情報を制するものは世界を制する

もはや、誰も追随できない域まで上り詰めてしまったGoogleですが、まさに、ここにこそ次の時代の成功モデルが隠されています。

2000年前後には、まだインターネットが普及し始めた時代で、情報がお金になると考える人はあまりいませんでした。しかし、わずか10年足らずで情報がお金になる時代になってしまったのです。

インターネットの普及と利用率がが進めば進むほど、情報を持っている企業が強さを増します。

なぜなら、便利だからです。

文明の歴史は、利便性の追求にあったと思います。常に便利なものを追求してきたからこそ、高度な文明に成長してきたのです。

実は、情報だけでビジネスを行ってきたのは、Googleだけではありません。実はもっと古くからそうしたビジネスモデルはありました。それが、商社です。

物を置いてある商社もありますが、大きい商社になればなるほど、商品を右から左へと流すための情報のみで商売をしています。インターネットの普及で一番の恩恵を受けているのは、実は商社なのかもしれません。

特に、世界を股にかけるような大きい商社にとって、いかに情報を握り、そしてその情報を伝達していくかが重要なのです。

そして、Googleと商社を融合したようなビジネスモデルは、Amazonです。日本においては、楽天が上げられるでしょう。

Amazonは実際に商品を発送しているという意味においては、若干ニュアンスが異なるかもしれませんが、書籍以外の商品に関しては、アライアンスを組んで商品情報を提供しているだけに過ぎません。

そして、楽天においては、まさにインターネット商社です。

楽天が持っているのは、商品情報だけです。実際の商品は持っていません。

しかし、これはインターネットショッピングだけの話ではないのです。

情報を集め、それを配信していく事にこそ、成功の糸口は隠されています。

まさに、「情報を制するものは世界を制する」といっても過言ではないのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください