2011-02-05

  1. プロ意識を持て、自分の個性、長所をアピールせよ、いつもプラス指向でいけ。
  2. 過ぎたことを振り返るようになったら引退したほうがいい。
  3. 真実に値しない者に、真実を語ってはならない。
  4. 成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。 手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に影響を 与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える。
  5. 行き詰りは展開の一歩である。
  6. 詩を作るより田を作れ。
  7. 下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。
  8. P・F. ドラッカー (単行本 – Jul 2000) の ‘プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))’ http://amzn.to/hf1lb2
  9. P.F.ドラッカー, ジョゼフ・A・マチャレロ (単行… の ‘プロフェッショナルの原点’http://amzn.to/eBmI0l
  10. とりあえず、明日考えよう。
  11. 人はいつも、時が物事を変えてくれると言うけれども、本当は、それはあなた自身が変えなければならないものだ。
  12. 完璧な真実などない。すべての真実は、半面の真実なのだ。それを完璧な真実として扱おうとすると、めちゃくちゃなことになるのである。
  13. 組織が生き残りかつ成功するには、自らがチェンジ・エージェントすなわち 変革機関とならなければならない。変化をマネジメントする最善の方法は、 自ら変化を作り出すことである。
  14. 自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。
    どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
  15. 人間には二通りある。一つは仕事にありつけないとへこたれてしまう人間、もう一つは、たとえ仕事がなくとも、必ず自分に何かやれる仕事があると信じている人間、この二通りの人間である。
  16. 2011-02-03 http://bit.ly/fPqFX5
  17. 2011-02-04 http://bit.ly/fvFeNd
  18. 2011-02-04 http://goo.gl/fb/Z2ufR
  19. New post: 2011-02-04 http://www.marukoshiki.net/2011/02/2011-02-04/

Powered by t2b

こちらの記事も読まれています

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA