「Facebookでの政治議論」は悪影響 [feedly]

「Facebookでの政治議論」は悪影響
// WIRED.jp » rssfeeder

「Facebook」で行われる政治の議論は、実は、人々の結びつきとウェブ利用の両方をむしばんでいるようだ。ジョージア工科大学の研究チームが発表した新しい研究によると、Facebookで政治について語ろうとした人は、知り合いの政治見解に驚かされることが多いという。また、この研究チームによると、「友達」のあいだで見解が多様であることから、誰もが率直に話さなくなるという。

被験者116人は全員、過去に、Facebookでひどいことになった政治の議論にかかわったり、見たりした経験があった。これは世界中で誰もが体験しているFacebookの世界に一致する。

被験者によると、その際、しばしば自分の行動を変えるきっかけになったもののひとつが、弱い結びつき(weak tie)、すなわち軽い知り合いの人が、自分と違う政治見解を表明しているのを見たことだったという。

論文によると、「大半のソーシャルネットワークでは、考え方が似た個人たちがグループをつくっている」。これは同類性と呼ばれる原則だ。しかしFacebookの場合、ほかの人と「友達になる」敷居が低く、また、たくさんの社会集団がひとりの投稿によってつながることがあることから、疎外感や敵意が生まれる格好の場所になりえる。

研究チームによると、Facebookにおける議論の対人ストレスは、弱い結びつきを壊すのに十分なものだ。ソーシャルメディアにはイデオロギーの違いを埋める可能性はあるものの、Facebookにおけるこうした議論は、最終的に激しく対立することになり、見ていただけの人まで発言に慎重になるのだという。

論文では、自分の意見を直接提示するのでなく、双方の主張をそれぞれとりあげるなかで微妙に提示するといった方法をすすめている。

—-
Shared via my feedly reader

iPhoneから送信