2011-01-18

  1.  仕事を生産的なものにするには、
     成果すなわち仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。
     技能や知識などのインプットからスタートしてはならない。
     技能、情報、知識は道具に過ぎない。
  2. Every individual has a place to fill in the world and is important in some respect whether he chooses to be so or not.
  3. ビジョンが何であるかではなく、ビジョンが何をするか、が大事だ
  4. P・F. ドラッカー (単行本 – Jul 2000) の ‘プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))’ http://amzn.to/hf1lb2
  5. Learning is not attained by chance, it must be sought for with ardor and attended to with diligence.
  6. リーダーシップは賢さに支えられるものではない。一貫性に支えられるものである。
  7. 究極的真実は、一歩手前まではつねに誤りである。最後に正しいと判断される者は、間違っていて、害さえあるように見えるものだ。
  8. He that is good for making excuses is seldom good for anything else.
  9. 名君は呼びつけにできない臣下を持つ。
  10. 成長の責任をもつ者は、本人であって組織ではない。
    自らと組織を成長させるためには何に集中すべきかを、
    自ら問わなければならない。
  11. もしあなたが、誰かに期待したほほえみが得られなかったら不愉快になる代わりに、あなたの方からほほえみをかけてごらんなさい。
  12. 人はいつも、時が物事を変えてくれると言うけれども、本当は、それはあなた自身が変えなければならないものだ。
  13. If I had eight hours to chop down a tree, I’d spend six hours sharpening my ax.
  14. 成果とは百発百中ではない。
     百発百中は曲芸である。
     成果とは、長期にわたって業績をもたらし続けることである。
  15. Trust yourself. Create the kind of self that you will be happy to live with all your life.
  16. 2011-01-17 http://goo.gl/fb/KEnQT
  17. New post: 2011-01-17
  18. 2011-01-16 http://bit.ly/fRhLZd

Powered by t2b

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください