どう伝えるかよりも、誰に伝えるか?

情報を発信する時に注意すべきこと。

それは、誰がその情報を必要としているか?です。

その誰が?を明確にすることをターゲティングといいます。

どのような商売でも、必ず相手があります。

その相手にうまく情報を伝えることことこそがマーケティングなのです。
よく、ターゲットを考える時に間違えやすいこととして、みんなに伝えたいという考え方です。

この「みんな」というのが曲者です。

絶対に「みんな」には伝わりません。

結果としてみんなに伝わっているように見えているだけです。

初めから、全体に向けたターゲティングをすると、誰にも伝わらないモノが出来上がります。

例えば、セミナーの場合、大きく分けると法人向けと個人向けとがあります。

法人向けでも、担当者に向けたものか?経営者に向けたものか?

エリアは?企業規模は?など細分化していくことによってより具体的なターゲットが見えてきます。

個人向けの場合、男性向けか?女性向けか?年齢層は?既婚か?子供は何歳か?など法人向けよりもより細かくすることができます。

大切なことは、どう伝えるかよりも誰に伝えるか?なのです。

誰に?が、明確になるとその人達が好むメディアやより伝わりやすいツールなどを決めます。

そこでようやく、どのように伝えるか?が決められます。

誰に?ではなく、どのように伝えるか?

を先にしてしまうと、誰に伝える情報なのかが不明確になり、結果として誰にも伝わらない情報になってしまうのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA