2011-01-01

  1. 上田 惇生 (単行本(ソフトカバー) – Oct 9,… の ‘ドラッカー 時代を超える言葉―洞察力を鍛える160の英知’ http://amzn.to/iiVyZ9
  2. 失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないことなのです。
  3. プロ意識を持て、自分の個性、長所をアピールせよ、いつもプラス指向でいけ。
  4. 過ぎたことを振り返るようになったら引退したほうがいい。
  5. 成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。 手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に影響を 与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える。
  6. 私たちの疲労は仕事によって生じたのではなく、悩み、挫折、後悔が原因となっていることが多い。
  7. 世界ではなく、自分自身を征服せよ。
  8. He that is good for making excuses is seldom good for anything else.
  9. P・F・ドラッカー (単行本 – May 24, 2002) の ‘ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる’ http://amzn.to/dLZnao
  10. 不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。
  11. やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ
  12. 成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える。
  13. リーダーシップは賢さに支えられるものではない。一貫性に支えられるものである。
  14. 時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる。知識労働者が成果をあげるための第一歩は、実際の時間の使い方を記録することである。
  15. 成功した事業を見れば、誰かが勇気ある決断を下していたことが分かる。
  16. 成功への道は、自らの手で未来をつくることによってのみ開ける。
  17. 2010-12-31 http://goo.gl/fb/LqZ8g
  18. New post: 2010-12-31
  19. 2010-12-30 http://bit.ly/eOJdQd

Powered by t2b

こちらの記事も読まれています

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA