2010-09-29

  1. 私は気持ちが乗ってくるのを待ったりはしない。そんなことをしていては、あなたは何も成し遂げられない。「とにかく仕事に取りかかる」ということを知らなければならない。
  2. 成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはならぬ。
  3. 振り返らずに後ろを見るのと同じくらい、自分自身を見つめることは困難だ。
  4. 成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。 手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に影響を 与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える。
  5. 広く知られていることだからと言って間違いは真実にはならないし、誰もそうだと思わないからといって、真実が間違いにもならない。たとえ大衆の支持無くとも、真実は立ち上がる。真実は自立しているからである。
  6.  仕事を生産的なものにするには、
     成果すなわち仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。
     技能や知識などのインプットからスタートしてはならない。
     技能、情報、知識は道具に過ぎない。
  7. 人間には二通りある。一つは仕事にありつけないとへこたれてしまう人間、もう一つは、たとえ仕事がなくとも、必ず自分に何かやれる仕事があると信じている人間、この二通りの人間である。
  8. 自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。
    どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
  9. Truth is always strange, stranger than fiction.
  10. It’s never too late to be who you might have been.
  11. Concentrate all your thoughts upon the work at hand. The sun’s rays do not burn until brought to a focus.
  12. 優秀な人間は議論や分析が先行し、それで終わってしまうことが多い。行動に移さねば意味がない。
  13. 時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる。 知識労働者が成果をあげるための第一歩は、 実際の時間の使い方を記録することである。
  14. 2010-09-28 http://goo.gl/fb/v46nW
  15. New post: 2010-09-28 http://cli.gs/Lst9N
  16. 2010-09-27 http://bit.ly/cgLOwx

Powered by t2b

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください