現実逃避

今の現状からちょっと現実逃避して、宇宙の事を考えてみました。

現在の宇宙は、ビッグバンによって誕生したといわれていますが、もし仮にそうだとしたら、もちろん終わりがあるはずです。

一般的には宇宙の終焉と呼ばれる考え方で、大きく分けると3つあります。

  • 終焉はない
  • 一時的事象として終焉を迎える
  • 永続な事象として終焉を迎える

始まりがあれば、終わりがあるのが森羅万象の理だとすれば、永続的な事象としての終焉というがあるはずなのです。

いずれにしても、観測する人がいなければ、意味がないのですが。

陽子崩壊、ビッグクランチ、インフレーション宇宙論、終わるかもしれないが、終わらないかもしれない。。。

要するに誰にも確かなところはわからないという事です。

ただ、ビッグバンの瞬間は誰にもわかっていないので、実は始まりがあったのかどうかを証明するすべはないのです。

そもそも、始まりがないのだとすれば、終わりもありません。

卵が先か鶏が先かという議論は、実は宇宙的な話なのかもしれないと思いました。

メビウスの輪が宇宙の真理だとしすれば、実は始まりもなければ、終わりもないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA