2010-10-22

  1. ほとんどの人が、人とともに働き、人の力をかりて成果をあげる。したがって、成果をあげるには、人との関係に責任をもたなければならない。
  2. 真実とは、経験という試練に耐えるもののことである。
  3. Concentrate all your thoughts upon the work at hand. The sun’s rays do not burn until brought to a focus.
  4. 実際ほほえみを忘れたその人ほどあなたからのほほえみを必要としてる人はいないのだから。
  5. 成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。 手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に影響を 与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える。
  6. 学びとは偶然に得られるものではありません。情熱と不断の努力をもって、自ら学ぼうと求めなければなりません。
  7. Never tell the truth to people who are not worthy of it.
  8. 夢は現実の苗木である。
  9. 何も学ぶべきところのない人に、会ったことはない。
  10. あなた自身とあなたの現状を哀れに思うことは、単にエネルギーの無駄遣いなだけでなく、あなたが持ちうる最悪の習慣なのである。
  11. Every individual has a place to fill in the world and is important in some respect whether he chooses to be so or not.
  12. 新しい発想を得ようと思うならまず誰かに話を聞け。
  13. 2010-10-21 http://goo.gl/fb/dJWkW
  14. New post: 2010-10-21 http://cli.gs/2sGun
  15. Learning is not attained by chance, it must be sought for with ardor and attended to with diligence.
  16. 2010-10-20 http://bit.ly/97KC4o

Powered by t2b

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください