2011-02-10

  1. あなたがなっていたであろう人になるのに、遅すぎることはない。
  2. 我々がやり通せば、ことは簡単になっていく。その課題自体が簡単になるのではない。我々の遂行する能力が向上するのだ。
  3. 人はいつも、時が物事を変えてくれると言うけれども、本当は、それはあなた自身が変えなければならないものだ。
  4. 好きなことを仕事にすれば、二度と「仕事をしている」とは感じないだろう
  5. Yesterday is Yesterday.Tomorrow is important.
  6. 熾烈なラットレース(出世競争)の問題は、たとえ競争に勝っても、ラット(ねずみ)であることにかわりが無いこと。
  7. Trust yourself. Create the kind of self that you will be happy to live with all your life.
  8. ソクラテスは「大工と話すときは、大工の言葉を使え」と説いた。コミュニケーションは、受け手の言葉を使わなければ成立しない。受け手の経験にもとづいた言葉を使わなければならない。
  9. It’s never too late to be who you might have been.
  10. 真実に値しない者に、真実を語ってはならない。
  11. The rule is, jam tomorrow and jam yesterday – but never jam today.
  12. 言い訳が上手な人間で、その他の事が上手にできるというのは、ほとんどいない。
  13. 全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる。
  14. 力強さは使命感を持つところから生まれる。
  15. 私たちの疲労は仕事によって生じたのではなく、悩み、挫折、後悔が原因となっていることが多い。
  16. 2011-02-09 http://bit.ly/ferYpJ
  17. 2011-02-09 http://goo.gl/fb/3dUTG
  18. New post: 2011-02-09 http://www.marukoshiki.net/2011/02/2011-02-09/

Powered by t2b

こちらの記事も読まれています

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA