされている。

 アイヌの現状とまとめ

 現在は、市立函館博物館や函館市立北方民族資料館、静内町によるアイヌ文化の保存、その他大勢のアイヌ研究家の手で、アイヌ文化の振興及び保全が行われているが、アイヌに対する差別はいまだ消えていない。そして、判決の出ていない訴訟もある。

「昨年7月には、アイヌ文化振興法に基づいて北海道が進めているアイヌ 民族の共有財産の返還方法に反対しているアイヌ人24人が、「アイヌ民族 の意思を無視した一方的な返還手続きは財産権の侵害で違憲」として、道 知事を相手に返還手続き処分の無効確認を求める行政訴訟を起こしている。 今後も様々な問題が出てくると思われ、アイヌ人にとってはスタートライ ンに立ったばかりというところだろうか。」

【城口千純:http://www.w-digest.com/mm/mm0002/bk/000018.html

 先住民として、国際的に認められてもなおも、こうした訴訟が起こっている。逆の見方をすれば、国際的に先住民として認められたので、こうした訴訟が起こしやすくなったとも言える。8世紀頃から虐げられてきた歴史には、ピリオドを打つことが出来たが、和人との争いにはまだピリオドを打つことは出来ていないようだ。

感想

 今回、アイヌ民族の歴史と現状というテーマでレポートを書いてみたが、アイヌに関するホームページがかなりあったことには驚いている。インターネットは、人々が何に関心を持っているのかを調べる時大変役に立つ。インターネット内に出ていた書籍だけでも、かなりの量があった。書店で実際に出ている書籍とあわせると、結構な数だ。書籍の初版年代を見てみると圧倒的に1970年代以降に書かれたものが多かった。これの意味するところは、実際わからないがその頃からアイヌに関心が高まったのではないかと思われる。

 また、アイヌの文化を知ることで数多くの類似点が有る民族がいることに気が付いた。それは、アメリカインディアンとインカ・アステカ文明を築いたインディアンである。まず、文字をもたなかったことがある。数多くある民族でも文字を持たない民俗は少ない。それも、南方系モンゴロイド(縄文人)である可能性が高いのではないだろうか。また、どの民族も大航海時代以降搾取される側になっているという点だ。これは、アフリカのあらゆる部側にも共通して言える。文字の有無がこれほど民族間に差を生んでしまうものなのだろうか。また、ルーツのところで少し言及したが、衣装も環太平洋少数民族に於いては類似点が有る。生活する場が違うので全く同じ衣装を身にまとった民族は確認できないが、多少なりとも類似点は挙げられると思う。最後に、これらの民族は狩猟民族であるということだ。エスキモーはアザラシや魚、トナカイなどを狩る。アメリカインディアンは野生の動物(野兎など)、アイヌでも鮭や兎を狩るし、アンデスのインディアンはジャガイモを栽培するが、狩りをするという習慣は伝統行事や祭事に執り行われる場合があると聞く。

 このような文化的側面からも、南方系のモンゴロイドは太平洋を囲むように移動したと考えられる。

 これらの確証を得るためには、実際に調査しより深く研究しなくてはならないが、少なくとも、次回に繋がる布石的なレポートになったことは大変喜ばしいことだ。

資料編

資料1

4●コシャマイン・シャクシャインの戦い

 アイヌ民族とシサムとの歴史上、最も重要な戦いが三度ありました。

 1457(長禄1)年 コシャマインの戦い

 1669(寛文9)年 シャクシャインの戦い

 1789(寛政1)年 クナシリ・メナシ地方のアイヌの蜂起

 以上がそれですが、もちろんこのほかにも大きな戦いはいくつかありました。それらについては年表2を参照してください。

 この三度の戦いは、アイヌ民族にとってはシサムとの関係のうえで大きな転回点となりました。まず、コシャマインの戦いからみてみましょう。

コシャマインの戦い

 1456(康正2)年の春のことです。箱館に近いシノリ(志海苔)の村で一人のアイヌの少年が、シサムの鍛冶屋にマキリ(小刀)を打たせました。ところが、そのマキリの切れあじをめぐって二人のあいだに口論がおき、鍛冶屋はアイヌの少年を刺し殺してしまったのです。この事件をきっかけに、道南のアイヌの人々がシサムに対して一斉に立ち上がりました。以後長く大闘争の時代が続きますが、その最大のものが、コシャマインの戦いなのです。

 1457(長禄1)年5月14日、コシャマインを大将とするアイヌ軍が箱館をはじめとする道南各地の館(たて=俗に十二館というシサムの拠点)を襲います。アイヌ軍は強く、次々と館をおとし、残るは二館のみという状態になりますが、花沢の館(現在の上ノ国町)にいた武田信広によってコシャマインがうたれると(一説に6月20日)、アイヌ軍は敗れ、シサム軍が道南を回復し、さしもの戦いも終わります。

 コシャマインを討った武田信広は、後に、蠣崎(かきざき)氏の養子となり、やがて松前藩の藩祖となります。

シャクシャインの戦い

 アイヌ民族とシサムとの最大の戦いですが、その発端となったのは、パエ(現在の門別町)のアイヌとの20年にもおよぶイウォル(領地)をめぐる争いでした。

 1640年代、パエの首長はオニビシ。シプチャリの長はカモクタイン、副首長がシャクシャインでした。1648(慶安1)年、シャクシャインがオニビシの部下を殺すという事件が起こります。このときは、松前藩が調停に入ったのですが、5年後の1653(承応2)年に、パエのアイヌがカモクタインを殺してしまいます。その後、両者は小さな争いを繰り返し、そのつど松前藩が間に入っていたのですが、だんだん険悪な状態となり、1668(寛文8)年4月にはとうとうオニビシが殺されます。

 パエのアイヌは、松前藩に救援を求めに行きますが、その帰途、使者の数人が急死してしまいます。これが、松前藩による毒殺と伝えられ、アイヌの人々の間にシサム不信が強まります。

 シプチャリの乙名になっていたシャクシャインは、このままでは松前藩によってアイヌの人々が皆殺しにされると訴え、各地のアイヌの人たちを反シサム、反松前としてまとめます。

 こうして、1669(寛文9)年6月、シラヌカからマシケに至るアイヌの人々が一斉に蜂起して、シサムに対する大戦争が開始されます。はじめ、アイヌ軍が優位の内に戦いが進められますが、クンヌイ(長万部町国縫)の戦い以後は、アイヌ軍の勢力が分断されたこともあって、シサムが優位となり、ついに、10月23日松前軍とシャクシャイン軍とは和解することになります。ところがこれは偽りの和解で、その祝いの席でシャクシャインが殺されてしまいます。指導者を失ったシャクシャイン軍は、結局は敗れ去り、以後は長くアイヌの人々の虐げられた生活が続くことになります。

クナシリ・メナシのアイヌ蜂起

 シサム、とりわけ場所請負人たちのアイヌの人々に対する過酷な扱いや、不公正な賃金の支払いなど非道のふるまいが横行するとアイヌの人々の間にシサムへの不満が増大していきます。

 1789(寛政1)年5月、クナシリ島の人々がまず立ち上がり、ついでメナシ地方(現在の根室支庁管内目梨郡一帯)の人々が立ち上がります。かれらは、シサムの運上屋などを襲い、番人たちを殺害するに至ります。この蜂起は、シャクシャインの時とは違い、組織だった蜂起というよりは一揆のようなものでしたから、松前の正規軍と一戦も交えないうちに、長老たちの説得で戦いを止めます。

 蜂起の指導者であるマメキリたち7人は、7月21日に死刑となります。しかし、このとき一緒に捕まっていたアイヌたちが騒ぎだしたため、全員が鉄砲などで撃ち殺されてしまいます。

 蜂起そのものは、わずかな期間で終わりますが、この後遺症は大きく残りました。マメキリらを説得した長老たちは、イコトイ、ションコアイヌ、ツキノエなどといった人々ですが、身内には蜂起に参加した者もおりました。この人々を松前藩は、御味方蝦夷と呼び、その肖像画も残されていますが、かれらの心中は如何ばかりであったでしょうか。

 この蜂起を最後にシサムとアイヌ民族の戦闘は終わりを告げます。しかし、それは両者が理解し合って得た平和の訪れでなかったことはいうまでもありません。

年表2 アイヌの大闘争時代(松前藩の記録にあらわれたもの)

1456 蝦夷蜂起

1457 東部首長(コシャマイン)蜂起

1469 蝦夷蜂起

1473 蝦夷蜂起

1512 蝦夷蜂起

1513 蠣崎光広、大館を攻む

1515 東部首長(ショヤ、コウジ兄弟)の蜂起

1525 東西蝦夷の蜂起

1528 蝦夷の蜂起

1529 西部首長(タナサカシ)の蜂起、セタナ来寇

1531 蝦夷蜂起

1536 西部首長(タナサカシの女婿タリコナ)の蜂起

    <以後東西地とも平安となる>

1551 初めて東西の夷尹を定める。東地チコモタイヌ(知内)、西地ハシタイヌ(瀬田内)

1643 西部首長(セタナイのヘナウケ)の蜂起

1648 東部蝦夷間の抗争

1651 東部メナシクルとシコツクルとの抗争(1648と同事件か)

1653 東部メナシの蝦夷蜂起

1655 シャクシャインとオニビシの和解

1662 東部の蝦夷騒乱

1665 東部の蝦夷和解(下国安季のあっせん)

1669 シャクシャインらの蜂起

    10月23日、シャクシャイン謀殺

1670 西部与伊知(よいち)の蝦夷を征す

1671 東部之良遠伊(しらをい)の蝦夷を征す

1672 東部久武奴伊(くんぬい)の蝦夷を征す

1758 ノシャップの蝦夷とソウヤの蝦夷の抗争

1770 十勝の蝦夷と沙流の蝦夷の抗争

1789 クナシリ、メナシの蝦夷の蜂起(最後の対和人闘争)

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm06_rks04.html 2001.9/19閲覧

資料2

アイヌ文化の振興ならびに伝統等に関する知識の普及に及び啓発に関する法律

目的

第一条 この法律はアイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及び文化(以下「アイヌの伝統等という」)が置かれている状況にかんがみ、アイヌ文化の振興ならびにアイヌの伝統等に関する国民の知識の普及及び啓発(以下「アイヌ文化の振興等」という)を図るための施策を推進することにより、アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を図り、あわせてわが国の多様な文の発展に寄与することを目的とする

定義

第二条 この法律において「アイヌ文化」とはアイヌ語ならびにアイヌにおいて継承されてきた音楽、舞踏、工芸その他の文化的所産及びこれから発展した文化的所産をいう

国及び地方公共団体の責務

第三条 国は、アイヌ文化を継承するものの育成、アイヌの伝統などに関する広報活動の充実、アイヌ文化   の振興等に資する調査研究の推進その他アイヌ文化の振興等を図るための施策を推進するために必要な助言その他の措置を講ずるよう努めなければならない。 

   2 地方公共団体は、当該区域の社会的条件に応じ、アイヌ文化の振興等を図るための施策の実施に努めなければならない

施策における配慮

第四条 国及び地方公共団体は、アイヌ文化の振興等をはかるための施策を実施するにあたっては、アイヌの人々の自発的意思及び民族としての誇りを尊重するよう配慮するものとする。

基本方針

第五条 内閣総理大臣は、アイヌ文化の振興等は図るための施策に関する基本方針(以下「基本方針」という)を定めなければならない

 2   基本方針においては次の事項について定めるものとする

  一  アイヌ文化の振興等に関する基本的な事項

  二  アイヌ文化の振興を図るための施策に関する事項

  三  アイヌの伝統等に関する国民の知識の普及及び啓発を図るための施策に関する事項

  四  アイヌ文化の振興等に資する調査研究に関する事項

  五  アイヌ文化の振興等を図るための施策の実施に際し配慮すべき重要事項

 3   内閣総理大臣は、基本方針を定め、又はこれを変更しようとするときは、あらかじめ北海道開発庁長官及び文部大臣その他の関係行政機関の長に協議するとともに、次条第一項に規定する関係都道府県の意見を聴かなければならない

 4   内閣総理大臣は、基本方針を定め、又はこれを変更したときは遅滞無くこれを公表するとともに、次条第一項に規定する関係都道府県に送付しなければならない

基本計画

第六条 その区域の社会的条件に照らしてアイヌ文化の振興等を図るための施策を総合的に実施することが妥当であると認められる都道府県(以下「関係都道府県」という)は、基本方針に即して、関係都道府県における文化的振興等を図るための施策に関する基本計画(以下「基本計画」という)を定めるものとする。

  2  基本計画においては次に掲げる事項について定めるものとする

  一  アイヌ文化の振興等に関する基本的な方針

  二  アイヌ文化の振興を図るための施策の実施内容に関する事項

  三  アイヌの伝統等に関する住民に対する知識の普及及び啓発を図るための施策の実施内容に関する事項

  四  その他アイヌ文化の振興等を図るための施策の実施に際し配慮すべき重要事項

  3   関係都道府県は、基本計画を定め、又は変更したときは遅滞無く、これを北海道開発庁長官及び文部大臣に提出するとともに公表しなければならない

  4   北海道開発庁長官及び文部大臣は、基本計画の作成及び円滑な実施の内容の促進のため、関係都道府県に対し必要な助言、勧告及び情報の提供を行うよう努めなければならない

指定等

第七条  北海道開発庁長官及び文部大臣は、アイヌ文化の振興等を目的として設立された民法(明治29年法律第89号)第34条の規定による法人であって、次条に規定する業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、全国を通じて一に限り、同条に規定する業務を行う者として指定することができる

  2   北海道開発庁長官及び文部大臣は、前項の規定による指定をしたときは、当該指定を受けた者(以下「指定法人」という)の名称、住所及び事務所の所在地を公示しなければならない

  3   指定法人は、その名称、住所又は事務所の所在地を変更しようとするときは、あらかじめ、その旨を北海道開発庁長官及び文部大臣に届け出なければならない

  4   北海道開発庁長官及び文部大臣は、前項の規定による届出があったときは、当該届出に係る事項を公示しなければならない

業務

第八条  指定法人は、次に掲げる業務を行うものとする。

  一   アイヌ文化を継承する者の育成その他のアイヌ文化の振興に関する業務を行うこと

  二   アイヌの伝統等に関する広報活動その他の普及啓発を行うこと

  三   アイヌ文化の振興等に資する調査研究を行うこと

  四   アイヌ文化の振興、アイヌの伝統等に関する普及啓発又はアイヌ文化等の振興に資する調査研究を行う者に対して、助言、助成その他の援助を行うこと

  五   前各号に掲げたるもののほか、アイヌ文化の振興等を図るために必要な業務を行うこと

事業計画等

第九条  指定法人は、毎事業年度、総理府令、文部省令で定めるところにより、事業計画及び収支予算書を作成し、北海道開発庁長官及び文部大臣に提出しなければならない。これを変更しようとするときも同様とする

  2   前項の事業計画書は、基本方針の内容に即して定めなければならない

  3   指定法人は総理府令・文部省令で定めるところにより毎事業年度終了後、事業報告書及び収支決算書を作成し、北海道開発庁長官及び文部大臣に提出しなければならない

報告の徴収並び立入検査

第十条  北海道開発庁長官及び文部大臣は、この法律の施行に必要な限度において、指定法人に対しし、その業務に関し報告をさせ、またその職員に指定法人の事務所に立ち入り、業務の状況若しくは帳簿、書類その他の物品を検査させ、若しくは関係者に質問させることができる

  2    前項の規定により立ち入り検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者の請求があったときにはこれを提示しなければならない

  3    第一項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない    

改善命令

第十一条 北海道開発庁長官及び文部大臣は、指定法人の第八条に規定する業務の運営に関し改善が必要であると認めるときは、指定法人に対し、その改善に必要な措置を講ずべきことを命じることができる

指定の取り消し

第十二条 北海道開発庁長官及び文部大臣は、指定法人が前条の規定による命令に違反したときは、その指定を取り消すことができる

  2    北海道開発庁長官及び文部大臣は、前条の規定により指定を取り消したときは、その旨を公示しなければならない

罰則

第十三条 第十条第一項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、若しくは同項の規定による質問に対して陳述をせず、若しくは虚偽の陳述をしたものは、二十万円以下の罰金に処する 

  2   法人の代表者又は代理人、使用人その他の従業員が、その法人の業務に関し、前項の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して同項の刑を課する

附則

第一条  この法律は、公布の日から起算して三月を越えない範囲内において政令で定める日から施行する

第二条  次に掲げる法律は廃止する

               一 北海道旧土人保護法(明治32年法律第27号)

               二 旭川市旧土人保護法(昭和九年法律第9号)

第三条  北海道知事は、この法律の施行の際現に前条の規定による廃止前の北海道旧土人保護法(次項において「旧保護法」という)第10条第一項の規定により管理する北海道旧土人共有財産(以下「共有財産」という)が次項から第四項までの規定に定められるところにより共有者に返還され、又は第五項の規定により指定法人若しくは北海道に帰属されるまでの間、これを管理するものとする。

 2    北海道知事は、共有財産を共有者に返還するため、旧保護法第10条第三項の規定により指定された共有財産ごとに、厚生省令で定める事項を官報で広告しなければならない。

 3    共有財産の共有者は、前項の規定による公告の日から起算して一年以内に、北海道知事に厚生省令で定めるところにより、当該共有財産の返還を請求することができる。

 4    北海道知事は、前項に規定する期間の満了後でなければ、共有財産をその共有者に対し、返還してはならない。ただし、当該期間の満了前であっても、当該共有財産の共有者の全てが同項の規定による請求をした場合にはこの限りではない。

 5    第三項に規定する期間内による請求をしなかったときは、当該共有財産は、指定法人(同項に規定する期間が満了した時に第七条第一項の規定による指定がされていない場合にあっては北海道)に帰属する

 6    前項の規定により共有財産が指定法人に帰属したときは、その法人は、当該帰属した財産をアイヌ文化振興のための業務に要する費用に充てるものとする。

           (地方自治法・北海道開発法・文部省設置法の一部改正)省略

           (法案提出理由・衆議院附帯決議省略)

代表 田畑重志 最新更新日2001年9月20日

http://member.nifty.ne.jp/Tabata/ainu.htm 反差別ネットワーク人権研究会 2001.9/19閲覧

参考文献一覧

野村祐一(函館市北方民族資料館) 1999 『アイヌの精神観と伝統儀礼用具について』

http://www.wsnet.ne.jp/~hakodate/kitamae/nomura/0frame.html 2001.9/19閲覧

『アイヌ民族に歴史はあるか』

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm03_rks01.html 2001.9/19閲覧

『いつから日本の歴史に登場するか』

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm04_rks02.html 2001.9/19閲覧

『江戸幕府や松前藩とアイヌ民族の関係』

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm05_rks03.html 2001.9/19閲覧

『アイヌ文化の起源-北海道の歴史をながめてみる』

http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm08_rks06.html 2001.9/19閲覧

『静内地方のアイヌ文化』

http://www.hokkai.or.jp/shizunai/roots/ainu01.htm 2001.9/19閲覧

『アイヌ文化の伝承』http://www.hokkai.or.jp/shizunai/roots/ainu02.htm 2001.9/19閲覧

保科智治(市立函館博物館五稜郭分館)1999 

『アイヌ支配に関する一考察~3点の史料紹介から~』

http://www.wsnet.ne.jp/~hakodate/kitamae/hoshina/0frame.html 2001.9/19閲覧  2000年8月21日更新 『アイヌ語の話されていた地域』

http://ramat.ram.ne.jp/itak/area.htm#top 2001.9/19閲覧

webmaster@dai3gen.net 2001/08/06 『アイヌ文化12世紀発生の呪縛』

http://www.dai3gen.net/ainubunka.htm 2001.9/19閲覧

北 海 道 教 育 委 員 会 『アイヌ人たちの文化や歴史について』

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-stkik/kodomo/ainu.html 2001.9/19閲覧

Copyright(C)市立函館博物館.1999 『アイヌの生活文化』

http://www.wsnet.ne.jp/~hakodate/kitamae/bunka/layout/bunka.html 2001.9/19閲覧

『崩れ行くモルモン書 DNA鑑定による南米大陸にすむ人々の祖先』

http://www.linkclub.or.jp/~sigehata/indian.html 2001.9/19閲覧

坂口千純 2000.1.27 『アイヌ民族と日本人の誇り――わが国の少数民族』

ワールドダイジェストメールニュース

http://www.w-digest.com/mm/mm0002/bk/000018.html 2001.9/19閲覧

vzp05207@ma2.justnet.ne.jp 1999.11.26 『А・П・チェーホフ 「サハリン島」』

http://www2.justnet.ne.jp/~vzp05207/caxalih.htm 2001.9/19閲覧

馬場 悠男 『縄文人の顔について』

http://www.wnn.or.jp/wnn-history/jomon/sannai-file/other/other/other.html

2001.9/19閲覧

owner-osamushi@iijnet.or.jp 『差別用語について』 手塚治メーリングリスト

http://www.osamushi.com/about_kinshi.html 2001.9/19閲覧

横山裕之 1999.2.11更新 『白老のアイヌ語単語集』

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/6362/aynu.htm 2001.9/19閲覧

新村出・編 1980 『広辞苑 第二版補訂版』 岩波書店

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

グリーンツーリズムに関するレポート

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 2日 02:00
  • その他

はじめに

 近年、日本の農業は衰退の一歩を辿っているといわれる。そんな中、新しい試みが各地地方自治体や団体の手で行われている。その中にグリーンツーリズムがある。この聞きなれない言葉は、現代日本の農業の復興に繋がるかはわからないが、地域社会の発展には繋がる可能性は考えられる。

 今回は、グリーンツーリズムとは何か、ヨーロッパ諸外国での取り組みと日本における取り組みの比較を重点的に論じる。

グリーンツーリズムとは

 グリーンツーリズム(Green Tourism)とは直訳すると「緑の体験観光」という意味だが、農家がホストとなり、都市部から農業体験を目的とした観光客を受け入れるという試みであり、「農業観光体験」ともいえる。これは、ヨーロッパで生まれ広く普及している。海外では、外国農産物との国際競争率が高くなっており、アメリカなどからの市場開放が大きな問題になっている。これには有効な打開策があまり無いという現状がある。そこで、脱却の糸口の一つとして、グリーンツーリズムが注目されているのである。その中でもイギリス、フランス、ドイツ、オーストリアに広く普及していることから、多くの行政関係団体が視察に行くようになった。

 また、グリーンツーリズムと一言でいっても、ヨーロッパの諸外国ではそれぞれ表現が異なる。実際には同じことを指しているのであるが、その国独自の国民性などの影響があると思われる。

 ヨーロッパ各国には、農業従事者が行う観光というだけでは不十分とする意見も有る。グリーンには、環境保全という意味が含まれており、グリーンツーリズムとは農村の活性化、環境保全そして、ゆとりある都市住民の余暇活動を目標とし、実現をするものである。また、産業化したツアー形式で大規模に世界中に展開しているようなものとは区別されるべきであり、あくまでも「ローカル」なもので無ければならない。ここでの「ローカル」とは、地元の意志に基づくものであり、経営、運営を地元で行い、その地方の特徴、文化特性を生かす観光にしなければならない。そして、大規模な開発を抑制し、客の受け入れに必要なものは、地域社会から調達され、その対価がその地域社会に還元されなくてはならない。

 ようするに、地域社会の「村おこし」と言ったほうが的確なのかもしれない。

ヨーロッパ諸国の取り組み

フランス

 フランスでは、「ツーリストベール(緑の観光)」といわれている。フランスの中では、「グリーンツーリズム」にいくつかの分類がなされている。山岳地帯などの雪の中では、「ホワイトツーリズム」、海辺では「ブルーツーリズム」、田園では「グリーンツーリズム」といった具合に…である。これらは、自分の土地を生かし営むものであり、客室は2、3室といった小規模なものである。また、これらのホストをまとめる組織として「ジット・ド・フランス」(加盟5万軒・収容27.5万人)というものがあり、このうち民宿形態のものは「ジット・リュアル」「シャンブル・ドート」の2つがある。前者は自分の土地を活かして独立した家賃式民宿で、自炊生活に対応した部屋作りになっており、後者は、賄い付き(朝食のみ)のベットルームのみの形式となっている。

イタリア

 イタリアの場合は、「アグリツーリズム」とよばれ、農村観光と農村休暇を区別している。そのため、農村観光事業を主とするグループと農村休暇事業を主とする団体が存在し、各々独自で調査を行う。

<<AGURITURUSTの最近の調査結果>>・ 6000戸の農家が農村休暇活動に従事・ 年間600万人のツーリストが利用・ 年間の総売上額は92億円。農家一戸あたり69万円<<ANAGRITUR(農村休暇協会の全国連合組織)の調査結果>>経営農家の8%がキャンプ場提供、20%がレストラン経営、10%が乗馬可能

【イタリア:http://www.konan-wu.ac.jp/~friend/gt/gteurotop.html 】

 アグリツーリズムのメリットとして、都市への人口流出による農村の荒廃を防ぐ有効な対策になった。その理由として、この事業により農村の収益増が経済的基盤の強化になったことがあげられる。また、宿泊代は夏と冬で分けられており、夏の方が若干割高になっている。

宿泊代

180.000リラ

130.000リラ

【イタリア:http://www.konan-wu.ac.jp/~friend/gt/gteurotop.html 】

 イタリアは、食文化志向であるため、「グリーンツーリズム」が、レストラン経営主体であると考えてよい。

オーストリア

 オーストリアは、国土面積が狭いということもあり手間のかかる個室より、家族を受け入れるバカンス・アパートメント形式が主流である。これは、先述のフランスの「ジット・リュアル」と同じ形式であり、家族でコテージを借りるといった感覚に近い。「ジット・リュアル」と違うところは、リビング、バス、トイレも設備された本格的なものであるということだ。このため、家族旅行の集中する7,8月に利用客が集中する。

個室

バカンス、アパートメンド

宿泊代*一週間契約が原則

(一泊)朝食付き2.500~3.000円標準2.000円

(一週間)2万円以下

(一週間)最高でも5~6万円標準3~4万円

一日の総支出額

5千円

6千円

【オーストリア:http://www.konan-wu.ac.jp/~friend/gt/gteurotop.html 】

ドイツ

  ドイツでは、「ルーラルツーリズム」と呼ばれている。また、「グリーンツーリズム」の起源はこのドイツにあるバイエルン州とされている。「バイエルン州は、酪農、畜産が盛んですがアルプス山岳地帯にあり、決して農業条件は良くなく過疎問題、嫁不足、さらには農業規模の拡大ができないといった構造的な問題のある地域。当州のグリーンツーリズムの具体的な推進のきっかけは、バイエルン州政府独自の農業政策。小規模な家族農家が協力関係を結び、農業機械等への過剰投資を極力抑えていくという、この政策の中から酪農、畜産のツーリズム(体験観光)が生まれて来ました。」【グリーンツーリズムとは:http://www.greentourism.gr.jp/gt/gt2.html 】

 「ルーラルツーリズム」は都市ではない海や山、農村地域を舞台として展開される観光全体のことをさす。「グリーンツーリズム」は広い意味で、「ルーラルツーリズム」の一部を構成するものである。

 ドイツの場合は、ドイツ農業協会(DLG)が宿泊施設運営指導、ガイドブック発行などを、また、食料農業省普及サービス協会(AID)は、研修や補助政策についての情報を提供、その他にも連邦政府、州政府、ドイツ農民連盟や農民銀行(日本におけるJA的存在)が、推進・展開している。

 ドイツでは、「グリーンツーリズム」の起源とされる地域があることから、包括的な農業観光事業が行われている。先述のイタリア、オーストリアのケースは、その国にあった形式に手を加えられているのである。そういった意味で言えば、フランスの「ツーリストベール」はドイツに最も近い形式をとっているのではないだろうか。

イギリス

 イギリスでは、やはり「グリーンツーリズム」というのだが、イギリスで「グリーン」と言った場合、単なる緑・自然という意味だけではなく、地上全ての生命の尊重、資源の適正利用、多様さの評価、あるいは全生物の相互関連の認識といったことが、その概念の根底にあるといわれる。イギリスでも、他のヨーロッパ諸外国同様、巨大な商業化の進んだ拠点集中型ではなく、地域社会やそこの環境に配慮した人間的なツーリズムと言える。

 イギリスでも、農村型ツーリズムが典型的な事例として挙げられる。また、イギリスには歴史的背景が色濃くあるようだ。

 「世界に先駆けて産業革命を起こし、都市化をいちはやく経験してきたイギリス人は、もともと農村に対して特別な感情抱きつづけてきたといわれる。ブリストル大学のバーナード・レイン教授によれば、そうしたもともとの土壌に加えて、農村地域での雇用機会と所得の減少から、農家経営の多角化が必要に迫られ、農家民宿を始めとするホリデイ・ビジネスを農家が指向することになったこと、また、国の公的な機関やナショナル・トラスト、王立鳥類保護協会といったボランティア団体が農村ツーリズムを支援してきたこと、さらに、イギリス人の余暇に関する意識がここにきて大きく変化したことが、最近になって農村ツ-リズムが大きく注目されるようになった理由だという。  イギリス人の余暇の過ごし方については、70年代以降、観光地に大量に押しかけ、忙しく名所旧跡を回るタイプの画一的なスタイルから、一人あるいは小グループで、観光シーズンや有名観光地を避けながら、農村地域を個性的に楽しむスタイルへと人気が移ってきた。その背景には、学校教育や生涯学習プログラムの充実による教育レベルの向上、それに伴う自然・歴史・文化的遺産への関心の高まり、そして何よりも自分の個性を認識し、都会で失われた本物の生活や体験を求める願望の強まりがあるという。そして、余暇時間の増加やアクティブな高齢者の増加などが、その傾向に拍車をかけるものと見られている。」

【中島敏雄:http://www.net-ric.com/advocacy/datums/93_9nakajima.html 】

 イギリスは農業景観とカントリーウォーク志向がグリーンツーリズムの普及に役立っていると考えられる。また、フランス、イタリア、ドイツに見られるように、イギリスでも政府機関が関与している。田園地域委員会という組織が中心を担っており、補助・融資を通じてグリーンツーリズムを進めている。また、これに関する農家の組織としては、農場ホリデー協会がある。会員数は1,021名で、宿泊サービスを提供する農場経営者によるものである。彼らは、政府観光局の審査を受け等級認定を受けた人たちである。農場ホリデー協会では、農家会員へのアドバイス、情報提供、研修会の開催などを行っている。ドイツのDLGとAIDが合わさったものだと考えてもらっていい。

 イギリスで近年人気があるものは、サービスの質の高い民宿形態である。その他にも、ホリデー・フラット、キャンプ場、オートキャンプがある。サービスの内容は、農業体験は勿論、民芸品作り、魚釣り、クレー射撃といったサービスもある。農業体験や民芸品作りは農村観光に位置付けられるだろうが、魚釣りやクレー射撃などは農村休暇になるだろう。

日本での取り組み

 先に、ヨーロッパ諸外国でも見られたように、日本の農業・地域社会の荒廃は進んでいる。主に、日本農村社会の独自の問題<資料1>や嫁不足、過疎化、高年齢化が挙げられる。そこで、日本でもこの取り組みを取り入れようとする動きが高まっている。現在では多くの地方自治体で行われており、関連法案も多数制定されている。<資料2>

 ヨーロッパ各国の「グリーンツーリズム」は、一つの農業際策のスタイルとして定着しているが、日本ではつい最近までこれに対する概念は存在しておらず、政策課題も無かった。「グリーンツーリズム」が日本で知られるようになったのは、1992年の農林水産省の発表で「新しい食料・農業・農村政策の方向」において、「グリーンツーリズムは農村(山村も含む)の定住条件の整備の観点から、地域全体の所得の維持・確保のための施策」を提唱した。【Green Tourism Network:http://www.greentourism.gr.jp/gt/gtn.html】 

 その他にも、厚生省(現;厚生労働省)や建設省(現;国土交通省)が「グリーンツーリズム」を推進している。厚生労働省では、「従来から進められている健康文化都市の構想に新たにグリーンツーリズムの視点を組み込み、都市農村交流の事業の積極的な展開を目指している。また、森林の健康機能性を捕らえたフォレストヘルスなどもグリーンツーリズムの一貫といえる。」【Green Tourism Network:http://www.greentourism.gr.jp/gt/gtn.html

 厚生労働省は、保険的役割を「グリーンツーリズム」に求めている。確かに、余暇を自然の中で過ごすのは健康には最良のことだろう。そして、ゆとりとやすらぎを得ることも可能である。

 国土交通省でも、「グリーンツーリズム」を通して新しい取り組みが考えられている。1998年より実施計画に移った「健康海岸構想」を推進する補助事業として、新たな方向性を示す上で注意深いものがある。それに加え、従来から進められている「道の駅」は、宿泊の無い新しい「グリーンツーリズム」としての試みなども思考されている。

 今現在、まだ「グリーンツーリズム」に関する取り組みは見られないが、文部科学省でもゆとり教育の一環として何らかの取り組みがなされるという可能性も視野に入れておきたい。

 農林水産省をはじめとする、各省庁でもこのように「グリーンツーリズム」に対する注目度は高い。前で少し触れたが、すでに農林水産省を中心として「グリーンツーリズム」に関する法律も、制定・施行されている。この法律にのっとり、各地方自治体関連部所はHP(ホームページ)による宣伝などを行っている。<資料3>

ヨーロッパと日本の比較

 ヨーロッパと日本では、決定的に耕地面積の差がある。国土の67%が森林面積で占められている。そのため、大規模畑作と放牧型畜産の農業形態は、専業農家の割合が少ない。また、生活サイクルも、異なる。欧米では、完全週休2日制が定着しており、その他にも、年間で3~5週間の長期休暇が国民の中に広く普及している。これにより、農山魚村における長期滞在が可能であり、増加している。それに対して、日本では官公庁と一部の企業では完全週休2日制を導入し、教育機関でも隔週週休2日制を導入しているが、先進国の中で唯一ILO132号条約未批准国であるため、基本的に盆と正月、ゴールデンウィーク以外は、長期休暇を取るのが困難であるという現状が立ちふさがる。

 このような現状から、日本での旅行は、非日常性や娯楽性を求める傾向があり、観光という形態が大半である。そのため、一人当たりの観光消費額が高いため、2~3日間の短期滞在が一般的であり、欧米のような家族単位で長期滞在が可能な条件の確率は、まだなされていない。このようなことから、日本では安価な長期滞在型の観光へのニーズはまだまだ少なく、都市の市場に対しての「グリーンツーリズム」市場は小規模なものといえる。

まとめと感想

全国の教育機関が、完全週休2日制を導入して子どもだけが欧米並みの休暇を手に入れても、その親が同じくらいの休暇が得られなければ、「グリーンツーリズム」の推進に支障があるばかりか、文部科学省の掲げる「ゆとり教育」自体に根本的欠陥が生じるのではないだろうか。

 それに加え、十分な休暇が取れたとしても、日本人は国内で余暇を過ごすということは少なく、同じ余暇であれば海外で過ごすという傾向がある。しかも、ヨーロッパの方がこの分野では、一歩も二歩も先を行っているので、安くヨーロッパに旅行できるとあれば、同じ「グリーンツーリズム」であってもヨーロッパに傾く恐れもある。

 日本人には、あまり余暇活動という概念が定着していない。毎日仕事をしているのだから、休日ぐらいはゆっくりしたいと思うのが現状だろう。しかも、1週間ほど休みが取れれば、農村に行こうと考える人はあまりいないだろう。遊園地やレジャーランド、温泉に行くというのが一般的な日本人の休暇の取り方ではないだろうか。経済的に余裕があれば、海外に行くという考えもある。「いいところでいいものを食べてゆっくりしたい」と思うのはどこの国の人でも同じである。しかし、その求めるものが多少違いに多少違いが見られる。

 今回、初めて「グリーンツーリズム」という言葉を聞いただけあって、それほど知名度が高いというわけではないと思われる。殆どの人が知らないのではないだろうか。ホームページでもカウンターが設置されているところが多かったが、実際開設年数から割だすヒット件数は少ないと思われた。これも、今後の課題であろう。また、各省庁、地方自治体の取り組みとは別に、「グリーンツーリズム」を日本人が受け入れるにはもう少し時間が必要ではないだろうかと思われる。

資料編

資料1

14 日本農村における高齢者の自殺について



 古典的な研究の中では,社会的紐帯の強さが自殺を抑止することから,これのない都市で農村よりも自殺死亡率が高いことが指摘されている。しかし,現代の日本社会にはこのことが妥当しない。日本では過疎地域や郡部人口の多い地域での高い自殺死亡率が報告されており,本稿でも都市より農村地域において多く自殺が行われていることに着目する。加えて,高齢者の自殺が多いことに着目し,その理由について日本社会の社会・文化的側面に限定して要約的に考察し指摘する。 諸外国と比較すると,日本の自殺死亡率は比較的高い水準にあり,男女差が小さく,高齢者の自殺死亡率が高い。また,都市よりも郡部人口を多く擁する県で高い自殺死亡率が示されている。 高齢者の自殺死亡率が高いことは,日本が外国人研究者から敬老の精神の浸透した国とされていること等と矛盾するようであるが,他の先進諸国と比較して健康に最たる不安を抱いていること,子夫婦らとの同居率が高く,その上に配偶者に介護を望むことを既往の国際比較調査結果が示している。日本全体で高齢化が進展する中で,高齢者は市部より郡部に,また農家に多い。日本の高齢者は就業率が高いことも知られており,農家のみでは60歳代と70歳代の男性の5割強,60歳代の女性の6割強と70歳代の女性の3分の1強が農業に従事している。これらの高齢者は地域の伝統的な文化の担い手でもあるが,高齢者はまた,病気や障害を持つことも多い。 生活上の自由度が大きく,産業化によって社会的な地位の低下を経験しなかったとされ,家族と同居することの多い日本の農村高齢者の間で自殺が多い理由は,自殺の原因が孤独や病苦であるという指摘に照らして次の4点にまとめられる。 第1に,農村部で医療事情が優れないために,個人として経済やましてや行動の自由に恵まれない病弱の高齢者の自殺が帰結されると考えられる。 第2に,高齢者をより多く擁する農村部で高齢者は家族を生活基盤としており,生業としての農業に家族の一員として従事することを通じて家族内の役割を遂行してきた。病気等によってこれに従事できなくなることは,高齢者にとって充足感はおろか自己の存在意義の喪失につながり,自殺を帰結すると考えられる。 第3に,日本社会は長く勤労を美徳としてきており,農村もまた勤労の精神の根強い社会である。しかし農村は経済的困難も抱え,兼業化にとどまらず出稼ぎや若い世代の他出も見受けられる。さらに身近な社会の全体的価値への同調がよしとされるならば,病弱で集団への参加が困難であり、家族による介護を十分に期待しにくい高齢者は生きながらえることを苦痛と感じがちになるだろう。 第4に,日本社会あるいは農家は,高齢者の自殺を抑止する力を持たないか持っていてもこれが小さい。加えて,一般に成人が家族の中で生命と生活を再生産するために所与の条件の下でこれを甘受し,状況を劣悪化させないか修復し、改善するための義務を負うことになるのに対して,(病気の)高齢者は経済的な担い手として家族を支える任務を期待されることはない。勤労や役割遂行による所属集団への参加をよしとする自らの価値観が否定され、さらに孤立感が高まって自殺を選択しようとする時も,これを止めるものがない。

  

 (石原豊美稿,季報・42,105~125頁)

農業総合研究所年報1999(平成11年度)

http://www.primaff.affrc.go.jp/seika/kankou/nosoken/nenpou/1999/1999-14.htm

「人の組織から農協のゆくえを考える」   三重大学 生物資源学部教授 石田正昭



◆協同組合は人の組織  協同組合は人の組織と言われる。株式会社などの営利企業が資本の組織とすれば、自由、民主主義、平等、公正、連帯などを基本的価値とする人の組織である。こうした西欧型の協同組合制度が輸入されてからおよそ一世紀経ったが、これらの基本的価 値がわが国農協に根づいているかとなると、はなはだ疑問が多い。どうもそれを支える人そのものに、西欧とわが国では大きな違いが認められるように思われる。人そのものの違いを十分に理解しないと、結局、協同組合の失敗に見舞われるのではないだろうか。 筆者は昨年一年ドイツのマールブルグ大学に留学し、協同組合研究の泰斗、ハンス・H・ミュンクナー教授のもとで日欧の農業協同組合の比較研究に従事した。その主 たる動機は、さまざまな展開をみせるわが国農協であるが、その将来的な姿はどのようなものであるかを、ドイツ農村信用組合の現状の中からさぐろうとするものであっ た。今その詳細を記すゆとりはない。ここではただ一点だけ、人そのものに着目すると、西欧とわが国では大きな違いがあるし、西欧の中でもドイツ、イギリス、フランスでは大きな違いがあり、それが協同組合のあり方に大きな影響を与えている、ということを指摘したい。◆自助組織の意義 西欧型協同組合における基本的価値の中の、そのまた基本をなすのは自助(self-help)である。このことから協同組合は、自助組織という代名詞で呼ばれることも多い。自助、自己責任、自己管理というのは、三点セットとなってライファイゼン型協同組合の運営原則をなしている。この三点セットは、個人レベルの自助、自己 責任、自己管理を基礎とし、それを連帯させたところの集団レベルの自助、自己責任 、自己管理を含むものとして理解されている。自己を守る上で、自己を守る者と連帯 し、自己を守る力を強める、それが協同組合である、という思考回路(相互自助:mutual self-help)が成立している。 西欧型協同組合においてこうした思考回路が一定の意義を持つのは、個人主義が自 己(エゴ)を自由で独立した主体としてとらえ、他人を決して信頼せず、他人は手段 として利用するだけだという精神が、非人格的な契約主義、互酬主義(ギブ・アンド ・テイク)、市場万能主義、ひいては資本主義を深化させていることによる。その意 味で、協同組合は過度の市場経済化や資本主義に対抗するものとしてとらえられ、また政府とも一線を画す組織として、そこからの助成と干渉はこれを受け入れないという伝統をつくり出してきた。 ◆日本社会は間人主義 ひるがえってわが国社会を考えると、上で述べたような意味の個人主義が定着して いないことがよくわかる。その端的な例は、「自己責任」なる言葉が定着したのも、 バブル崩壊後の最近年のことであった。浜口恵俊『間人主義の社会・日本』(東洋経 済新報社)によれば、日本の社会は個人主義でもなく、あるいはよく言われるような 集団主義でもなく、まさに間人主義という表現がぴったり当てはまる社会であるという。 間人主義とは、まず、はじめに間柄があってついで個人があるという関係、すなわち既知の人との関係につねに気をつけながら、その人と有機的な関係を保ちつつ、その 中ではじめて自分という存在を、見いだそうとする人間のあり方を指している。その意味で、日本には西欧的な自己(エゴ)はいないが、相互依存、相互信頼、対人関係を 重視する自分がいる、ということになる。こうした間柄重視の人間は、太閤検地以来の小農家族すなわちイエと、それを補完するムラ社会の中から生まれてきたと考えら れるが、このことがムラを組織基盤とする農協において、相互自助という西欧的価値 を、相互扶助(mutual help)すなわち「たすけあい」として翻訳、理解する方がわ かりやすいという体質をつくり出してきた。 明治の頃、文明開化とともに自助の精神は大いに喧伝され、それを紹介する翻訳本、中村敬宇『西国立志編』が百万部も売れたそうである。しかし、その後その価値観 が庶民レベルまで浸透しなかったのは、明治政府による富国強兵政策とそれを支える家父長制の制度化にあったことは疑いを入れない。その結果、協同組合とりわけ農協 においては、クニームラーイエという上意下達のシステムの中で、自助の精神は高揚されないまま、自己犠牲(サムライ精神)とか他者依存(甘えの構造)などが強調されることとなった。◆いろいろある西欧個人主義 留学中に当人たちに確認したことであるが、同じ個人主義といっても、「フランス人は自由と平等にあこがれ、ドイツ人は権威と不平等に親しみ、イギリス人は自由に しか関心を示さない」という違いはあるようである。この一文はトッド『新ヨーロッパ大全』(藤原書店)からの引用であるが、こうした違いをもたらしているのは、親子 の同居規則と兄弟間の相続様式からなる家族制度である。 イギリスの農村では産業革命よりもはるか以前から、核家族制(親子別々の家計)が成立し、かつ能力主義的な相続(有能な子どもへの遺産相続)がなされてきたとさ れる。一方、フランスでは、核家族制が成立していたのはイギリスと同じであるが、兄弟間の相続は平等的であったという。イギリス人が自由しか関心を持たないのに、 フランス人が自由と平等にあこがれを持つのは、結局、相続様式の違いに求められることになる。イギリスで一人一票制や現金払いを運営原則とするロッチデール公正先 駆者組合がつくられたのも、産業革命や農業革命のみならず、民衆の間に自由と自主、したがって民主的な組織と運営についての深い自覚と経験があったためと理解できる。 これに対して、ドイツの農村では、日本の農村と同じく直系家族制と不平等な単独 相続制が広がっていたとされる。小農家族が生き延びるためにはそうした仕組みが必要だったからであろう。  ではなぜ、ドイツで個人主義ひいては自助の精神が発達したのであろうか。それは家族制度というよりも、19世紀以降の工業化と都市化、それとプロテスタンティズム の浸透によって説明される。その意味で、ドイツ人の個人主義 は家族制度によって裏づけられた先天的なものというよりは、宗教教育によって支えられた後天的なものであった。こうした二重性のゆえに、熱心なプロテスタントであったライファイゼンが、村落(地縁性)を基礎として相互金融を行なうという、ややロッチデールとは異質の協同組合をつくり出すことに成功した。◆間人主義の落とし穴 とはいえ、西欧では、協同組合の特質を人の組織だけに求めているわけではない。事業体である以上、営利企業と伍していくためには資本の組織でもなければならない、 という理解が定着している。正確には、資本の組織であると同時に人の組織でもあるという点で、協同組合はやや特殊な企業形態であると理解されている。そしてミュン クナー教授は、現状の協同組合がかぎりなく資本の組織に近づいていることから、 協同組合の将来に対して悲観的な見解を表明している。 個人主義の社会では、民主的な意思決定にあたって多数決ルールが適用される。それは、自らの意思を明確に表明する自己がいることを前提に、集団的な意思決定をくだす方法として開発されたものである。一方、間人主義の社会では満場一致ルールが 適用される。これは一人でも反対者がいれば意思決定をくだせない方法であるが、実際には根まわしによって潜在的な反対者(反対案)を消去するような措置がとられる。その意味で、そこでの決定は多かれ少なかれ妥協の産物であり、建前と本音の乖離が著しい。決議されども実行されず、という農協体質はこうしたことに根ざしているのである。 資本の組織としての革新は、先行する営利企業のやり方をフォローすれば、ある程度は達成される。しかし、人の組織としての革新は、模範となるべきものがない。それぞれがそれぞれの中で独自に開発していくほかない。西欧の農協も日本の農協も、 資本の組織としての方向を強めているのは、単に資本の論理によるものばかりではなく、革新の方法を見いだしやすいか、見いだしにくいか、という点も関係している。  こうした状況の中で、日本型農協においては少なくとも、自主、自立という自助精神にのっとって明確な意思表明のできるような仕組みを開発することが求められている。

【石田正昭 農業共同組合新聞ニュース http://jacom.or.jp/jiron_3.html】 



資料2

グリーンツーリズムに関する法律



農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律(平成6年6月29日法律第46号)

第一章  総則第二章  農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するための措置等第三章  農林漁業体験民宿業の健全な発達を図るための措置第四章  雑則



第一章 総則

(目的)

第一条 この法律は、農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するための措置等を講ずるとともに、農林漁業体験民宿業について登録制度を実施すること等を通じてその健全な発達を図ることにより、主として都市の住民が余暇を利用して農山漁村に滞在しつつ行う農林漁業の体験その他農林漁業に対する理解を深めるための活動のための基盤の整備を促進し、もってゆとりある国民生活の確保と農山漁村地域の振興に寄与することを目的とする。

(定義)

第二条 この法律において「農村滞在型余暇活動」とは、主として都市の住民が余暇を利用して農村に滞在しつつ行う農作業の体験その他農業に対する理解を深めるための活動をいう。2 この法律において「山村・漁村滞在型余暇活動」とは、主として都市の住民が余暇を利用して山村又は漁村に滞在しつつ行う森林施業又は漁業の体験その他林業又は漁業に対する理解を深めるための活動をいう。3 この法律において「農用地等」とは、農業振興地域の整備に関する法律(昭和四十四年法律第五十八号)第三条第一号から第三号までに掲げる土地をいう。4 この法律において「農作業体験施設等」とは、農作業の体験施設その他農村滞在型余暇活動のために利用されることを目的とする施設であって農林水産省令で定めるものをいう。5 この法律において「農林漁業体験民宿業」とは、施設を設けて人を宿泊させ、農林水産省令で定める農村滞在型余暇活動又は山村・漁村滞在型余暇活動に必要な役務を提供する営業であって、農林漁業者又はその組織する団体が行うものをいう。





第二章 農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するための措置等

(地域)

第三条 この章の規定による農村滞在型余暇活動に資するための機能を促進するための措置は、次の各号に掲げる要件に該当する地域について講じられるものとする。一 農用地等が当該地域内の土地の相当部分を占め、かつ、良好に保全されていること。二 当該地域において農用地その他の農業資源と周囲の環境とが一体となって良好な農村の景観を形成していると認められること。三 当該地域の自然的経済的社会的諸条件からみて、当該地域を含む農村地域の振興を図るため、農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進することが相当であると認められること。四 当該地域が農業振興地域の整備に関する法律第六条第一項の規定により指定された農業振興地域内にあること。

(基本方針)

第四条 都道府県知事は、前条各号に掲げる要件に該当する地域についての農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する基本方針(以下「基本方針」という。)を定めるものとする。2 基本方針においては、次に掲げる事項について、次条第一項の市町村計画の指針となるべきものを定めるものとする。一 農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する基本的な事項二 農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するために必要な措置を講ずべき地区(以下「整備地区」という。)の設定に関する事項三 整備地区における農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るための農用地等その他の土地の利用に関する事項四 整備地区における農作業体験施設等の整備に関する事項五 その他必要な事項3 都道府県知事は、基本方針においては、前項各号に掲げる事項のほか、整備地区における農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備と併せて行うことが必要と認められる山村・漁村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関して農林水産省令で定める事項を併せて定めることができる。4 都道府県知事は、基本方針を定めようとするときは、あらかじめ、農林水産大臣に協議しなければならない。5 都道府県知事は、基本方針を定めたときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。6 都道府県知事は、情勢の推移により必要が生じたときは、基本方針を変更するものとする。7 第四項及び第五項の規定は、前項の規定による基本方針の変更について準用する。

(市町村計画)

第五条 市町村は、基本方針に基づき、当該市町村内の地域であって第三条各号に掲げる要件に該当すると認められるものについて、農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する計画(以下「市町村計画」という。)を作成することができる。2 市町村計画においては、次に掲げる事項を定めるものとする。一 整備地区の区域二 整備地区における農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する方針三 整備地区における農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るための農用地等その他の土地の利用に関する事項四 整備地区における農作業体験施設等の整備に関する事項五 その他必要な事項3 市町村は、整備地区における農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備と併せて山村・漁村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を図ることが必要と認められる場合には、市町村計画において、前項各号に掲げる事項のほか、山村・漁村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関して農林水産省令で定める事項を併せて定めることができる。4 市町村は、市町村計画を作成しようとするときは、都道府県知事の承認を受けなければならない。5 市町村は、市町村計画を作成したときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。6 前二項の規定は、市町村計画の変更について準用する。

(協定)

第六条 市町村計画に定められた整備地区内にある土地(公共施設の用に供する土地を除く。)について所有権、地上権、永小作権、質権、賃借権、使用貸借による権利又はその他の使用及び収益を目的とする権利を有する者(国及び地方公共団体を除く。以下「土地所有者等」という。)は、農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るため、当該土地の利用に関する協定(以下「協定」という。)を締結し、当該協定が適当である旨の市町村長の認定を受けることができる。2 協定においては、次に掲げる事項を定めるものとする。一 協定の対象となる土地の区域(以下「協定区域」という。)二 農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るための農用地等その他の土地の利用に関する事項三 協定に違反した場合の措置四 協定の有効期間五 その他必要な事項3 協定区域は、次の各号に掲げる要件に該当するものでなければならない。一 相当規模の一団の土地の区域であること。二 農用地等が当該協定区域内の土地の大部分を占めていること。4 協定においては、第二項各号に掲げる事項のほか、市町村計画に定められた整備区域内にある土地のうち、協定区域に隣接した土地であって、協定区域の一部とすることにより当該協定の目的の達成に資するものとして協定区域の土地となることを当該協定区域内の土地に係る土地所有者等が希望するもの(第十条において「協定区域隣接地」という。)を定めることができる。5 協定については、協定区域内の土地に係る土地所有者等の全員の合意がなければならない。6 協定の内容は、法令に基づき策定された国又は地方公共団体の計画に適合するものでなければならない。7 協定の有効期間は、十年を超えてはならない。

(協定の認定等)

第七条 市町村長は、前条第一項の認定の申請が次の各号のすべてに該当すると認めるときは、同項の認定をするものとする。一 申請の手続又は協定の内容が法令に違反するものでないこと。二 協定の内容が土地の利用を不当に制限するものでないことその他妥当なものであること。三 協定の内容が市町村計画の達成に資すると認められるものであること。2 市町村長は、前条第一項の認定をしたときは、農林水産省令で定めるところにより、その旨を公告し、かつ、当該協定の写しを当該市町村の事務所に備えて公衆の縦覧に供するとともに、協定区域である旨を当該区域内に明示しなければならない。

(協定の変更)

第八条 第六条第一項の認定を受けた協定に係る土地所有者等は、協定において定めた事項について変更(農林水産省令で定める軽微な変更を除く。)をしようとする場合においては、全員の合意をもってその旨を定め、市町村長の認定を受けなければならない。2 前条の規定は、前項の認定について準用する。

(協定の認定の取消し)

第九条 市町村長は、次に掲げる場合には、第六条第一項又は前条第一項の認定を取り消すことができる。一 協定の内容が第六条第六項の規定に違反するもの又は第七条第一項各号に掲げる要件に該当しないものと認められるに至った場合二 協定区域において当該協定の定めるところに従い農用地その他の農業資源の保健機能の増進が図られていないと認められるに至った場合2 市町村長は、前項の規定による認定の取消しを行ったときは、その旨を、当該協定に係る土地所有者等に通知するとともに、公告しなければならない。

(協定成立後の協定への参加)

第十条 第七条第二項(第八条第二項において準用する場合を含む。)の規定による認定の公告のあった後いつでも、協定区域内の土地に係る土地所有者等となった者又は協定区域隣接地の区域内の土地に係る土地所有者等は、市町村長に対して書面でその意志を表示することによって、協定に参加することができる。この場合において、協定区域隣接地の区域内の土地に係る土地所有者等で当該意思を表示したものに係る土地の区域は、その意思の表示のあった時以後、協定区域の一部となるものとする。2 第七条第二項の規定は、前項の規定により協定区域隣接地の区域内の土地が協定区域内の土地となった場合について準用する。

(農用地区域設定の特例)

第十一条 第六条第一項又は第八条第一項の認定を受けた協定に係る協定区域内の一団の農用地等(農業振興地域の整備に関する法律第三条第四号に掲げる土地を含む。以下この条において同じ。)の所有者は、市町村に対し、農林水産省令で定めるところにより、当該農用地等につき所有権以外の第六条第一項に規定する権利、先取特権又は抵当権を有する者の全員の同意を得て、当該農用地等の区域を農業振興地域の整備に関する法律第八条第二項第一号の農用地区域(次項において「農用地区域」という。)として定めるべきことを要請することができる。2 前項の要請に基づき、市町村が同項の要請に係る農用地等の区域の全部又は一部を農用地区域として定める場合には、農業振興地域の整備に関する法律第十一条の規定は、適用しない。

(農作業体験施設等の整備に関する計画の認定)

第十二条 市町村計画を作成した市町村は、農業者の組織する団体から、農林水産省令で定めるところにより、その作成した整備地区における農作業体験施設等の整備に関する計画が適当である旨の認定の申請があった場合において、その計画が市町村計画に適合したものであると認めるときは、その計画が適当である旨の認定をするものとする。

(資金の確保)

第十三条 国及び地方公共団体は、前条の認定を受けた団体又はその構成員が当該認定に係る計画に従って農作業体験施設等を整備するのに必要な資金の確保又は融通のあっせんに努めるものとする。

(国等の援助)

第十四条 国及び地方公共団体は、市町村計画の達成に資するため、市町村計画の実施に必要な事業を行う者等に対する助言、指導その他の援助の実施に努めるものとする。

(農業生産の基盤の整備及び開発等の推進に当たっての配慮)

第十五条 国及び地方公共団体は、整備地区において農業生産の基盤の整備及び開発、農業構造の改善を図ることを目的とする主として農業従事者の良好な生活環境を確保するための施設の整備等を推進するに当たっては、市町村計画の達成に資するように配慮するものとする。





第三章 農林漁業体験民宿業の健全な発達を図るための措置

(全国農林漁業体験民宿業協会の指定等)

第十六条 農林水産大臣は、利用者の利便を増進し、及び地域の農林漁業との調和を確保する見地から農林漁業体験民宿業の健全な発達を図ることを目的として設立された民法(明治二十九年法律第八十九号)第三十四条の法人であって、次条第一項各号に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申出により、全国に一を限って、全国農林漁業体験民宿業協会(以下「全国協会」という。)として指定することができる。2 農林水産大臣は、前項の指定をしたときは、全国協会の名称、住所及び事務所の所在地を官報で公示しなければならない。3 全国協会は、その名称、住所又は事務所を変更しようとするときは、あらかじめ、その旨を農林水産大臣に届け出なければならない。4 農林水産大臣は、前項の届出があったときは、その旨を官報で公示しなければならない。

(全国協会の業務)

第十七条 全国協会は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。一 第二十一条第一項に規定する適正営業規程を作成すること。二 農林漁業体験民宿業を営む者(以下「農林漁業体験民宿業者」という。)について、第二十一条第一項に規定する適正営業規程に係る登録を行うこと。三 農林漁業体験民宿業に関する情報又は資料を収集し、及び提供すること。四 農林漁業体験民宿業に関する調査研究を行うこと。五 前各号の業務に附帯する業務。2 全国協会は、農林水産大臣の承認を受けて、前項第二号の業務に関し手数料を徴収することができる。3 全国協会は、農林水産省令で定めるところにより、農林水産大臣の承認を受けて、第一項第二号の業務のうち登録の受付け、登録に必要な調査その他農林水産省令で定める業務を、営利を目的としない法人であって、第二十四条に規定する農林漁業体験民宿業団体を直接又は間接の構成員とするものに委託することができる。

(全国協会の事業計画書等)

第十八条 全国協会は、毎事業年度、農林水産省令で定めるところにより、事業計画書及び収支予算書を農林水産大臣に提出しなければならない。これを変更しようとするときも、同様にする。2 全国協会は、農林水産省令で定めるところにより、毎事業年度終了後、事業報告書及び収支決算書を農林水産大臣に提出しなければならない。

(全国協会に対する改善命令)

第十九条 農林水産大臣は、第十七条第一項各号に掲げる業務の運営に関し改善が必要であると認めるときは、全国協会に対し、その改善に必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(全国協会の指定の取消し)

第二十条 農林水産大臣は、全国協会が次の各号のいずれかに該当するときは、第十六条第一項の指定(以下この条において「指定」という。)を取り消すことができる。一 第十七条第一項各号に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができないと認められるとき。二 指定に関し不正の行為があったとき。三 この章の規定又は当該規定に基づく命令若しくは処分に違反したとき。2 農林水産大臣は、前項の規定により指定を取り消したときは、その旨を官報で公示しなければならない。

(適正営業規程の認可)

第二十一条 全国協会は、利用者の利便を増進し、及び地域の農林漁業との調和を確保する見地から農林漁業体験民宿業の健全な発達を図るため、農林漁業体験民宿業に係る営業方法に関し少なくとも次の各号に掲げる事項を内容とする規程(以下「適正営業規程」という。)を定め、農林水産大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。一 役務の内容に関する事項二 地域の農林漁業者との調整に関する事項2 農林水産大臣は、前項の適正営業規程が次の各号に適合すると認められるときでなければ、これを認可してはならない。一 利用者の利便の増進に資するものであること。二 地域の農林漁業との調和の確保に資するものであること。三 農林漁業体験民宿業の健全な経営が阻害されるおそれがないこと。3 農林水産大臣は、第一項の認可をしたときは、農林水産省令で定めるところにより、その旨を官報で公示しなければならない。

(適正営業規程の変更命令)

第二十二条 農林水産大臣は、前条第一項の認可を受けた適正営業規程の内容が同条第二項各号の一に適合しなくなったと認めるときは、全国協会に対し、これを変更すべきことを命ずることができる。

(適正営業規程に係る農林漁業体験民宿業者の登録)

第二十三条 全国協会は、農林漁業体験民宿営業者から第二十一条第一項の認可を受けた適正営業規程に従って営業を行おうとする旨の申出があったときは、農林水産省令で定めるところにより、その者について登録を行うことができる。2 前項の登録を受けた者は、農林漁業体験民宿業に係る宿泊施設ごとに、その見やすい場所に、全国協会が農林水産大臣の承認を得て定める様式の標識を掲示するものとする。3 農林水産大臣は、前項の標識について承認を与えたときは、農林水産省令で定めるところにより、その旨を官報で公示しなければならない。4 第一項の登録を受けていないものは、第二項の標識又はこれに類似する標識を掲げてはならない。5 第一項の登録の取消しその他登録に関し必要な事項及び第二項の標識に関し必要な事項は、農林水産省令で定める。

(農林漁業体験民宿業団体の指定)

第二十四条 都道府県知事は、農林水産省令で定めるところにより、農林漁業体験民宿業者を直接又は間接の構成員とする営利を目的としない法人であって、次条各号に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申出により、同条各号に掲げる業務を行う者(以下「農林漁業体験民宿業団体」という。)として指定することができる。

(農林漁業体験民宿業団体の業務)

第二十五条 農林漁業体験民宿業団体は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。一 農林漁業体験民宿業の適正な運営を確保するための構成員に対する指導を行うこと。二 農林漁業体験民宿業と地域の農林漁業との調和を確保するための調整を推進すること。三 農林漁業体験民宿業に関する利用者の苦情を処理すること。四 前三号の業務に附帯する業務

(準用規定)

第二十六条 第十九条及び第二十条第一項の規定は、農林漁業体験民宿業団体について準用する。この場合において、第十九条中「農林水産大臣」とあるのは「都道府県知事」と、「第十七条第一項各号」とあるのは「第二十五条各号」と、第二十条第一項中「農林水産大臣」とあるのは「都道府県知事」と、「第十六条第一項」とあるのは「第二十四条」と、同項第一号中「第十七条第一項各号」とあるのは「第二十五条各号」と読み替えるものとする。

(報告及び立入検査)

第二十七条 農林水産大臣は全国協会に対して、都道府県知事は農林漁業体験民宿業団体に対して、この章の規定の施行に必要な限度において、その業務に関し報告させ、又はその職員にこれらの団体の事務所に立ち入り、業務の状況若しくは帳簿、書類その他の物件を検査させることができる。2 前項の規定により立ち入り検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係人にこれを提示しなければならない。3 第一項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。

(聴聞の方法の特例)

第二十八条 第二十条第一項(第二十六条において準用する場合を含む。)の規定による指定の取消しに係る聴聞の期日における審理は、公開により行わなければならない。

(国の援助)

第二十九条 国は、利用者の利便を増進し、及び地域の農林漁業との調和を確保する見地から農林漁業体験民宿業の健全な発達を図るため必要な援助に努めるものとする。





第四章 雑則

(省令への委任)

第三十条 この法律に規定するもののほか、この法律の施行に関し必要な事項は、農林水産省令で定める。

(罰則)

第三十一条 第二十七条第一項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者は、二十万円以下の罰金に処する。2 全国協会又は農林漁業体験民宿業団体の代表者又は代理人、使用人その他の従業者が、その全国協会又は農林漁業体験民宿業団体の業務に関し、前項の違反行為をしたときは、その行為を罰するほか、その全国協会又は農林漁業体験民宿業団体に対して同項の刑を科する。



附則(抄)

(施行期日)

1 この法律は、平成七年四月一日から施行する。

http://www.maff.go.jp/soshiki/koukai/gt/law.htm



農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律

平六・六・二九法 四 六

第一章 総則

(目的)

第一条 この法律は、農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するための措置等を講ずるとともに、農林漁業体験民宿業について登録制度を実施すること等を通じてその健全な発達を図ることにより、主として都市の住民が余暇を利用して農山漁村に滞在しつつ行う農林漁業の体験その他農林漁業に対する理解を深めるための活動のための基盤の整備を促進し、もってゆとりある国民生活の確保と農山漁村地域の振興に寄与することを目的とする。

(定義)

第二条 この法律において「農村滞在型余暇活動」とは、主として都市の住民が余暇を利用して農村に滞在しつつ行う農作業の体験その他農業に対する理解を深めるための活動をいう。2 この法律において「山村・漁村滞在型余暇活動」とは、主として都市の住民が余暇を利用して山村又は漁村に滞在しつつ行う森林施業又は漁業の体験その他林業又は漁業に対する理解を深めるための活動をいう。3 この法律において「農用地等」とは、農業振興地域の整備に関する法律(昭和四十四年法律第五十八号)第三条第一号から第三号までに掲げる土地をいう。4 この法律において「農作業体験施設等」とは、農作業の体験施設その他農村滞在型余暇活動のために利用されることを目的とする施設であって農林水産省令で定めるものをいう。5 この法律において「農林漁業体験民宿業」とは、施設を設けて人を宿泊させ、農林水産省令で定める農村滞在型余暇活動又は山村・漁村滞在型余暇活動に必要な役務を提供する営業であって、農林漁業者又はその組織する団体が行うものをいう。

第二章 農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するための措置等

(地域)

第三条 この章の規定による農村滞在型余暇活動に資するための機能を促進するための措置は、次の各号に掲げる要件に該当する地域について講じられるものとする。一 農用地等が当該地域内の土地の相当部分を占め、かつ、良好に保全されていること。二 当該地域において農用地その他の農業資源と周囲の環境とが一体となって良好な農村の景観を形成していると認められること。三 当該地域の自然的経済的社会的諸条件からみて、当該地域を含む農村地域の振興を図るため、農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進することが相当であると認められること。四 当該地域が農業振興地域の整備に関する法律第六条第一項の規定により指定された農業振興地域内にあること。

(基本方針)

第四条 都道府県知事は、前条各号に掲げる要件に該当する地域についての農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する基本方針(以下「基本方針」という。)を定めるものとする。2 基本方針においては、次に掲げる事項について、次条第一項の市町村計画の指針となるべきものを定めるものとする。一 農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する基本的な事項二 農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を促進するために必要な措置を講ずべき地区(以下「整備地区」という。)の設定に関する事項三 整備地区における農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るための農用地等その他の土地の利用に関する事項四 整備地区における農作業体験施設等の整備に関する事項五 その他必要な事項3 都道府県知事は、基本方針においては、前項各号に掲げる事項のほか、整備地区における農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備と併せて行うことが必要と認められる山村・漁村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関して農林水産省令で定める事項を併せて定めることができる。4 都道府県知事は、基本方針を定めようとするときは、あらかじめ、農林水産大臣に協議しなければならない。5 都道府県知事は、基本方針を定めたときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。6 都道府県知事は、情勢の推移により必要が生じたときは、基本方針を変更するものとする。7 第四項及び第五項の規定は、前項の規定による基本方針の変更について準用する。

(市町村計画)

第五条 市町村は、基本方針に基づき、当該市町村内の地域であって第三条各号に掲げる要件に該当すると認められるものについて、農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する計画(以下「市町村計画」という。)を作成することができる。2 市町村計画においては、次に掲げる事項を定めるものとする。一 整備地区の区域二 整備地区における農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関する方針三 整備地区における農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るための農用地等その他の土地の利用に関する事項四 整備地区における農作業体験施設等の整備に関する事項五 その他必要な事項3 市町村は、整備地区における農村滞在型余暇活動に資するための機能の整備と併せて山村・漁村滞在型余暇活動に資するための機能の整備を図ることが必要と認められる場合には、市町村計画において、前項各号に掲げる事項のほか、山村・漁村滞在型余暇活動に資するための機能の整備に関して農林水産省令で定める事項を併せて定めることができる。4 市町村は、市町村計画を作成しようとするときは、都道府県知事の承認を受けなければならない。5 市町村は、市町村計画を作成したときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。6 前二項の規定は、市町村計画の変更について準用する。

(協定)

第六条 市町村計画に定められた整備地区内にある土地(公共施設の用に供する土地を除く。)について所有権、地上権、永小作権、質権、賃借権、使用貸借による権利又はその他の使用及び収益を目的とする権利を有する者(国及び地方公共団体を除く。以下「土地所有者等」という。)は、農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るため、当該土地の利用に関する協定(以下「協定」という。)を締結し、当該協定が適当である旨の市町村長の認定を受けることができる。2 協定においては、次に掲げる事項を定めるものとする。一 協定の対象となる土地の区域(以下「協定区域」という。)二 農用地その他の農業資源の保健機能の増進を図るための農用地等その他の土地の利用に関する事項三 協定に違反した場合の措置四 協定の有効期間五 その他必要な事項3 協定区域は、次の各号に掲げる要件に該当するものでなければならない。一 相当規模の一団の土地の区域であること。二 農用地等が当該協定区域内の土地の大部分を占めていること。4 協定においては、第二項各号に掲げる事項のほか、市町村計画に定められた整備区域内にある土地のうち、協定区域に隣接した土地であって、協定区域の一部とすることにより当該協定の目的の達成に資するものとして協定区域の土地となることを当該協定区域内の土地に係る土地所有者等が希望するもの(第十条において「協定区域隣接地」という。)を定めることができる。5 協定については、協定区域内の土地に係る土地所有者等の全員の合意がなければならない。6 協定の内容は、法令に基づき策定された国又は地方公共団体の計画に適合するものでなければならない。7 協定の有効期間は、十年を超えてはならない。

(協定の認定等)

第七条 市町村長は、前条第一項の認定の申請が次の各号のすべてに該当すると認めるときは、同項の認定をするものとする。一 申請の手続又は協定の内容が法令に違反するものでないこと。二 協定の内容が土地の利用を不当に制限するものでないことその他妥当なものであること。三 協定の内容が市町村計画の達成に資すると認められるものであること。2 市町村長は、前条第一項の認定をしたときは、農林水産省令で定めるところにより、その旨を公告し、かつ、当該協定の写しを当該市町村の事務所に備えて公衆の縦覧に供するとともに、協定区域である旨を当該区域内に明示しなければならない。

(協定の変更)

第八条 第六条第一項の認定を受けた協定に係る土地所有者等は、協定において定めた事項について変更(農林水産省令で定める軽微な変更を除く。)をしようとする場合においては、全員の合意をもってその旨を定め、市町村長の認定を受けなければならない。2 前条の規定は、前項の認定について準用する。

(協定の認定の取消し)

第九条 市町村長は、次に掲げる場合には、第六条第一項又は前条第一項の認定を取り消すことができる。一 協定の内容が第六条第六項の規定に違反するもの又は第七条第一項各号に掲げる要件に該当しないものと認められるに至った場合二 協定区域において当該協定の定めるところに従い農用地その他の農業資源の保健機能の増進が図られていないと認められるに至った場合2 市町村長は、前項の規定による認定の取消しを行ったときは、その旨を、当該協定に係る土地所有者等に通知するとともに、公告しなければならない。

(協定成立後の協定への参加)

第十条 第七条第二項(第八条第二項において準用する場合を含む。)の規定による認定の公告のあった後いつでも、協定区域内の土地に係る土地所有者等となった者又は協定区域隣接地の区域内の土地に係る土地所有者等は、市町村長に対して書面でその意志を表示することによって、協定に参加することができる。この場合において、協定区域隣接地の区域内の土地に係る土地所有者等で当該意思を表示したものに係る土地の区域は、その意思の表示のあった時以後、協定区域の一部となるものとする。2 第七条第二項の規定は、前項の規定により協定区域隣接地の区域内の土地が協定区域内の土地となった場合について準用する。

(農用地区域設定の特例)

第十一条 第六条第一項又は第八条第一項の認定を受けた協定に係る協定区域内の一団の農用地等(農業振興地域の整備に関する法律第三条第四号に掲げる土地を含む。以下この条において同じ。)の所有者は、市町村に対し、農林水産省令で定めるところにより、当該農用地等につき所有権以外の第六条第一項に規定する権利、先取特権又は抵当権を有する者の全員の同意を得て、当該農用地等の区域を農業振興地域の整備に関する法律第八条第二項第一号の農用地区域(次項において「農用地区域」という。)として定めるべきことを要請することができる。2 前項の要請に基づき、市町村が同項の要請に係る農用地等の区域の全部又は一部を農用地区域として定める場合には、農業振興地域の整備に関する法律第十一条の規定は、適用しない。

(農作業体験施設等の整備に関する計画の認定)

第十二条 市町村計画を作成した市町村は、農業者の組織する団体から、農林水産省令で定めるところにより、その作成した整備地区における農作業体験施設等の整備に関する計画が適当である旨の認定の申請があった場合において、その計画が市町村計画に適合したものであると認めるときは、その計画が適当である旨の認定をするものとする。

(資金の確保)

第十三条 国及び地方公共団体は、前条の認定を受けた団体又はその構成員が当該認定に係る計画に従って農作業体験施設等を整備するのに必要な資金の確保又は融通のあっせんに努めるものとする。

(国等の援助)

第十四条 国及び地方公共団体は、市町村計画の達成に資するため、市町村計画の実施に必要な事業を行う者等に対する助言、指導その他の援助の実施に努めるものとする。

(農業生産の基盤の整備及び開発等の推進に当たっての配慮)

第十五条 国及び地方公共団体は、整備地区において農業生産の基盤の整備及び開発、農業構造の改善を図ることを目的とする主として農業従事者の良好な生活環境を確保するための施設の整備等を推進するに当たっては、市町村計画の達成に資するように配慮するものとする。

第三章 農林漁業体験民宿業の健全な発達を図るための措置

(全国農林漁業体験民宿業協会の指定等)

第十六条 農林水産大臣は、利用者の利便を増進し、及び地域の農林漁業との調和を確保する見地から農林漁業体験民宿業の健全な発達を図ることを目的として設立された民法(明治二十九年法律第八十九号)第三十四条の法人であって、次条第一項各号に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申出により、全国に一を限って、全国農林漁業体験民宿業協会(以下「全国協会」という。)として指定することができる。2 農林水産大臣は、前項の指定をしたときは、全国協会の名称、住所及び事務所の所在地を官報で公示しなければならない。3 全国協会は、その名称、住所又は事務所を変更しようとするときは、あらかじめ、その旨を農林水産大臣に届け出なければならない。4 農林水産大臣は、前項の届出があったときは、その旨を官報で公示しなければならない。

(全国協会の業務)

第十七条 全国協会は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。一 第二十一条第一項に規定する適正営業規程を作成すること。二 農林漁業体験民宿業を営む者(以下「農林漁業体験民宿業者」という。)について、第二十一条第一項に規定する適正営業規程に係る登録を行うこと。三 農林漁業体験民宿業に関する情報又は資料を収集し、及び提供すること。四 農林漁業体験民宿業に関する調査研究を行うこと。五 前各号の業務に附帯する業務。2 全国協会は、農林水産大臣の承認を受けて、前項第二号の業務に関し手数料を徴収することができる。3 全国協会は、農林水産省令で定めるところにより、農林水産大臣の承認を受けて、第一項第二号の業務のうち登録の受付け、登録に必要な調査その他農林水産省令で定める業務を、営利を目的としない法人であって、第二十四条に規定する農林漁業体験民宿業団体を直接又は間接の構成員とするものに委託することができる。

(全国協会の事業計画書等)

第十八条 全国協会は、毎事業年度、農林水産省令で定めるところにより、事業計画書及び収支予算書を農林水産大臣に提出しなければならない。これを変更しようとするときも、同様にする。2 全国協会は、農林水産省令で定めるところにより、毎事業年度終了後、事業報告書及び収支決算書を農林水産大臣に提出しなければならない。

(全国協会に対する改善命令)

第十九条 農林水産大臣は、第十七条第一項各号に掲げる業務の運営に関し改善が必要であると認めるときは、全国協会に対し、その改善に必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(全国協会の指定の取消し)

第二十条 農林水産大臣は、全国協会が次の各号のいずれかに該当するときは、第十六条第一項の指定(以下この条において「指定」という。)を取り消すことができる。一 第十七条第一項各号に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができないと認められるとき。二 指定に関し不正の行為があったとき。三 この章の規定又は当該規定に基づく命令若しくは処分に違反したとき。2 農林水産大臣は、前項の規定により指定を取り消したときは、その旨を官報で公示しなければならない。

(適正営業規程の認可)

第二十一条 全国協会は、利用者の利便を増進し、及び地域の農林漁業との調和を確保する見地から農林漁業体験民宿業の健全な発達を図るため、農林漁業体験民宿業に係る営業方法に関し少なくとも次の各号に掲げる事項を内容とする規程(以下「適正営業規程」という。)を定め、農林水産大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。一 役務の内容に関する事項二 地域の農林漁業者との調整に関する事項2 農林水産大臣は、前項の適正営業規程が次の各号に適合すると認められるときでなければ、これを認可してはならない。一 利用者の利便の増進に資するものであること。二 地域の農林漁業との調和の確保に資するものであること。三 農林漁業体験民宿業の健全な経営が阻害されるおそれがないこと。3 農林水産大臣は、第一項の認可をしたときは、農林水産省令で定めるところにより、その旨を官報で公示しなければならない。

(適正営業規程の変更命令)

第二十二条 農林水産大臣は、前条第一項の認可を受けた適正営業規程の内容が同条第二項各号の一に適合しなくなったと認めるときは、全国協会に対し、これを変更すべきことを命ずることができる。

(適正営業規程に係る農林漁業体験民宿業者の登録)

第二十三条 全国協会は、農林漁業体験民宿営業者から第二十一条第一項の認可を受けた適正営業規程に従って営業を行おうとする旨の申出があったときは、農林水産省令で定めるところにより、その者について登録を行うことができる。2 前項の登録を受けた者は、農林漁業体験民宿業に係る宿泊施設ごとに、その見やすい場所に、全国協会が農林水産大臣の承認を得て定める様式の標識を掲示するものとする。3 農林水産大臣は、前項の標識について承認を与えたときは、農林水産省令で定めるところにより、その旨を官報で公示しなければならない。4 第一項の登録を受けていないものは、第二項の標識又はこれに類似する標識を掲げてはならない。5 第一項の登録の取消しその他登録に関し必要な事項及び第二項の標識に関し必要な事項は、農林水産省令で定める。

(農林漁業体験民宿業団体の指定)

第二十四条 都道府県知事は、農林水産省令で定めるところにより、農林漁業体験民宿業者を直接又は間接の構成員とする営利を目的としない法人であって、次条各号に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申出により、同条各号に掲げる業務を行う者(以下「農林漁業体験民宿業団体」という。)として指定することができる。

(農林漁業体験民宿業団体の業務)

第二十五条 農林漁業体験民宿業団体は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。一 農林漁業体験民宿業の適正な運営を確保するための構成員に対する指導を行うこと。二 農林漁業体験民宿業と地域の農林漁業との調和を確保するための調整を推進すること。三 農林漁業体験民宿業に関する利用者の苦情を処理する

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

要約:社会人類学の系譜と儀礼の研究

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 2日 01:00
  • その他

Ⅰ.儀礼と階級闘争

  1. フュステル・ド・クーランジュ―ディルケムの師『古代都市』(1864年)
  2. 宗教的儀礼と社会
  3. 宗教と政治の特権階級との社会「階級」闘争
  4. フュステルの構想=ディルケムの「機械的連帯」
  5. 宗教儀礼の財をめぐる最初の階級闘争
  6. 社会構造を変化させた4つの革命

Ⅱ.道徳と象徴についてのディルケムの理論

 1)宗教は社会の道徳的基盤

 2)人類学:中央オーストラリアの諸部族の研究

  • ・・『非白人文明、オーストラリアの部族の研究』(1937年)

 3)『宗教生活の原初形態』の2つのメッセージ

  1. 知識社会学かかわる人間の観念について
  2. 儀礼の理論

Ⅲ.社会階層の儀礼的基盤―W.ロイド・ウォーナーによるアメリカの研究

1)文化的観点による階層システム

2)類学的観点による階層システム

  1. 儀礼最大の集合の1つが宗教
  2. 異なる宗教による階級の再生産
  3. 家族維持に深く関与する宗教

3)WASPのアメリカにおけるリーダー的存在

Ⅳ.個人の日常生活の儀礼―アーヴィン・ゴッフマン

 1)「相互作用儀礼」・・・日常の儀礼の丁重さ、礼儀

 2)「聖なる対象」=自我(Self)崇拝

 3)「表舞台」「裏舞台」

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

個人主義について

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年7月 2日 00:00
  • その他

スペンサーの個人主義に対する批判

 個人主義は、中世のあらゆる束縛(貴族の支配、教会組織のヒエラルヒー、重商主義の支配)からの解放によって、生み出され台頭する中産階級の活動原理となったものである。また、個人の自由という価値意識のもとに確立したものである。

 社会学の早い段階では、H.スペンサーがこの問題に着手し功利・合理主義的個人主義といった見解に達した。これは、個人は社会の利益のために存在するのではなく、社会が個人の利益のために存在しているというものである。H.スペンサーは、社会を社会有機体であるとも考えていた。そのため、社会は人間よって作られるものではなく、社会はそれ自体が成長・発達するとの見解を持っていた。この見解は、社会ダーウィン主義(Social Darwinism)として、19世紀後半のアメリカ合衆国で顕著に見られた理論に類似している。これは自由放任思想的な社会概念であり、自由競争による自然力的淘汰が行われ進化論的水準を引き上げるということである。

 有機体としての社会では、個々人間のつながりも強くなくてはならない。言い換えれば、個々人の行う社会的諸活動の緊密なネットワークの制度化が必要であるということだ。

 そして、H.スペンサーは分業によって社会生活が営まれるとも考えた。彼の場合は、政治的分業、生理的分業、といった視点から社会的分業、社会学的分業へのアプローチ経ていたものであるが、この考えは、E.デュルケムの著書『社会分業論』の中で否定された。E.デュルケムのよれば、「契約が存在する場合、契約は常にある規定に従っている」とし、「契約の非契約的要素」(契約に先立ってこれを可能にしている規範的要素がなければ、契約関係は成立しない)を主張しなくてはならないのである。【山岸:153】もう少し、具体的にわかりやすく言い換えると、E.デュルケムはH.スペンサーと違って個人は社会によって作られるという認識をもっていた。したがって、H.スペンサーの考えた「契約的秩序」は、相容れないものなのである。なぜなら、根本的に社会と個人との捕らえ方が違うので、批判は容易にできるのである。また、この「契約的秩序」は個人を前提にした考え方であり、社会的紐帯は私的な利害に基づいて結ばれる個人間の契約によるものであるというのが、主な内容である。これに対して、E.デュルケムは社会を前提とした考え方であり、契約を結ぶためにはそれを行う上でルールが存在しその規範がなければ、契約関係は成立しないというものである。私的利害の個人間における関係に対しても、このような規範的要素(社会的拘束力)が優先していなければならないのである。

 お互いこの問題に関しては、どちらも選択できる可能性があり、一概に一方だけを選択すればそこから先のより高度な論争には到達できなくなってしまう。要するに、2つとも重要な概念であるという認識をもつことが、もっとも望ましい立場であろう。

デュルケムの個人主義

 先ほども触れたが、デュルケムは「個人は社会によって形成される」という立場をとっている。そのため、集団意識(社会的規範)が個人の意識から独立したものとして存在し、自覚の有無にとらわれず、個人の行動や思考を往々にして方向付けていると考えた。これは、生を受けたばかりの子供は、利己的で非社会的な存在であり(性悪説)、そのままでは社会生活に適合することはできない。この純粋な存在の中に社会的存在を形成し、体系的に社会化していくという営みを、教育を通してなされなければならないと考えた。「教育は、その社会的な要求にしたがって一定の肉体的・知的・道徳的状態を子どもの中に発現させ、発達させる役割を担う。人間は、教育を通じ、社会的な雛型にしたがって形成されていくのである。」【山岸:154】

 E.デュルケムは、H.スペンサーを批判しながらも、「社会は個人によって形成される」という理論全般を否定したわけではなかった。彼もまた、私と同様に2つの理論を受け入れながらも、矛盾した2つのパラドックスに陥っていたのである。彼は、歴史的な変動の過程で既存の集合意識(社会的規範)が解体し、新たな行為・思考様式が形成されていく条件を問題にしている。より具体的な事例を挙げると、現在もまた、この集団意識が解体され始め新たな行為・思考様式が形成されている段階だと、私は考えている。

冷戦構想が解体した役10年前から世界の集団意識は変動しつづけている。そして、新たな思考様式として、グローバリズムが生まれた。その思考様式を実践する行為として、インターネットのめまぐるしい普及があった。そして、新たにアメリカを中心とした資本主義体制国対それに反発するものという構想が、ここ最近生まれてしまった。この構想は、冷戦と同じくらいかそれ以上続く可能性は大きい。それにより、また新たな段階へと社会は移行していくだろう。物質が大量に行き交う時代は終わりを告げ、情報が大量に行き交う時代が幕を開けた。

E.デュルケムの考える個人と社会の関わりを論じるときは、現代の分析を踏まえた上で考えると、よりわかりやすくなると思われる。

内容が少しわき道にそれてしまったが、E.デュルケムは「社会は個人によって形成」されることも視野に入れていたのである。彼によれば、集団意識の生成は個人間の接触(コミュニケーション)が母体となっていると『宗教生活の原初形態』で論じている。しかし、「社会が個人を形成する」という見解と、「個人が社会を形成する」という一面は、E.デュルケムによって体系的に理論化されたものではない。それに、この問題は「卵が先か、鶏が先か」という論争と同じであり、議論したところで理論化できる結論は見出せないと思われる。

参考文献一覧

今村仁司 『現代思想を読む事典』 1988 講談社現代新書

富永健一 『社会学講義』 1995 中公新書

丸山哲央 監訳・編集 『新しい世紀の社会学中辞典』 1996 ミネルヴァ書房

山岸健・船津衛 編著 『社会学史の展開』1993 北樹出版

山崎正一・市川浩 編 『現代哲学事典』 1970 講談社現代新書

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

課題レポート:「グローバル資本主義システムについて」

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 08:00
  • その他



初めに、国際関係論とはどのような学問体系かというと、「International Relations」の日本語訳なのであるが、それだけでは具体性がなく、学問体系としても成り立たない。

具体的にどのようなことを研究するとかと言うと、国際間の政治・経済の関係を研究する学問としての位置付けを持っているが、国際関係学と言った学問体系はまだ確立されていない。したがって、国際関係論という位置付けになっている。

前述した国際間を言うには、必ず二つ以上の国民国家がなければ、成立しない。

そこで次に、国民国家について説明しなければならないだろう。国民国家の基礎を作ったのは、近代ヨーロッパであった。これには、近代功利主義が深く関わってくる。近代合理主義は、1700年から1800年までは、イギリスで功利主義と呼ばれていた。その起こりは、ホッブスまで遡るという人たちと、ロックが生み出したと言う学説がある。確かに、ホッブスも功利主義について触れている部分もあるが、実際は、イギリスの社会哲学者によって提唱されたと言うのが、一般的である。

なぜこれが、必要になってくるかと言うと、この後の19世紀から起こる産業革命や市民革命により、私的財産権の確保というものがより重要視されてくるからだ。これらを、保護してくれる必要性が、国家に出てきたわけである。それまでの夜警的な国家ではなく、より合理的な選択の出来る国家の必要性が出てきたのである。具体的にどういう事かと言うと、国家が軍事力を持ち、そのテリトリー(その国の国土)で生活する人々の安全を確保しなければならず、また、法を整備し、権力を持つ事によりそのテリトリー中で生活する人々から税金を徴収し、軍事力を維持する。その結果、テリトリーの内外で、保護レントを確保できるわけである。

それを成し遂げるには、社会的個人の認識が必要不可欠となってくる。社会的個人とは、個人的な利益の追求を合理的にする過程で、所属する社会の利益を優先する立場をとる人のことを言う。

その反対の私的個人とは、自己の利益を深く追求し、それ以外のことは、自ら、排他しようとする人のことを言う。

なぜ社会的個人が重要になってくるかと言うと、これらの人は、所属する社会に税金を払い、政治権力をもたせることにより自らの安全と私的財の確保をしようと考える。そのため、運営をする側にとっても利害関係が一致するので、必要な存在になるのである。

ヨーロッパでは、初め私的個人による政府の介入を認めない考え方が主流であったが、市場のメカニズムが、変わってきたため介入を認めざるをえなくなり、社会的個人が重要視されるようになってきた。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

日本神話学 レポート

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 07:00
  • その他



はじめに

 日本民俗学、文化人類学において新しい試みを行いたい。それは、フランスの文化人類学者レヴィ=ストロースの説いた「構造主義」の応用だ。彼は、これを用い神話の解明を試みたが、その手法は難解極まりないものであり他人には真似できないとまで言われた。しかし、構造主義という概念自体を応用するのはそれほど難しいものではないと思われる。

 日本に伝わる伝説・民話・神話なども、その話になるまでには基になった実話が必ず在ると、私は信じている。



神隠しといわれるもの

 「曾て羽前の尾花沢付近に於いて、一人の土木の工夫が、道に迷うて山の奥に入り人の住みそうに無い谷底に、はからず親子三人の一家を見たことがある。これは粗末ながら小屋を建てて住んでは居たが、三人とも丸裸であったという。

女房がひどく人を懐かしがって、色々と工夫に向って里のことを尋ねた。何でも其亭主という者は、世の中に対してよほど大きな憤懣があったらしく、再び平地へは下らぬと云う決心をして、こんな山の中へ入って来たのだと謂った。

工夫は一旦其処を立ち去った後、再び引き返して同じ小屋に行って見ると、女房が彼と話をしたのを責めると云って、縛り上げて折檻をして居るところであったので、もう詳しい話も聞き得ずに、早々に帰って来て、其後の事は一切不明になって居る。

此話は山方石之助君から十数年前に聴いた。山に住む者の無口になり、一見無愛想になってしまうことは、多くの人が知っている。必ずしも世を憤って去った者で無くとも、木曾の山奥で岩魚を釣っている親爺でも、たまたま里の人に出くわしても何の好奇心も無く見向きもせずに路を横切って行くことがある。文字に現せない寂寛の威圧が、久しゅうして人の心理変化せしめることは想像することが出来る。

そうしてこんな人に僅かな思索力、乃至は僅かな信心が有れば、乃ち行者であり、或は仙人で有り得るかと思われる。又天狗と称する山の霊が目の色怖ろしくやや気六つかしく且つ意地悪いものと考えられて居るのも、一部は此種山中の人に逢った経験が、根を為して居るのかも知れぬ。【柳田國男:9】」



なぜ、山に入るのかという理由はいまだ明らかでない。隠遁のためである場合は簡単だのだが、実際は理由のわかっていない事例も多く取り上げられている。



「人には尚是という理由がなくてふらふらと山に入っていく癖のようなものがあった。少なくとも今日の学問と水利だけでは説明することの出来ぬ人間の消滅、殊には此世の執着の多そうな若い人たちが、突如として山野に紛れ込んでしまって、何をしているのかも知れなくなるということがあった。自分がこの小さな書物で説いて見たいと思うのは主としてこうした方面の出来事である。是が遠い近い色々の民族の中にも折々は経験せらされる現象であるか。はた又日本人にばかり特に、且つ頻繁に繰り返されねばならぬ事情があったのか。それすらも現在は尚明瞭で無いのである。しかも我々の間には言わず語らず、時代時代に行われて居た解釈があった。それがある程度まで人の平常の行為と考え方とを、左右して居たことは立証することが出来る。我々の親たちの信仰生活にも、之と交渉する部分が若干あった。しかも結局は今尚不可思議である以上、将来何れかの学問が此問題を管轄すべきことは確かである。棄てて顧みられなかったのは寧ろ不当であると思う。【柳田國男:10】」



 こうした出来事は、日本古来よりある出来事らしく俗っぽい言い方をすれば、「神隠し」が此れに当たると思われる。しかし、何らかの力が加わり、居なくなるというよりは自発的に居なくなるので、「神隠し」のそれとは言いがたい部分もあることは確かだ。



マタギとアイヌ人

 「マタギは東北人及びアイヌ語で、猟人のことであるが、奥羽の山村には別に小さな部落を為して、猟人本位の古風な生活をしている者に此名がある。例えば十和田の湖水から南祖坊に逐されて来て、秋田の八郎潟の主に為って居ると云う八郎おとこなども、大蛇になる前は国境の山の、マタギ村の住人であった。(中略)マタギの根原に関しては、現在まだ何人も説明を下し得た者は無いが、岩手秋田青森の諸県に於いて、平地に住む農民たちが、やや之を異種族視して居たことは確かである。(中略)北秋田の山村のマタギの言葉には、犬をセタ、水をワツカ、大きいをポロというの類、アイヌの単語の沢山に用いられて居ることを説いている。【柳田國男:10~11】」

 ただ、アイヌ語を使っていたからマタギはアイヌ人だというのは早計であると、柳田氏は言っている。マタギといわれる人たちは、言語風俗その他に於いても、何ら平地民とは変わらなかった。しかも、近世に於いては村に居る限りは地を耕し穀物を作っていたし、山村に住む農民も狩猟によって生計を補うところも少なくは無かった。名称以外には二者を差別すべきものは無いとも、柳田氏は言っている。しかし、私の考えは違う。

 そもそも、マタギは熊を狩る事を生業にしている。勿論他の兎や鹿なども狩っていたらしいが、主として熊を狩る猟師をマタギという。農民も、狩猟で生計を補っていたと有るが、熊までは狩ることはしなかったのではないだろうか。補うだけであれば、それほど大きな獲物を得る必要性は無い。マタギの場合、地を耕すことは生計を補うものであり、おもな生業は、狩猟であったと考えられる。

「ただ関東以西には猟を主業とする者が、一部落を為すほどに多く集まって居らぬに反して奥羽の果に行くとマタギの村という者が折々ある。【柳田國男:11】」

 また、アイヌ民族は農耕民族ではなく狩猟民族であるというのが、現在の一般通念である。とすると、アイヌ人とマタギの共通点はアイヌ語だけではないということである。しかも、アイヌ人の中には、和人と積極的に交流を図るものもいたという記述があるし、アイヌ民族の歴史を辿ると、徐々に北上し東北の地名の至る所にアイヌ語が使われている。(参考;アイヌ民族の歴史と変遷―差別の歴史―:2001)

 以上の点から、マタギとアイヌ人は限りなく近い存在ということが言えるのではないだろうか。







参考文献

柳田國男 折口信夫 荻原朔太郎 宮沢賢治 高村光太郎 斎藤茂吉 高浜虚子

久保田万太郎 幸田露伴

1992(平成元年四月一日) 初版第一印刷発行

小学館

『昭和文学全集 第4巻』

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

南米日系移民の歴史

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 06:00
  • その他

初めに

現在、日本人の海外旅行者数17,819,000人(2000年)【JNTO:国際観光振興会】といわれており、不況と言われる最中でも毎年その数は増加の一途にたどる。日本は四方を海に囲まれた列島ということもあり、日本人の海外に対する憧れは昔から強いようだったが、今と昔では海外に行く目的と事情が全く違う。

第二次世界大戦前は、観光というより移民としてその土地で生活するために出向くものが多かった。夢を見て外国の土地を踏んでも、実際その生活は過酷で凄惨なものであることも少なくはなかった。



「元年者」

  • アメリカ領事館員のヴァンリード(資料1)の進言によって始まった
  • 「グァム島移民42人は江戸開城の前日、1868年5月2日のことだった。ハワイ移民は明治新政府になってからのことだった。政府は奴隷貿易反対の立場から移民を禁止しようとしたが、ヴァンリードは政府に抗議する一方、5月17日、密かに船を出港させてしまった。」【高橋:10】
  • グァムに渡った移民は過酷な労働や賃金の不払い、劣悪な食事で病死者が続出したため、1868年から2年間に渡り帰国する事になる。(42人中28人が帰国)
  • ハワイでも、帰国の嘆願書を日本政府に送ったが、調査した結果、状態はそれほど悪くなく、言葉と風習の違いからくる誤解や仕事の不慣れが主な原因であった。調査を行った使節団はハワイ政府と協議(注Ⅰ)し、43人が1870年に帰国した。
  • これらの失敗から日本政府は移民に消極的だったが、国政経済が行き詰まり(注Ⅱ)移民を送出する事になる。

→1883年には、「オーストラリア行きの採貝潜水夫が許可されたのを契機に、ハワイ移民が開始される。政府はハワイ王国と移民協定を結び、1885年、官約移民944人を送出した。」【高橋:10】



アメリカ移民

  • 官営で行われていた移民事業が1894年に民会へと委託された事によって、民間移民会社が続々誕生。(1900年代には60社もの移民会社があった)
  • アメリカに移住するつもりで渡った者は皆無に等しかった。

→移民の目的はあくまでも出稼ぎであり、故郷に錦を飾ると言う事がアメリカンドリームだった。

  • 低賃金(アメリカ人にとってみれば)で働く日本人は、アメリカ人労働者との間で利害対立を生むようになる。この軋轢は、徐々に黄色人種排斥や排日運動へと発展していく。
  • 1908年に日米紳士協定が結ばれたため、日本人の出稼ぎ労働は事実上困難になった。もっと言えば、日本人が北米に進出すること自体が困難になったのである。



ペルー移民

  • 北米(特にアメリカ)の次に移民候補地に挙がったのはペルーだった。
  • 日本とペルーとの関係は、1873年に「日秘修交通商航海仮条約」によって国交はあったものの、互いに公館を置いていないという状況だった。
  • ペルーの農場経営者は奴隷制が廃止された当時でも、奴隷を扱っているという感覚で農場を経営していた為(タリア制と言われる完全出来高制)、日本人労働者にも同じように接した

→低賃金で過酷な労働を強いて働きが悪いといって鞭で打ったり、賃金を払わなかったりした。

  • こうした仕打ちに、日本人が黙っていたわけではなく、ストライキなどで抵抗していた。

→しかし、この結果農場主との間で抗争が絶えなかった。

  • ペルーに渡った移民の殆どは、帰国を希望していたが船が無い為に叶わず、その仕打ちに耐え忍ぶか若しくは、逃走するしか手は無かった。
  • 日本の外務省も対策を講じたが、ストライキが蔓延していたため労働改善までには至らず、当時蔓延していたマラリアを予防・治療のために医師団を派遣するまでに留まった。
  • ペルーに渡った移民の多くは、帰国する為の金が貯まらず、結局現地に残るしかなかったのだが、置き去りにされたといっても過言ではない。



ブラジル移民

  • ブラジルにも移民の送出を行ったが、その理由は今までのものと、日露戦争終結後の帰還兵士の失業を防ぐという目的もあったようである。
  • ブラジル移民を開始する前までの日本政府は、ペルー、ボリビアと南米において痛い目を見ているので南米移民に関して消極的態度だった。(資料4)
  • しかし、三代目杉村公使になると事態は急変する。初代、二代目公使は否定的な報告書を送っていたが、三代目杉村公使(注Ⅳ)によって徐々に日本側も移民送出に傾き始めた。
  • そこへ、大量帰還兵士問題も重なり、ブラジル移民が開始された。
  • 第一回目の移民は167家族791人と、通訳として東京外国語大学スペイン語科卒業生・在学生の中から5人(注Ⅴ)の796人であった。
  • ブラジル移民は主にコーヒー農園での労働を行っていた。しかし、ブラジル農園主も奴隷制の感覚が抜けておらず、過酷な労働を強いられ移民はここでもストライキを起こし、確執が深まるばかりであった。
  • 日系移民が入る前まで主な労働力はイタリア人によってまかなわれていたが、本国イタリアでは、農園の過酷な労働などの理由から移民者を引き上げている時期だった。
  • ブラジル移民は1913年12月まで合計8回も行われたが、翌年1914年には第一次世界大戦が勃発している。また、日本でも関東大震災で全てを失った人が新天地ブラジルを目指すと言う事も珍しくなかったのである。



南米日系人の排斥

  • ブラジル労働商工省移民局に残されている日本人移民の入国者数は、1908年から1941年までに188,309人となっている。
  • これだけ多くの日本人が渡ったということによって、次第に日本人会というコミュニティーが出来始めた。

→主な取り組みは、日本人学校の設立であるが、教育資格を持つ者も無く(中学校卒業者や中退者が教壇に立った)、泥と茅葺の粗末な掘っ立て小屋だった。

「1932年には各地に創立された日本人学校は187校にも及んでいる。生徒は約一万人程度だったと思われる。」【高橋:114】

  • だた、こうした試みは他のブラジル人に不信感を抱かせるようになる。

→ブラジルでも排斥をするような動きが起こり始めていたが、当初は移民受け入れ賛成派と反対派の二つに分かれていた。これは、受け入れを行っていない州は日本人に対して甘かったという事が理由として挙げられる。

  • 1930年以降移民二分法が制定された後は、ブラジルに入国できる日本人移民は2,800人程度と制限されるようになる

→「最近50年間にブラジルに定着したる当該国人の総数の2パーセントを超えることを得ず」【高橋:116】

  • だが、実際は後続移民が途絶えてしまう事によってブラジルが孤立してしまうと言う不安からこの法律は事実上適用されていなかったのである。
  • 日本が、日中戦争・真珠湾攻撃を行い第二次世界大戦へと突入するにつれ、ペルー・ボリビア・ブラジルなどの日本人を受けいれた南米各国は、日系移民に対して圧力をかけるようになる。(国交断絶による合憲的な略奪・無実逮捕など)

→財産の凍結、日本語教師の逮捕、外出や出国に関する規制など



まとめ

  • 日系移民はグァム、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、ペルー、ボリビアなどに渡ったが、どの国に渡った移民も帰国する事を大前提として出国している。
  • 日系移民の多くは、出稼ぎ目的で渡っている。
  • 南米に渡った移民は、労働条件や生活条件が著しく悪く(資料5)、病死者が多く出ている。
  • 迫害などは言葉の違いや風習の違いなどから、どの国に渡った移民にも当てはまり、第二次世界大戦中の日系移民は強制収容や財産の凍結などの処置を受けていた。
  • 日系移民の同化(注Ⅵ)
  • 新たな疑問点

→初め移民として渡った人たちの多くは、なぜ日本に帰ることを願っていたのだろうか?なぜ、その地で骨をうずめる覚悟が無かったのだろうか?

注釈一覧

(注Ⅰ)

 日本側の要求として、残留者の待遇改善、違反事項の是正、即時帰国希望者の容認、移住契約期限(3年)満了の後、帰国希望者はハワイ側の費用負担で帰国などを日本政府は要求し、「元年者」移民を日本政府が公認知ることを取り決めた。



(注Ⅱ)

 当時の日本は、脱亜入欧の理念の下で近代化政策を行っていた。その過程で、多くの農村が崩壊していった。地租改正により農民には国家財政を担うという大きな負担が圧し掛かってきた。1884年から1886年の2年間に、全耕地の1/7が負債により抵当流れをしており、1890年までに地租滞納で強制処分を受けた者は367,000人にも上る。こうした背景から、農村から都会への人口流出が起こったが、当時の日本はそれほど近代化が進んでいたわけではないので、この都市から溢れた過剰人口が移民へと変容していったわけである。



(注Ⅲ)

 1900年に調査員として、当時、メキシコ公使館野田良治書記を任命した。彼は同年に在リマ領事館付にも任命されている。



(注Ⅳ)

杉村氏はブラジル人がヨーロッパから「未開人」と思われていて、ロシアが負けたという事実は、痛快な出来事であり其れが親日に影響していると解釈していたが、実際これは、ブラジル人の持つラテン的気質を知らないことによって、引き起こされたものだった。

当のブラジル人は、ヨーロッパから未開人扱いされたことに対する憤りは無かったし、ロシアに対しても敵意は無かったという。視察先でブラジル人有力者が、日露戦争の事を賞賛したが、それは弱者が強者を破ったことに対するものの驚嘆でしかなかった。ブラジル人特有のジェスチャーを交えた話し方も、彼らにとっては其れが普通であり、特に親日的な理由から来るものではなかったのである。



(注Ⅴ)

大野基尚、仁平高、平野運平、嶺昌、加藤順之助ら5人



(注Ⅵ)

イデオロギーを構築するのも、改革するのも全て教育が行うものだと考えている。多文化社会アメリカが行った国民総合を基本理念とする日系人教育や、アメリカ日系移民の2世、3世に見られるような同化、また、本文でも述べた南米における日本語教育の禁止などは、まさに日本人のイデオロギーをその土地で根付かせないために行ったものだと容易に考えられる。

日系人に行ったアメリカの教育や同化教育は、『多文化社会アメリカにおける国民総合と日系人学習』や『教育における文化同化』、『アメリカの日系人―都市・社会・生活―』に詳しい。



資料編

(資料1)

~引用文~

 1868年、横浜在住アメリカ商人ユージン・バンリードは、およそ150人の日本人労働者をハワイの砂糖プランテーションへ、そのほか40人をグァムへ送りました。この出稼ぎ労働者の一団は一般に「元年者」として知られ、政府の許可や旅券を受けることなく日本を出国しました。近代日本最初の海外「移民」だった「元年者」は、渡航地で奴隷にも等しい取扱を受け、結局、国家の体面保持ということもあり、明治政府が救出に乗り出さなければなりませんでした。「元年者」の失敗もあり、政府はこののち二十年近く日本人の海外移住を許さず、かわりに北海道開拓を推進しました。

【Japanese American National Museum】



(資料2)

~引用文~

 1896年に制定された移民保護法は移民の渡航を行政庁の許可を条件とし(第二条)、移住を周旋する移民取扱人は行政官庁の許可を必要とした(第五条および第六条)。この移民取扱人は通常の営業と異なり、鉱産資源の採掘など特殊事業を目的とする営業と同様、「帝国臣民又はこれを社員若しくは株主とする会社」に限定されていた(第七条)。さらに移民取扱人は渡航援の周旋を行った移民に対しては、満十年間、その移民の「疾病、其の他の困難の場合に於いて之を援助若しくは帰国せしむる」義務を負い、行政庁がこの種の行為を為した時はその費用を弁償しなければならないと定められていた(第三条、第七条)。しかもこの義務は移民取扱人が営業停止処分を受け、休業した後も子の義務から逃れることは出来なかった(第九条)。【高橋:42】



(資料3)

【高橋:43】より抜粋

 1909年10月まで

ペルー向けの移民回数:10回

合計移民者数:6,295人

ペルーに残る移民:5,158人

死亡者数:481人

ブラジル・ボリビアへの再移住者:242人

日本に帰国した者:414人



(資料4)

1899年着任:2代目大越成徳大使の報告

「移民会社のブラジルの宣伝は極力之を警戒すべし」【高橋:49】

これは、コーヒー農場の労働力を支えていたイタリア移民の貧窮があまりにひどかったため送られた。

その後、イタリア公使との対話をして次に報告書を送っている。

「(イタリア)公使いわく、移民の惨状の実際は、当地にありて聞きし所より尚一層惨状にて、実に困厄の極み陥るとも評す可き有様にして、彼等数ヶ月前より其労働賃金を請取らざるのみならず、中には一年も賃金不渡のもの尠からずとの事に候(中略)而も其賃金不渡の移民の数は、伊国労働者の過半、即ち三万人に達せり候云々」【高橋:50】



(資料5)【高橋:44】

~引用文~

「来た時は大変じゃったよ。食べるもんはなにもなかったとよ。日曜日にゃ耕地を流れる小川にはえているベーロ(セロリ)をよく摘みに行ったよ」

と、 石井シゲは語る。白髪で深い皺が一世紀を生き抜いてきたことを無言のうちに物語っていた。

 「 ワシの家は百姓じゃったが、食べるものにはセンファウタ(不足しなかった)。嫁に行った先がボーブレ(貧乏)で、それでペルーでもうけようとこっちに来たとよ。」

 福井県出身の彼女はスペイン語をまじえて移住の動機について説明してくれた。ペルーがどこにもあるか知らず、1903年に神戸港を離れたという。

 「朝五時に起きて御飯を炊いて食べ、六時にはもう仕事に行かにゃならんとよ。ワシは百姓じゃからキビ狩りもなんでもなかったが、慣れん者は苦労したよ」



先行研究一覧

牛島秀彦 1989 『行こかメリケン、戻ろかジャパン ―ハワイ移民の100年―』講談社

篠田佐多江 北米日系移民史(アメリカ史) 東京家政大学

高橋幸春 1997 『日系人 その移民の歴史』三一書房

日本移民学会非公式ページhttp://camp.ff.tku.ac.jp/YAMADA-KEN/JAMS.html

山田晴通『移住研究』http://camp.ff.tku.ac.jp/tool-box/mig/iju.html

米山裕助教授 アメリカ史(日系移民史) 立命館大学



参考文献一覧

高橋幸春 1997 『日系人 その移民の歴史』三一書房

田中圭治郎 1986 『教育における文化同化―日系アメリカ人の場合―』 本邦書籍

森茂岳雄 1999 『多文化社会アメリカにおける国民総合と日系人学習』 明石書店

柳田利夫 1999 『アメリカの日系人―都市・社会・生活―』 同文館出版

中国の在留邦人者数と日経企業進出数http://www.shanghai-dweller.com/index.html

国際観光振興会:JNTO http://www.jnto.go.jp/info/

Japanese American National Museum http://www.janm.org/main.htm

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

海外の個人情報事情

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 05:00
  • その他

Q20 諸外国における個人情報保護制度はどのようになっていますか。OECD8原則とはどのようなものですか。



(A)



1.

 近年の国際的な情報化の流れの中で、個人情報の保護に当たっては、国際的にも整合性を保った制度とすることが重要です。



2.

 OECDでは、プライバシー保護のための各国の法制度が国際的な情報の流通に支障を及ぼすことを防止するため、1980年に「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのOECD理事会勧告」を採択していました。 この中で、「プライバシーの保護」と「情報の自由な流通の確保」という競合する価値を調和させることを目的として、いわゆる「OECD8原則」を盛り込んだガイドラインを示し、加盟各国に対し、国内法制に反映させることを求めています。



3.

 OECD8原則は、以下の8つの原則からなっています。



(1)

「目的明確化の原則」: 利用目的を明確にし、データ利用は収集目的に合致するべき。



(2)

「利用制限の原則」: データ主体の同意がある場合、法律の規定による場合以外は目的以外に利用してはならない。



(3)

「収集制限の原則」: 適法・公正な手段により、かつ適切な場合には情報主体に通知又は同意を得て、収集されるべき。



(4)

「データ内容の原則」: 利用目的に沿ったもので、かつ、正確、完全、最新であるべき。



(5)

「安全確保の原則」: 合理的安全保護措置により、紛失・破壊・使用・修正・開示等から保護するべき。



(6)

「公開の原則」: データ収集の実施方針等を公開し、データの所在、利用目的、管理者等を明示すべき。



(7)

「個人参加の原則」: 自己に関するデータの所在及び内容を確認させ、又は異議申立を保障すべき。



(8)

「責任の原則」: 管理者は諸原則実施の責任を有する。



4.

 これにより、OECD加盟国29カ国中、個人情報保護法を有しているのは現在27カ国(ほか1カ国は法案提出中)であり、このうち民間部門を包括的に対象とする個人情報保護法を有しているのは24カ国となっています。



Q21 欧州における個人情報保護法制はどのようになっていますか。



(A)



1.

 ヨーロッパでは、EU統合の進展に伴い、EU域内での情報の自由な移動を確保する必要性の高まり等から、1995年に「個人データ処理に係る個人の保護及び当該データの自由な移動に関するEC指令」(EU指令)を採択しました。



2.

 EU加盟各国では、この指令に沿って国内法制を順次整備しているが、例えば、ドイツ、イギリス、フランスなどでは独立の監督機関などを置いていますが、他方、裁判制度等基盤となる制度も異なり、また事前規制(届出、登録制度)をとっているところもあるなど、各国によりその態様は異なっています。



(参考) 主要各国における制度の概要



 【ドイツ】「連邦データ保護法」(1977年制定(1990年、2001年改正)。 公的機関及び民間機関の双方を包括する包括法であるが、規制のレベルが異なる。 また同法により監督機関(連邦データ保護監察官)が設置され、公的機関を監督するとともに、民間機関は州の監督官庁が監督している。



 【イギリス】「データ保護法」(1984年制定(1998年改正)) 同法は、公的機関及び民間機関の双方を規制する包括法である。 同法により監督機関(データ保護コミッショナー)が設置され、個人情報を利用する公的機関・民間機関は同コミッショナーへの届出が必要とされている。



 【フランス】「情報処理・データファイル及び自由に関する法律」(1978年制定(現在改正法案提出中)。 同法は、公的機関及び民間機関の双方を規制する包括法である。 同法に基づき監督機関(情報処理及び自由に関する国家委員会(CNIL))が設置され、個人情報を利用する公的機関・民間機関は同機関への届出が必要とされている。



Q22 アメリカの個人情報保護体系はどのようになっているのか。



(A)



1.

 アメリカでは、公的部門については、プライバシー法(1974年)により規制されています。



2.

 民間部門については、自主規制を基本とし、包括的な法律を持たずに、特定分野のみを対象とした個別法により規制されています。 個別法としては、公正信用取引法、ケーブル通信政策法、ビデオプライバシー法、子どもオンラインプライバシー法などがあります。



3.

 また、EU指令では、十分な個人情報保護のレベルを実現していない第三国へのEU諸国からの個人情報の移転を禁止する条文を各国法に求める、いわゆる「第三国条項」が含まれていますが、これに対応するため、米国では、商務省作成のガイドラインである「セーフハーバー原則」の遵守を自ら宣言した米国企業はEUと同水準の個人情報保護がなされているものとみなし、EUからの個人情報の移転を認めることとされました。同原則への遵守を宣言した企業の違反に対しては、連邦取引委員会(FTC)が不公正取引として制裁を加えることとなっています。



Q23 外国(欧州)では、メディアとの関係をどのように調整しているのでしょうか。



(A)



1.

 あらゆる民間分野を対象とする包括法を制定した場合、表現の自由に関わる分野等について必要な調整規定を設ける必要が生じます。 この点について、EU指令では、「構成国は、プライバシーの権利と表現の自由に関する準則を調和させる必要がある場合に限り、ジャーナリズム目的等により行われる個人データの処理について、適用除外を設けるものとする」とされています。



2.

 また、EU指令に基づき設置されている個人情報に関する特別調査委員会が1997年に採択した「データ保護法とメディアに関する勧告」においても、「データ保護法は原則としてメディアにも適用される」とした上で、「適用除外は、データ主体のプライバシー権とのバランスを維持しつつ表現の自由の効果的な行使をするのに必要な範囲でのみ認められるべき」とされています。



3.

 このように、欧州各国においては、報道等の目的による個人データの処理については、限定的な法的規制と実効的な自主規制の組み合わせの観点から、それぞれ必要な調整規定を置くことにより、表現の自由等との調整を図っています。



(参考) 各国のメディア関係規定



 【ドイツ】 報道機関等については州の管轄権とされているが、連邦データ保護法では、州法により、報道関係企業等による報道等の目的で個人情報が利用される場合、(1)データの秘密保持、(2)安全管理措置、(3)前二者にかかる損害賠償、(4)業界団体によるガイドライン作成、に関する規定が適用されるよう定めることとされている。 また、連邦法が適用される放送局には、上記のほか、本人から反論があった場合の記録の保存義務、蓄積データの開示・訂正請求が規定されている。



 【イギリス】 イギリスでは、ジャーナリズム等の目的による個人情報の処理については、本人からの開示請求、利用停止請求等多くの規定について適用を除外しているが、安全保護措置については適用することとしている。



 【フランス】 フランスでは、新聞・出版及び放送機関が処理する個人データについては、基本的には各規定は適用とされるが、(1)個人データの国際間移動のCNILの許可に係らしめること、及び(2)センシティブ情報収集禁止規定については、適用しないこととしている。



(*)

 フランスでは現在改正法案を提出中であるが、報道等の適用除外規定について、「ジャーナリズム目的の個人情報の処理について、現行法における事前届出制度、及び本人からの開示請求等の適用は報道の自由の観点から適当ではなく、また現行制度は実際上機能していない」との観点から、報道等の目的による個人情報の処理については、(1)保存期間の制限、(2)センシティブ情報の処理制限、(3)個人データ処理の事前届出、(4)利用目的の本人への通知等、(5)本人からの開示・訂正等の請求、についての規定について、その適用を除外することとしている。



(*)

 なお、アメリカでは、民間部門については、特定分野を対象とした個別法により規制されており、全分野を包括した法律が存在しないため、マスコミ分野との調整の必要が生じない。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

個人情報保護法施行前に書いたレポート

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 04:00
  • その他

個人情報保護法案について

いまだ議論が続いている、個人情報保護法案の簡単な説明



この法案の背景と必要性

1.

 近年、民間企業や行政機関等全般にわたり、コンピュータやネットワークを利用して、大量の個人情報を処理しており、こうした個人情報の取扱いは今後益々拡大していくものと考えられます。 個人情報は、いったん誤った取扱いをされると、個人に取り返しのつかない被害を及ぼすおそれがあります。実際、企業の顧客名簿などの個人情報が大量に流出するといった問題が相次いだり、個人情報が売買の対象とされたりしているケースも生じ、個人情報の取扱いに対する社会的な不安感が広がっています。 そこで、国民が安心してIT社会の便益が受けられるよう、個人情報の適正な取扱いのルールを定め、国民の権利利益の侵害を未然に防止しようとするものです。



2.

 また、国際的にも、個人情報保護に関する各種の取組が進められており、特にEUにおいては、近年、個人情報の保護のレベルが十分でない第三国への個人情報の移転を制限する方針を打ち出しています。こうした状況や電子商取引の急速な拡大等を背景に、国際的にも整合性を保った国内法制の整備が急務となっています。



3.

 以上のような状況を踏まえ、本法律案は、より良いIT社会の実現に向け、その制度的基盤の1つとして、個人情報保護のための仕組みを整備しようとするものです。

首相官邸:個人情報保護法案に関するQ&Aより抜粋

法案の骨格

1.

 この法律案では、まず、公的部門・民間部門を通じ、個人情報を取り扱うすべての者が、個人情報の取扱いに当たって、個人情報の保護のために自ら努力すべき一般ルールを「基本原則」として定めています。 さらに、特に、個人情報をコンピュータ・データベースなどに入れて事業に用いている事業者(「個人情報取扱事業者」)については、「個人情報取扱事業者の義務」の規定を設け、より具体的で明確なルールを定めています。



2.

 なお、公的部門の個人情報の取扱いについては、昭和63年に「行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律」(行政機関個人情報保護法)が制定されていますが、この法律案が閣議決定されたことを踏まえ、行政機関個人情報保護法の改正案と独立行政法人等個人情報保護法案が今国会に提出されています。 また、地方公共団体についても、条例等の整備の努力義務を定めています。







公的機関が保有する情報の対処法

1.

 国の行政機関が保有する個人情報については、昭和63年に「行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律」(行政機関個人情報保護法)が制定されており、すでにこの法律に基づき個人情報保護の制度が整備されています。



2.

 しかし、今回、公的部門・民間部門を通ずる基本原則と、民間部門の新たな個人情報保護制度を含む法制が整備されることにかんがみ、公的部門によりふさわしい制度とする観点から、現行法を大幅に充実強化した「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律案」等関連4法案を今国会に提出したところです。(*)。



(*)

「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律案」、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律案」、「情報公開・個人情報保護審査会設置法案」、「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案」



3.

 また、地方公共団体が保有する個人情報については、平成13年4月現在、60.1%の地方公共団体において個人情報保護条例が制定され、その適正な取扱いが図られています(**)。  この法律案では、地方公共団体に対しても、保有する個人情報の性質、目的等を勘案し、その適正な取扱いが確保されるよう必要な措置を講ずることが求められており、今後、各地方公共団体で個人情報保護条例の制定・見直しなどの取組が行われることとなります。



(**)

団体が定める規則や規程によるものを含めると79.6%



どのような個人情報が対象となるのか

1.

 現に生存している個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるものが、この法律案の対象となります。氏名、住所、生年月日等が典型例ですが、これに限らず、特定の個人を識別することができる限り、個人の身体、財産、社会的地位等に関する事実、評価を表す情報等もこの法律案の対象となります。



2.

 なお、死者に関する情報が、同時に、遺族等の生存する個人に関する情報でもある場合には、当該生存する個人に関する情報として、この法律案の対象となります。













基本原則

1.

 個人情報は個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものです。 そこで、この法律案では、(1)「利用目的による制限」、(2)「適正な取得」、(3)「正確性の確保」、(4)「安全性の確保」、(5)「透明性の確保」の5つの「基本原則」を定めています。



2.

 「基本原則」では、全ての個人、団体、法人、機関が個人情報の保護のために、自ら、この5つの原則に則して、個人情報の適正な取扱いを行うよう努力すべきことを定めています。 具体的にどのような取扱いが適正であるかは、自ら、公益上の必要性や正当な事業活動の必要性を考慮しつつ、個人情報の保護の必要な範囲を判断していただくこととなります。



3.

 したがって、基本原則は、具体的な義務を課すものではなく、公益上必要な活動又は正当な事業活動における個人情報の取扱いを制限するものではありません。



報道活動に支障がきたす可能性について

1.

 「基本原則」は、個人情報の有用性(報道目的を含むことは当然)に配慮しつつ、官民を問わず個人情報を取り扱う全ての者が、自ら、個人情報の適正な取扱いを行うよう努力すべきことを定めています。 すなわち、「基本原則」は、これに基づいて具体的な義務が課されるものではなく、公権力の関与や罰則も一切ありません。



2.

 したがって、報道機関については、例えば「適正な取得」に関して、報道の重要性(公益性等)、取材の困難度、本人の権利利益保護の必要性等を考慮して自らの判断で適切な取材方法を選択するなどの努力を求めるものにとどまり、報道機関の取材・報道活動の制限とはなりません。



個人情報取扱事業者とは

1.

 この法律案では、「個人情報取扱事業者の義務」の規定が適用されるのは、個人情報をコンピュータなどを用いて検索することができるように体系的に構成した「個人情報データベース等」を事業の用に供している事業者となっています。



2.

 ただし、これらの事業者のうち、取り扱う個人情報の量及び利用方法からみて個人の権利利益を害するおそれが少ないものとして政令で定める者は、適用対象から除外されることとなります。 政令では、個人情報データベース等として利用されている個人情報によって識別される本人の数を基準とすることが予定されています。具体的な数については国会等での議論を踏まえて定めることになります。



3.

 また、別の法律や条例により個人情報の保護が図られることとなる国の行政機関や地方公共団体等についても、この「個人情報取扱事業者」からは除外されます。



4.

 この「個人情報取扱事業者」に該当する者に対しては、利用目的による制限、個人情報の取得に際しての利用目的の通知等、安全管理措置、第三者提供の制限、開示、訂正、利用停止などの具体的な義務の規定が適用されることとなります。 なお、個人情報取扱事業者に該当しない者であっても、「基本原則」にのっとって個人情報を適正に取り扱う努力義務はあります。



ヨーロッパでは

1.

 ヨーロッパでは、EU統合の進展に伴い、EU域内での情報の自由な移動を確保する必要性の高まり等から、1995年に「個人データ処理に係る個人の保護及び当該データの自由な移動に関するEC指令」(EU指令)を採択しました。



2.

 EU加盟各国では、この指令に沿って国内法制を順次整備しているが、例えば、ドイツ、イギリス、フランスなどでは独立の監督機関などを置いていますが、他方、裁判制度等基盤となる制度も異なり、また事前規制(届出、登録制度)をとっているところもあるなど、各国によりその態様は異なっています。



(参考) 主要各国における制度の概要



 【ドイツ】「連邦データ保護法」(1977年制定(1990年、2001年改正)。 公的機関及び民間機関の双方を包括する包括法であるが、規制のレベルが異なる。 また同法により監督機関(連邦データ保護監察官)が設置され、公的機関を監督するとともに、民間機関は州の監督官庁が監督している。



 【イギリス】「データ保護法」(1984年制定(1998年改正)) 同法は、公的機関及び民間機関の双方を規制する包括法である。 同法により監督機関(データ保護コミッショナー)が設置され、個人情報を利用する公的機関・民間機関は同コミッショナーへの届出が必要とされている。



 【フランス】「情報処理・データファイル及び自由に関する法律」(1978年制定(現在改正法案提出中)。 同法は、公的機関及び民間機関の双方を規制する包括法である。 同法に基づき監督機関(情報処理及び自由に関する国家委員会(CNIL))が設置され、個人情報を利用する公的機関・民間機関は同機関への届出が必要とされている。



アメリカでは

1.

 アメリカでは、公的部門については、プライバシー法(1974年)により規制されています。



2.

 民間部門については、自主規制を基本とし、包括的な法律を持たずに、特定分野のみを対象とした個別法により規制されています。 個別法としては、公正信用取引法、ケーブル通信政策法、ビデオプライバシー法、子どもオンラインプライバシー法などがあります。



3.

 また、EU指令では、十分な個人情報保護のレベルを実現していない第三国へのEU諸国からの個人情報の移転を禁止する条文を各国法に求める、いわゆる「第三国条項」が含まれていますが、これに対応するため、米国では、商務省作成のガイドラインである「セーフハーバー原則」の遵守を自ら宣言した米国企業はEUと同水準の個人情報保護がなされているものとみなし、EUからの個人情報の移転を認めることとされました。同原則への遵守を宣言した企業の違反に対しては、連邦取引委員会(FTC)が不公正取引として制裁を加えることとなっています。



首相官邸:「個人情報の保護に関する法律案Q&A」より抜粋

http://www.kantei.go.jp/jp/it/privacy/houseika/hourituan/qa-law.html



問題点として考えられること

欧米の個人情報保護法の場合、個人情報がきちんと扱われているかどうかを監督するのは「連邦データ保護監察官」(ドイツ)など一般の省庁とは別組織。法律を適用しない分野は「ジャーナリズム・文学・芸術」(イギリス)などと範囲を定めている。

 だが、日本の法案は監督者が主務大臣。実際にはそれぞれの業界を所管する役所が監督権限を持つ。義務規定の適用除外分野も表現活動の中では、「報道機関の報道目的」の場合だけ。これでは報道目的以外の表現活動を「官」が監督することになってしまう。

 人権擁護法案の場合、国連の規約人権委で指摘されていない「メディアによる人権侵害」を新たに設置される人権委員会が調べる。その人権委は法務省の「外局」といっても省内の一組織。事務局も今の人権擁護局が組織替えして担当する。規約人権委は、法務省の監督下にあるような組織は独立した人権救済機関ではない、と指摘していたため、本来求められた独立機関とは言えない。

Asahi.com:「メディア規制3点セット~問題点と背景は」

http://www.asahi.com/national/kjhh/K2002031901591.html

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ジェネレーションY 2002/6/5 抜粋記事

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 03:00
  • その他

JaM Japan Marketing LLC代表大柴ひさみ

クリックするために生まれてきた子供たち-「Generation Y(ジェネレーションY)」

アメリカ人の特定世代をさす言葉で、日本でも頻繁に使われる言葉に「ベビーブーマー」があります。このベビーブーマーたちは、今60代に入りかけ、アメリカ史上最も豊かなRetirements(現役を引退した世代)として、アメリカ市場の新たな金鉱「シニアマーケット:高額商品購入の消費パワーをもつ」を牽引しています。この世代と対照的な世代として、今注目を浴びているのが「ジェネレーションY」とよばれる世代です。以下の表は社会学者のJonathan Pontell(ジョナサン・ポンテル)による世代の区分けですが、この定義に関してはさまざまな見解があり、正確に年代を区分して世代を何々とは定義できません。ただ世代の特徴としては、「クリックするために生まれてきた子供たち」とよばれ、コンピュータ化の進んだなかで子供の時からデジタル化された生活をして、他の世代とはかなり違う思考と行動様式をもち、E-Tailorたちから今もっとも狙らわれている世代が、ジェネレーションYです。 ジェネレーションYとは?

Jonathan Pontellによるアメリカの世代区分

年代

世代名

この世代を象徴するTV番組

特徴

1941年以前

Mature Generation(成熟世代)

The Honeymooners

第二次世界大戦以前に生まれ育った世代

1942-1953

Baby Boomers(ベビーブーマー)

American Bandstand

第二次世界大戦中およびその後に生まれたブーム世代。現在の金鉱「シニアマーケット」を支える。

1954-1965

Generation Jones(ジョーンズ世代)

The Brady Bunch

ベビーブーマーの中に入れる見方もあるが、この世代にブーマーへの帰属意識はない。

1966-1982

Generation X(ジェネレーションX)

The Real World

ブーマーの子供たちでアイデンティテイのない世代といわれている。

1983-2001

Generation Y(ジェネレーションY)

Popular

ジョーンズ世代とX世代の子供たちで、クリックするために生まれてきたとよばれ、子供時代からコンピュータに親しんでいる。

Y世代が熱くなるX GamesとGravity Games(Extreme Sports)

この次世代の大いなる消費者「ジェネレーションY」が、今もっとも熱くなっているスポーツが、スケートボード、インライン・スケート、フリースタイル・バイク等を総称する「Extreme Sports(エクストリーム・スポーツ)」です。スポーツ専門のケーブルTV局ESPNが、1995年から「X Games(http://www.xgames.com/)」と名づけて次世代のスポーツイベントとしてプロモーションしており、年2回、夏と冬に実施されるこのイベントは、伝統的なスポーツとはまったく異なるカタチで急速に浸透しています。

今年8月11日から22日まで、フィラデルフィアで開催された今年の「X Games」は、3大ネットワークのひとつABCとESPN、ESPN2によって全米2,500万世帯をカバーし、30万人が実際にイベントに参加し、20時間半放映されました。これは5歳から15歳のY世代にとって、ベースボールのMBA、バスケットボールのNBA、フットボールのNFLを超えた今もっとも注目すべきスポーツイベントです。彼らのヒーローは、タイガー・ウッズやマイケル・ジョーダンではなく、スケートボーダーのTony Hawk(トニー・ホーク)です(子供向けケーブルTV局で実施されたNickelodeon Kid's Choiceでは、ホークは男性アスリートのNo1に選ばれており、ウッズやジョーダンは候補者にもあがっていません)。2年前の調査によると、1999年のベースボールのプレー人口は100万人で、その2.7倍の270万人が実際にインライン・スケーティングを楽しんだという数字がでてきており、この差が2001年現在ではかなり開いているように思われます(Source: Sporting Good Manufactures Association)。

ABC系列のESPNに対抗するように、もうひとつの3大ネットワークのNBCは「Gravity Games」と称してやはりエクストリーム・スポーツを積極的にプロモートしています。NBCは、オリンピックの放映権を2008年までもっており、前回のシドニーオリンピックで史上最低の視聴率となったこともあり、冬のオリンピックが開催されるソルトレイクで、その人気挽回のためにスノー・ボーディングをテコにして、このY世代の注目を集めようと、現在さまざまなキャンペーンを計画中です。

このスケートボード、インライン・スケート、フリースタイルのオートバイや自転車という次世代のスポーツを表現する際に、盛んに「Air(空中)」という言葉が使われます。これは、これらの特徴を表現するキーワードで、"いかに「Gravity(重力)」を跳ね返して、空高く「Air(空中)」にとどまり、「Extreme(過激な)」技術を見せるか"が、これらのスポーツの醍醐味です。またこの「ボーディング」というスポーツは、冬場の「スノー・ボーディング」、海上で行われる「カイト・ボーディング(たこを使って海上でボーディングする)」や「ウエイク・ボーディング(水上スキーのスケート・ボーディング版)」というふうにどんどん拡大しており、以下の表にも示されているように今後注目すべきスポーツカテゴリーとなりつつあります。

10大人気エクストリーム・スポーツの競技人口(1999年の調査。6歳以上のアメリカ人を対象に以下のスポーツを1回以上競技したことのある人を対象に実施)

スポーツ名

競技人口

ヘビープレイヤー

Inline Skatingインライン・スケーティング

2,786万5,000人

908万7,000人(年間25日以上)

Mountain Bikingマウンテン・バイク

784万9,000人

199万8,000人(年間25日以上)

Skateboardingスケート・ボーディング

780万7,000人

148万人(年間52日以上)

Paintballペイントボール

636万4,000人

117万2,000人(年間15日以上)

Artificial Wall Climbing人口壁面のクライミング

481万7,000人

 

Snowboardingスノー・ボーディング

472万9,000人

65万3,000人(年間15日以上)

BMX BicyclingBMX自転車

373万人

105万2,000人(年間52日以上)

Wakeboardingウエイク・ボーディング

270万7,000人

56万8,000人(年間15日以上)

Mountain/Rock Climbingマウンテン・ロッククライミング

210万3,000人

 

Surfingサーフィン

173万6,000人

 

Source: Sporting Good Manufactures Association

http://www.asia-links.com/japanese/oshiba/report7.htm



情報社会においては、人間の神経系の容量を超える量が高速で飛び交う情報の洪水から自分を守るために、他人との接触を控え、自分だけの世界に引きこもる傾向が示されることがあります。この自己防衛反応については、「カプセル人間」や「おたく」などと呼ばれている若者のメディア依存として説明されることもありますが、重要なことは、強い親メディア性を備えている現代人は、メディアからの情報の洪水によって過剰に自己評価・自己点検を強いられ、その結果、傷つきたくないという強迫観念から、対面的な関わり合いを回避していると考えられることです。このような「引きこもり」の結果、無能感や矮小感が肥大化するおそれがあり、それが、弱者を標的にする児童虐待の遠因になっているのかもしれません。

http://www.ef.cuc.ac.jp/EXTENSION/CJCKOUKAI/H12/001125.html



そして「若者は相互に依存している」とか「若者はいつも誰とでも繋がっていたい」というように移動体メディアの特性と若者の臆病な心性とを結び付けて非難されるケースが多い。しかし、このような「若者は人間関係に対して臆病だ」といった批判は最近になって始まったものでもなく、携帯電話の普及以前にもあったのではないか。例えば中野は70年代以降の若者に特有の気質を「カプセル人間」と表現して以下のように説明している。

 「集まっているけれど、それぞれはバラバラで好きなことをやっている。肉体的というか、人格的というか、そういう接触はごく希薄で、面と向かったコミュニケーションも少なく、どちらかというとそれらを回避している。一緒の「空間」にいるけれど、直接接触はしない」(中野[1991:173])

また、80年代にヘッドフォンステレオやコンピュータゲームが流行した時にも「メディアによる若者の個人化」がよく言われた。このように、若者とはもともと人と接することが下手な「臆病」な存在であったはずである。もちろん、携帯電話の利用について議論される若者の心性に関して事実を言い当てている部分も少なくないだろう。しかし携帯電話の普及に伴いこの手の批判が増え続けているのは疑問である。青年期に特有とも言えるこれらの心理的な部分を特殊化して、携帯電話の利用を批判する現象が起こるのはなぜか。

http://member.nifty.ne.jp/ysakurai/kuwahata.htm

中野収 1991 若者文化人類学 東京書籍

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2000年頃のレポート

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 02:00
  • その他

はじめに

情報の古い箇所が多いため、その点を割愛または、訂正・補足を加えている。



情報とは

情報は生物とともに消滅するのだ。[西垣1995:10]

生物が存在しない時代や場所では、情報もまた存在せず、生物と一緒に情報も死滅する。

また、情報とは「いざなうもの」であり、興味をそそらないものを情報とは呼ばない。たとえば、電車でおばさんが噂話をしていたとする。ある人にとっては、ただの無意味な噂話だけかもしれない。だが、ある人にとっては、とても重要な情報となりうる。





  1. 三種の神器(携帯電話・ポケベル・パソコン)とコミュニケーションの変化

しかし、現在、ポケベルの利用者は殆どいない。その理由として、携帯電話でe-mailが出来るため、ポケベルを持ち歩く必要がないからだ。また、パソコンも現在の利用者数は携帯電話と比較して少ない。ポケベルに関しては、これ以上需要は見込めないが、パソコンはこれからも需要拡大が期待されるため、はずせないであろう。また、情報媒体として忘れてならないのは、テレビである。一方的な情報媒体ではあるが、この情報メディアをはずすことは出来ない。パソコンを持っていない人でも、テレビは持っているし、携帯を使わない人でもテレビは見る。この3つを本当の三種の神器と呼ぶべきである。



1-1 コミュニケーション

“われわれがコミュニケーションを通じて精神とその意味を伝達し、その意味の伝達を通じで互いに共通な世界を共有することを示している”(J.Dewey)



  • コミュニケーションの基本的な過程
  1. 知識・出来事・意思・感情などの情報を伝達しようとする個人や集団である「情報発信体」(送り手:server)が存在
  2. 「情報発信体」が伝えようとする情報を一定の記号に変換する「記号化」という作業が営まれる。「記号化」された情報は、「メッセージ」と呼ばれ、「メッセージ」を送る回路や媒体を「チャンネル」・「メディア」と呼ぶ。
  3. 「チャンネル」を通じて送られた「メッセージ」としての情報を受け取る個人や集団である「情報発信体」は、送られてきた「メッセージ」の記号から情報を解読する「記号解読」作業を行う。
  4. 情報が流れる方向の中で、近年のニューメディアでは、情報の送り手(server)が同時に受け手(client)にもなる双方向性のコミュニケーションが可能である。



1‐2 情報化における三種の神器

現代において、われわれが三種の神器を持っていないとすると、生きていくことには問題ないが、様々な社会関係の情報網から脱落することになり、いまやごく日常のメディアをビルトインした社会生活を営むのは不可能である。



  1. 3コミュニケーション・パターンの移り変わり

情報通信機器の普及は、われわれのライフスタイルに機器の個人利用と2種類のコミュニケーション―会話・文字を同時に展開させた。

一般的に家庭における電話は、世帯で共有。しかし、携帯電話は基本的に個人利用。(パソコンなども)

この理由として、歩きながら乗り物で移動しながら、仕事をしながらなどの「~しながら」の利用が可能になった利便性と関係がある。







我々の基本的なコミュニケーションは、即時かつ双方向性をもち、同じ時空を共有する会話である。他方、文字によるコミュニケーションは、即時的ではあっても記録性が高く、保存や複写も可能である。会話のように即座に返答を要求されないので、伝達された意味を考え、どのように返答するか、あるいは返答しないことも含めて受け手側の選択の余地がある。

現代の個人利用率が進展しているメディアを媒介とするコミュニケーションは、会話と文字が同時に進行しているのであり、自分はどのようなコミュニケーションを嗜好するか、時と場合によって会話を選ぶか、文字を選ぶかを決める。



2-1.若者メディア

日本におけるパソコンの世帯普及率(「消費者実態調査」電通)

1995年    約10%

↓Windows95の日本語版ウィンドウズのフィーバー現象

1997年3月  約22%

↓臨界点

2002年4月  約20%

 

耐久消費財の普及は、10%を超えた時点から爆発的に普及し日常生活に変化を及ぼす。

[例 三種の神器、3Cなど]

しかし、パソコンなど情報機器の普及の場合、社会的属性によってその入手と利用は多様であり、社会的要因が根底にある。(もうひとつ付け加えるならば、環境整備の遅れが考えられる。それは、テレビが見たいのではなくて、テレビ番組が見たいためにテレビを買うように、インターネットの普及とパソコンの普及は関連しているということである。)

 

若者メディア(10代、20代の学生)

ポケベル、携帯電話、PHSを主とし共通メディアとなっていた。(約4年前)

現在は、携帯電話が共通メディアとして多くの人に利用されている。

 

2-2.誰が若者に影響を及ぼしているのか?

伝統的な考え方

子供はその成長に合わせ、両親、兄弟、友人などのインフォーマルな関係の人々、教師、先輩、上司などのフォーマルな関係の人々のなかで自己形成をしてきた。

特に親はゲートキーパーとして、情報の選択、解釈、統合をし、子供に家庭の中で道徳や価値観の継承を行う重要な役割を果たす。

近年の考え方

都市化、産業化、情報化を背景に、子供の電子メディアとの接触が親密になり、様々な情報が直接彼らに作用し始めた。そのため、多くの情報を子供自身が取捨選択する。

子供は、コミュニケーションの範囲を自ら限定し、その集団の持つ特有の規範の中で成長する。手段としては、携帯のメールのメル友募集、インターネットの友達募集、情報雑誌の友人募集がある。

 

2-3.準拠人

若者に影響を及ぼす人

1992年~1993年

身辺  1位 友人、2位 母親、3位 父親

周囲の人以外  多様に分布。音楽、美術、想像上の人物など。

 

準拠人の特徴

マスメディアと電子メディアの普及により、特定個人ではなく多様に分散している。

 

若者が形成する「価値共同体」は、「他人指向型」であるがゆえに異なる価値をもつ人を排除する排他性を示しつつ、電子メディアの匿名性のなかで自己を自由に表現する集団である。

2-4.若者文化

若者言葉の誕生

特徴 ①言葉遊びの流行、②言葉の軽量化・曖昧化、③会話の「ノリ」重視、

   ④若者語=女性語

   

「ケータイ」の意味と機能

ビジネスマンの持つ携帯電話はステータス・シンボル、業務上のコミュニケーションをはかる道具。対し、若者の持つ「ケータイ」はゲーム的意味を有し、身体の一部であり、アクセサリーである。「ケータイ」は“私的所有物”として位置付けられる。

『メディアは精神的・肉体的な人間の能力の拡大・延長である。』(マクルーハン)

→耳と声の延長以上の生理機能を持つ。

メディアと人間との関係の複雑さの中、「ケータイ」は低精細度のメディアとして若者の分身といえる。



2-5.私的空間の優位

携帯電話でうまれる私的空間

公共の場においても、携帯電話の電子音一つで私的空間が生まれる。

人々は、そのマナーの悪さよりも携帯電話の利便性に着目し、また社会への適応の重要、かつ手早い手段として携帯電話を所有する。

 

現在では、携帯電話も「ケータイ」も区別はさほどされていないように思う。またパソコンを中心とした各種ニューメディアは、幅広い世代に浸透し、世代による趣向の違いはあるけれどその使用目的は大差ないように感じている。そしてすべての世代の人々にとって、多くのメディアに接し、多くの情報を取捨選択するための情報の優先順位付けは、今後より一層必要となってくるだろう。



携帯電話の問題点

 携帯電話は私的空間を生み、その私的空間が周囲に深いな思いをさせるばかりではなく、その利用者も実は損害を被っている。携帯電話の利点は、即時性という点だが、それは短所としても考えられる。時と場所を選ばないということは、受け手にとってみれば危険性と不利益を被ることもある。営業を行う会社員にとって、携帯電話は取引先との連絡を取るための必需品だが、これも、本社から監視・拘束されているということを忘れてはならない。



3-1.アイデンティティの分裂

アイデンティティの2面性…具体的個性的アイデンティティ、匿名的アイデンティティ

→この2つのアイデンティティに基づいて自己を定義しようとする。しかし、この定義する過程で人は迷ってしまう。

P.Bergerは、アイデンティティの特異性としてその理由を捉えた。

  1. 異様に未確定…他人の目を異様に気にかけること。
  2. 異様に細分化…複雑で細分的な社会を体験することによりすべてを相対化してしまう傾向。
  3. 異様に自己詮索的…絶えず変化する社会的経験や意味によって、決断と計画を強制し、自己詮索を強要する。(例:自分探し)
  4. 異様に個人中心的…自分の人生を自由に計画したり造形したりする権利を重要と考える。



若者世代の捉え方

「アイデンティティの危機」「モラトリアム人間」「新人類ジュニア」「オタク」「フリッパー世代」



新たな捉え方

「ジェネレーションY」と呼ばれる米国7000万人の子供/若者たちにとって,インターネットは,友人同士で集まったり,ゲームを楽しんだり,音楽を聴いたり,時には買い物を楽しむためのお気に入りの場所になりつつある。「ジェネレーションY 」と呼ばれる,米国の5~22歳の若者世代に属する。ジェネレーションYは,ブリットニー・スピアズや'N Syncなどのポップスターを創出し,またアパレルのTommy Hilfigerをカルチャー発信源の大会社に押し上げた。~中略~ジェネレーションYの中でも特に16~22歳の年齢層には,ウォール街,インターネットメディア――そして双方向TV企業まで――が注目しつつある。

【米国発】 2000.3.15 3:12 PM PT  [Jane Weaver, MSNBC & ZDNet/USA]

http://www.zdnet.co.jp/news/0003/16/geny2.html

今日のティーンエイジャーは、『ジェネレーションY』というよりも、『ジェネレーションW』と呼ぶべきかもしれない。この「W」は、「ワイヤレス」(wireless)の「W」のことだ。ジェネレーションWに属さない世代は、ポケベルや携帯電話があると、四六時中働かなければならないと不満気に話すが、若者の多くは仲間といつでも連絡を取れる手段として大歓迎している。友達と常に連絡を取り合うことを必要とする若者は、ワイヤレス機器メーカーの最優先ターゲットとなっている。

By Stephen Jacobs/日本語版 森口けい子Wed 25 Oct 2000

http://japan.cnet.com/Content/Techtrend/GenerationW/



3-2.「カプセル人間」とヴァーチャル・リアリティの魔力

ヴァーチャル・リアリティ…仮想現実感

(欧米では、ヴァーチャル・リアリティはサイバースペースと同義語で使用される場合が多いが、日本でのヴァーチャル・リアリティの捉え方は少し違うようだ。その理由として、インターネット環境がサイバースペースを構築できるほど整備されていないことと、パソコンより、TVゲームの普及率の方が高いことで、手段としてではなく、技術としての認識が強いのではないだろうか)



情報化の問題とは「ヴァーチャル」化の問題に他ならない。「ヴァーチャル」とは、現実に対する「虚構」という意味ではなく、たとえ「虚構」の信号から構成されていても「事実上は現実と同様の効果を持つ」ということだ。[西垣1995:2]



「カプセル人間」…引きこもり?



ヴァーチャル・リアリティの危惧

現実逃避の道具

自由競争における不安や不満のはけ口

現実と仮想現実の境界喪失

対面コミュニケーションの喪失



  • 電子メディアの両義性

2002年5月27日(月)

人が集まるところには、どこにでもルールが存在する。それは、人が集まった結果生まれる公共財を守るために、それとなく作られてくるものだ。 インターネットでもそれは当てはまる。 擬似的な環境とよく言われ匿名性が強いため、何を言ってもいいと勘違いしている人間も多いが、実際はここでも公共財を守るため暗黙のルールが存在するとことを忘れてはならない。 インターネットをよく利用する人は、チャットなどで会話しているとそれとなくわかる。 そういった人は、実社会と変わらないモラルともって人と接してくるからだ。 特に、匿名性が強いこの環境ではモラルのない人間は、疎外される。アンダーグラウンドと言われる領域では、そのことはいっそう強調される。もし、不快感を感じさせる言動や行動があった場合は、必ず制裁が加わる。アンダーグランドには有益なFree Softや情報が数多くあるが、そこではいわゆるフリーライダーを疎遠する傾向もあることを忘れてはならない。 このことは、特にアンダーグランドといった限られた領域に関してだけいえることではなく、Free Softや画像、音楽、その他の素材を置いているHPでよくあることである。フリーライダーは、書くが如しただ乗りを意味する。インターネットではサーバ(提供者)とクライアント(享受者)の2つに大別するが、実社会においても、それは公共と利用者の2つに分けられる。実は、どちらの場合においてもフリーライダーは存在するのだ。インターネットにおいては、その割合は実社会より高い。 よく、理論ばかりの学者やある方向だけからしか語れないマスコミは、ヴァーチャル・リアリティ(仮想現実)といって批判をする。確かに、そういった側面を持ち合わせているのは、否めないが僕は、これもひとつの現実だと思っている。画一化した現実しか見られない老人たちには理解できないだろうが、ここもまた現実の延長もしくは、第二の現実(セカンド・リアリティ)だということを忘れてはならない。

Technological Empire:詭弁論考

http://pine.zero.ad.jp/~zad26346

さまざまなストレス

  1. 匿名性ストレス
  2. 対人ストレス
  3. メッセージ・ストレス…無意味な情報が多い、題名と内容が不適切なものが多いなど
  4. アイデンティティ…発言者が身近に感じられる、気心の知れた仲間がいるなど
  5. 情報のオーバーロード…意見や情報の量が多すぎる、参加者が多すぎるなど

[池田1997:75-78]

メディアのカスタマイズ

  1. メディアとしての設定/設計の多様さ
  2. 「社会」もまた設定/設計が多様である
  3. 集団もまた設定/設計が多様に可能である
  4. 「個人」の設定/設計すら多様でありうる

[池田1997:27-29]

ヴァーチャル・リアリティには、われわれを解放してくれるどころか、われわれをアミノー状態(欲望が肥大化した無規制状態)に陥れ~省略~[安藤1998:74]

アミノー状態へ陥れるということは、言いすぎだと思うが、利用者が何らかのストレスを感じることがあるということは否定できない。また、さまざまなカスタマイズが可能であるがゆえに、このようなストレスを作り出している。一方では有益な情報を提供しているが、もう一方では全く意味のない情報の乱立も目立つ。この側面が、アミノー状態へ陥れると言わせたくなるのはわかる気がする。



匿名性の問題というのは、現代ではそれほど大きな問題ではない。より焦点をあわせなければならない問題として、個人情報の流出という問題が挙げられる。一般家庭のパソコンですら、日に何回も不正アクセスを受けているという事実もあり、また、個人情報を管理しているデータベースでもこの問題はある。これらのデータベースでは、セキュリティの強化によりそれほど外部からの不正アクセスを受けないが、内部からの流出は防げない。この内部からの個人情報の流出を防ぐためには、管理する側のモラルを上げることも必要だが、法的拘束も必要であると考えられる。



参考文献

安藤喜久雄編 1998 「若者のライフスタイル」学文社

池田健一編 1997 「ネットワーキング・コミュニティ」東京大学出版会

西垣通 1995 「聖なるヴァーチャル・リアリティ」岩波書店



ヴァーチャル・リアリティは現実のコミュニケーションを希薄化するのか?



個人情報保護法案は必要であるか?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

blogWatcher

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月13日 01:00
  • その他

誰でも簡単にブログが利用できるというチープ革命の裏側では、それをうまく使ったマーケティング手法を考える人たちがいます。

blogWatcher

もそのひとつで、データマイニングによるマーケティングツールとして活用できます。
たとえば、インターネットという言葉を検索した場合、その言葉を使用しているブログ記事が結果として表示されます。インターネットに関するブログを調べるという機能ですが、これだけでは他のブログ検索エンジンとなんら代わり映えしません。
blogWatcherのすごいところは、ポジティブ・ネガティブな評判の割合や男性・女性による評判の割合といったその言葉に対する評判もわかることです。
また、その言葉の持つイメージ(言語学ではシニフィエといいます)も同時にわかるところです。
何でこんな高等なものがあるのか?というと、東京工業大学 精密工学研究所知能化工学部門 奥村研究室と言うことろが、研究の一環で行っているようなので、納得しました。
最先端なモノなので、研究者やコンサルタント、マーチャンダイザーやマーケティングを専門にする人ぐらいにしか重宝されないような気もします。

また、バーストと呼ばれる瞬間最高視聴率みたいな機能もあります。入力されたキーワードがどの時期にどれくらい盛り上がったか(バースト度)を調べることのできる機能もありますし、バーサスという反対の言葉?(もしくは反対のシニフィエとでもいうのでしょうか)検索なども可能です。
たとえば、「いぬ」でバースト検索をかけると「ねこ」というような感じです。

あくまでも感覚的なものなので、記号表現としての言葉(シニフィアン)の結果ではありません。ですので、普通の検索エンジンなどとは根本的に違います。
言葉それ自体に検索をかけるGoolgeやYahooと、言葉のイメージに対する検索エンジンと考えるとわかりやすいかもしれません。

かなり面白いツールなので、使いようによってはいろいろな面で役に立つと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Blogger <= Word2007 :: test4

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年6月10日 04:00
  • その他



要約:社会人類学の系譜と儀礼の研究





Ⅰ.儀礼と階級闘争

  1. フュステル・ド・クーランジュ―ディルケムの師『古代都市』(1864年)
  2. 宗教的儀礼と社会
  3. 宗教と政治の特権階級との社会「階級」闘争
  4. フュステルの構想=ディルケムの「機械的連帯」
  5. 宗教儀礼の財をめぐる最初の階級闘争
  6. 社会構造を変化させた4つの革命





Ⅱ.道徳と象徴についてのディルケムの理論

 1)宗教は社会の道徳的基盤

 2)人類学:中央オーストラリアの諸部族の研究

  • ・・『非白人文明、オーストラリアの部族の研究』(1937年)

 3)『宗教生活の原初形態』の2つのメッセージ

  1. 知識社会学かかわる人間の観念について
  2. 儀礼の理論





Ⅲ.社会階層の儀礼的基盤―W.ロイド・ウォーナーによるアメリカの研究

1)文化的観点による階層システム

2)類学的観点による階層システム

  1. 儀礼最大の集合の1つが宗教
  2. 異なる宗教による階級の再生産
  3. 家族維持に深く関与する宗教

3)WASPのアメリカにおけるリーダー的存在





Ⅳ.個人の日常生活の儀礼―アーヴィン・ゴッフマン

 1)「相互作用儀礼」・・・日常の儀礼の丁重さ、礼儀

 2)「聖なる対象」=自我(Self)崇拝

 3)「表舞台」「裏舞台」

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

フットサル

  • Posted by: マルコ式
  • 2006年5月11日 01:00
  • その他

仕事とは、一切関係の無いことですが実は趣味でサッカーをやっています。
毎週日曜日午後からは、サッカーの練習で、すでに習慣化しています。
東京にいたころは、まったくといっていいほど運動はしていなかったため、いろいろな肉がついてしまい内臓脂肪はようやくすっきりしてきましたが、皮下脂肪がなかなか落ちません・・・。
ともかく、サッカーは非常に激しいスポーツなので初めのころはバテバテでしたが半年ぐらい続けていると、体力もついて何とか動けるようになるものです。

山形に来てちょっと驚いたのは、結構サッカー好きが多いということでした。
フィールドでのサッカーはもちろんですが、フットサルも人気でフットサルコートも結構あるみたいです。
個人的には、フットサルぐらいがちょうどいいです。

そのフットサルですが、どうやら全国リーグの話が出ているようです。
山形でも全国リーグに参戦する動きが水面下で行われているようで、協力を募っていました。

東北地方は、野外スポーツは弱いですが、屋内スポーツは結構強いです。
バレーボールは全国優勝ですし、インターハイでは秋田のバスケットは常連です。バトミントンも強いらしいです。
というように、冬でも環境を変えずにできるスポーツは意外と強かったりします。
実は、フットサルも全国大会で2位という実績があったりします。
そんなわけなので、フットサルが全国リーグに参戦できるようになれば、結構いい線いくのではないでしょうか?
そして、今年はワールドカップ。
サッカー人気も手伝って、フットサルにも注目が集まる可能性は高いです。
EXTENDED BODY:

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

はじめに

  • Posted by: マルコ式
  • 2005年12月27日 00:00
  • その他

日本国内におけるインターネットの普及状況が 著しく増加している現在。

個人、法人問わずインターネットの利用率は主要先進国の中でも上位に位置しております。しかしながら、こうした現状を利用者である私たちはあまり理解しておりません。
また、インターネット上では、誰もが利用者になる可能背もあると同時に誰もが情報提供者になりうる可能性も同様にあります。
近年、Blogという画期的なシステムの発展によって、個人でも手軽に情報配信できる時代になりました。

しかしながら、こうした煩雑な情報多寡の状況において、本来有益な情報を配信すべき企業においてはまだまだ活用が出来ているとはいえません。
都市部の企業では早くから着手していることもあり、有益な情報を常に配信しておりますが、地方の地場産業を主体とした企業においては、その価値すら見出せずにおります。

こうした現状を改善すべく、このブログでは様々なデータを取り上げ、どのような業種・業態の企業にもインターネットが活用できるようなアイディアを提供することを目的としております。

何卒 ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

2005年12月 某日

Index of all entries

Home > その他 Archive

About

Links
KAT

キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

ページランク

AD

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

ホームページテンプレートならテンプレートモンスタージャパン

Feeds

Return to page top