さくらVPSサーバ初期設定備忘録3 〜ポート設定まで〜

<< さくらVPSサーバ初期設定備忘録2 〜SSH接続設定まで〜

ポートがちゃんと開いているか確認

次にサーバ内から自分自身(localhost)のポート 10022 が応答するかどうかを確認します。もし、ポートの応答がなければ(「Connection timed out」などのエラー)、ポートが正常に開いていませんので、設定の見直しが必要です。

なお、この例では接続時に SSH 接続の継続確認で「yes」を選択しても、root での認証が通らずにエラーになります(Permission denied)。しかし、こちらは先ほど認証時の設定を変更しているため、root でログインができなくても正しい挙動です。また、一般ユーザのログインを試みても、サーバ上には接続元としての鍵ペア(の秘密鍵)がなく、パスワード認証も無効にしているため、接続できません。

SSH の次は、 firewalld の設定ファイルを編集します。コマンドを実行して設定ファイルを開きます。

ファイルを開いたら「port=”22″」の部分を「port=”50022″」など、任意のポート番号に変更します。

設定後、次のコマンドを実行して設定を有効にします。

と表示されればOK
パソコンから接続をしてみます。

ちゃんと接続できればOKです。

ログインが面倒な場合の裏技

上のコマンドを打つのメンドクサイので、configファイル作ってショートカットできるようにしておく。

下記コマンドでログインできるようなる。

超楽ちん!

参考サイト:

 

<< さくらVPSサーバ初期設定備忘録2 〜SSH接続設定まで〜