Googleホリデーロゴ

Googleの日々変わるロゴ。最近は、ロンドンオリンピック関連で話題になっていますが、過去のホリデーロゴを一覧できるサービスがありました。

Doodles 2012-08-03 07-48-41.png

Doodle(ドゥードゥルと読みます)

祝日や記念日、有名な画家や先駆者、科学者の生誕などを祝うため、斬新で楽しく、また時には自由な手法で Google のロゴ マークをアレンジしたものです。

以下はGoogleのページより抜粋

Doodle のアイデアは、Google がまだ法人化されていなかった 1998 年に、Google 創設者であるラリーとサーゲイが、ネバダ砂漠で行われるバーニングマン フェスティバルに参加中であることを伝えようと、会社のロゴで遊んでいたときに誕生しました。「Google」の 2 つ目の「O」の後ろに棒線で描いた人の形を 配置し、このアレンジしたロゴを通じて、創設者たちが「外出中」であることをコミカルなメッセージとして Google ユーザーに発信したのです。最初の Doodle は比較的シンプルなものでしたが、有名な行事を祝うために会社のロゴを装飾するというアイデアがこうして生まれました。

2 年後の 2000 年、ラリーとサーゲイは現在のウェブマスターであるデニス ホワン(当 時はインターン)に、フランス革命記念日の Doodle 作成を依頼しました。この Doodle がユーザーに好評だったため、デニスは Google のチーフ Doodler(Doodle 作成者)に任命され、Doodle はますます頻繁に Google ホームページに登場するようになりました。最初のうちはよく知られている祝日を祝うことが多かったのですが、最近ではジョン ジェームズ オーデュボンの誕生日からアイスクリーム サンデーの発明まで、さまざまな行事や記念日が取り上げられています。

Doodle へのニーズは、アメリカをはじめとする世界各地で年を追うごとに高まり、現在では Doodler(Doodle の作成者)と呼ばれるイラストレーターとエンジニアのチームが Doodle 作成の責任を担っています。チームにとって Doodle の作成は、Google ホームページを世界中の Google ユーザーが笑顔になるような楽しい場所にするための、重要な取り組みとなっています。

毎日変わるので、見逃してしまったロゴも全部見ることができます。
個人的に好きなのはMiniMoog

Robert Moog's 78th Birthday 2012-08-03 07-51-01.png 音もなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA