頭がよくなる方法

頭がよくなる方法は、頭を使う事だと思います。

頭を使えば、その分だけ頭が良くなります。

では、頭を使うときはどんな時か?

普通に生活していて、一番頭を使うのは、人のために何かをしようと思った時です。

自分のことではあまり頭を使いません。

習慣や本能の方が勝ってしまうため、理性的に自分のことは考えにくいのです。

社会生活では、他人との関係に思い悩むこともあります。

そんな時ですら、頭を使っているわけです。

他人とうまく関係を取り持とうと思ったら、習慣や本能だけでは、絶対にうまくいきません。理性的に物事を考えなければ、人間関係などうまくいきっこないのです。

だから、頭がよくなる方法は、他人のことを真剣に考えるだけでいいのです。

子どもの成績が良くないのは、自分の為に勉強しているからです。

親もそう教えると思います。

でも、子ども自身は、自分の為であれば、遊んでいたいわけです。

「親にほめられたい」「先生にほめられたい」という想いを持った子供のほうが成績は良くなります。

ほめるという行為は、「相手に自分の為に何かをさせる」行為でもあるのです。

人材育成や教育といった面だけではなく、仕事においても、全てに言えることです。

自分のことしか考えていな人と話すと、あいつは馬鹿だな〜と思いませんか?

「誰かのために」を真摯に考えている人は、とても賢く見えます。

今からでも遅くないので、身近にいる人の為になることを真剣に考えてみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください