2014年にはEC市場は12兆円になる見込み

以下は、野村総研からの抜粋です。

【ネットビジネス市場は、2014年度には14兆円市場に】

PC(パソコン)向けに加え、携帯電話向けの市場が伸びており、 全体として順調な拡大が期待できます。全体では、2009年度の約8兆円から、2014年度には約14兆円へと、約1.8倍に増加することが見込まれます (※4)。ここで扱うネットビジネス市場の中で、最も大きな割合を占めるのは、BtoC EC(消費者向け電子商取引)の市場で、2014年度には約12兆円に達する見込みです。これからの5年間、市場拡大をけん引するのは「モバイル(携帯電 話向け)EC」であり、BtoC EC全体に占める割合は、2009年度の17%から2014年度には20%を超え、金額規模で2.5兆円を突破すると見られます。

参考:「モバイルEC」が牽引し、BtoC EC市場は5年後に1.8倍の12兆円に
〜2014年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望(2)〜

モノが売れない時代と言われていますが、確実に拡大している市場はあります。

これまでと同じ売り方では売れなくなっただけで、モノが売れていないわけでは決してありません。

インターネットを毛嫌いする人もいますが、もはや、インターネット抜きでビジネスを展開するには、限界が来ていると言っても過言ではありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください