heteml容量アップ

マルコ式ネット白書でも使っているレンタルサーバのhetemlのサーバ容量が大幅にアップされました。

  • heteml(ヘテムル) 』は、大容量・高機能のレンタルサーバー。 国内最大級の個人向けホスティングサービス『ロリポップ!レンタルサーバー』を運営する株式会社 paperboy&co. の提供するサービスです。ディスク容量は 42.195GBの大容量。Flash、音楽、ムービーファイル等をふんだんに使って、自由に WEBサイトを表現することが可能です。また、『 ヘテムル 』は容量だけではなく、機能面もたいへん充実しています。Perl、Ruby、Python、PHP5、MySQL5 など豊富な開発言語に対応しているほか、マルチドメイン、マルチデータベース、共有SSLなど、サイト運営に大変便利な機能や、FlashMediaServer、ColdFusionなど他にはないユニークな機能を搭載。ブログ構築ツールとしてはおなじみの WordPress や簡単にコミュニティサイトを構築できる XOOPS などにももちろん対応しています。『 ヘテムル 』なら、WEBサイトをハイレベルに表現し、ストレスなく運用することができます。

なんで、42.195GBなのか?というところに疑問を持つわけですが、それもちゃんとhetemlなりの理由があるみたいです。

  • これまでの heteml のディスク容量は 10 GB で、それについてユーザーの皆様からは色々とご意見をいただきました。 「WEB サイトとメールの利用だけで 10 GB も使い切らない」 という声も少なくありませんでしたが、逆にヘビーユーザーの皆様からは 「もう少し容量を増やして欲しい」 というご要望も頂きました。今回、容量アップ を実施しましたのは、そのようなご要望にお応えするためです。

    ただ一方で、単に 10 → 20 → 30 と容量を増やしていって、それでおしまいというのも、なんだかバナナの叩き売りみたいで、寂しい気もしました。もちろん、レンタルサーバーサービスは、み なさまに快適な環境をご提供することが第一の目的のサービスですので、寂しくたって別にかまわないのですが…。でも、バナナの叩き売りには、ちょっとだけ 抵抗を感じました。(バナナ自体は大好きです!)

    「42.195」 というドラマチックな数字

    「42.195」 というドラマチックな(かつ表記が大変でデザイナー泣かせな)数字になってしまったのは、そのような想いがあったからです。端数の 「2.195」 には、そんな (バナナに対する) 想いが (パンパンに) 詰まっているのです。

何はともあれ、容量がアップしたのはうれしいことです。

これで、またいろいろなCMSを入れ込んでテストできますね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください