Free Music Site TOP10 – 無料の音楽サイト10選 (海外サイト版)

無料の音楽ダウンロードサイトはたくさんありますが、その中でも合法的に音楽を入手することが出来る10サイトを厳選しました。(全て海外のサイト)

スマホやパソコンにダウンロードして再生ができます。今回ご紹介するサイトの音楽は、全てパブリックドメインか合法的なものなので、ダウンロードして利用していても何ら問題ありません。

もしかすると、掘り出し物の音楽見つかるかも知れません。

  1. Jamendo
    jamendo
    Jamendoでは、すべての音楽がクリエイティブ・コモンズライセンスで利用できるようになっています。これはミュージシャンが、無料で配信することを決意しているという意味もあります。最近追加されたもの、人気のもの、新しいものなどのカテゴリがあり、アーティスト検索、ジャンルの絞り込みなどを駆使して最高の音楽を見つけてください。
    Android、iOS、Windows用のアプリもあります。
  2. Noise Trade
    Noise Trade
    Noise Tradeは、ちょっと変わった仕組みです。曲の一部をストリーミングで視聴できますが、曲全体をダウンロードするには、メールアドレスと郵便番号を入力する必要があります。入力すれば、MP3を含むZIPファイルをアルバムとして受け取れます。
    ジャンル検索やトップラウンロード、新しいアルバムなどの検索機能があります。

ミュージシャンの為にファンを獲得するためのサイトとしての利用を呼びかけており、ファンはいつでもTip(チップ$1)を入れることが出来ます。ZIPとメールアドレスを登録させるのも、近くでライブがあるなどの情報を送るためのようですが、日本ではあまり意味がないです。(主にアメリカ)
    全く新しい音楽市場をつくろうとしています。
  3. Free Music Archive
    Free Music Archive
    Free Music Archiveは、FMラジオ局WFMUが運営しています。ここにある音楽はユーザーアカウントなどがなくても誰でも、合法的にダウンロードできます。
クリエイティブコモンズとパブリックドメインが混合していますが、商用でも利用可能です。音楽ジャンルから選べるので、雰囲気にあった曲も探しやすいです。またブログで注目するコレクション、アーティスト、曲などを見ることができます。

    ラジオ局らしく、ミュージックチャートもあるのは面白いです。
無料でアカウントを作ると自分のコレクションをつくって他のリスナーとやり取りが出来るようになります。

  4. PureVolume
    PureVolumePureVolumeは、無料で音楽をダウンロード出来るサイトであることに変わりはないのですが、ミュージシャンのためのサイトというところが変わっています。
これまで紹介したサイトは、リスナーやユーザーが登録することによってダウンロードが出来るようなるのですが、PureVolumeは逆で、ミュージシャンが登録をして配信するというサイトです。ミュージシャンが自分のファンを作るためのサイトという点が他のサイトとの違いです。発想はNoise Tradeにも似ていますが、リスナーやユーザーは登録が必要ないという点においては、全く異なります。リスナーやユーザーは、無料でダウンロードができます。
  5. Amazon.com
    Amazon.com
    最も有名なECサイトですが、意外と知られていないのが、無料音楽ダウンロードが出来ることです。利用方法はいつもどおり、Amazon.comにアクセスして購入する感覚です。
    もちろん、0円です。
曲のダウンロードをする前にストリーミングで聞くこともできます。オリジナルのアプリもありますが、iTunesでもそもまま再生可能です。
    Amazon.co.jpはこちらから
  6. Internet Archive’s Audio Library
    Internet Archive's Audio Library
    Internet Archive’s Audio Libraryは、音楽の他にポッドキャスト、ラジオ番組、オーディオ(ブックとか)があります。アラビア系?コーラン?みたいなものもあります。
検索する際には、言語もフィルタリングする必要がありそうです。ここがすごいのは、Jack Johnson、John Mayer、Grateful Dead、311、Smashing Pumpkinsといったプロミュージシャンがいるということです。

    MP3のほかにOGG、M3U、TORRENTにも対応しているのも特徴の一つです。

  7. SoundClick
    SoundClick
    SoundClickは、無料の音楽ダウンロードのためのポータルサイトです。ミュージシャンで無料ダウンロードをしているサイトを集めているようです。ミュージシャンが了承している場合としていない場合があるようなので、ただ個人的に聞いている分には良いのですが、ここで見つけた曲で動画を作ってYoutubeにアップしたりすると、まずいかも知れません。ユーザーはカスタムラジオ局を作ったり出来るようなので、音楽を聞いて楽しむという目的のサイトです。

    無料ダウンロードもありますが、ダウンロードした後にお金がかかるケースもあるようです。

  8. Last.fm
    Last.fm
    Last.fmは、昔日本国内でも利用できるサイトでした。今も日本語には対応しているようです。実は、自分も昔利用していた経緯がありますが、全てが無料でダウンロード出来るわけではなく、無料ダウンロード出来るものありますという感じです。ちなみに、自分のミュージシャンサイトはこちらです。
    無料ダウンロード出来ませんので、興味のある方はご購入ください。
  9. SoundCloud
    SoundCloud
    SoundCloudも有名な音楽サービスです。ストリーミングやダウンロードが出来ます。プロミュージシャンもアップロードしていることがあるので、ストリーミングサービスで音楽を楽しむには、とてもいいサービスです。
ただし、全ての音楽を無料ダウンロード出来るわけではありません。一部、Facebook経由でダウンロード出来るようですが。
無料ダウンロード出来る曲にはボタンが表示されます。

    SoundCloudにも自分のミュージックページがあります。
    ご興味のある方は聞いてみてください。無料ダウンロードもあります。

  10. CCTrax
    CCTraxCCTraxは、アンビエント、テクノ、エロくトロニカ、ハウスといったいわゆる4つ打ちサウンドがダウンロード可能です。クリエイティブコモンライセンスも各アルバムページに表示があるのでわかりやすいです。
    MP3の他にFLAC形式でのダウンロードも可能です。
    個人的にはこのサイトが一番好きです。