近江商人の「商売の十教訓」

400年も前に書かれた「商売の十教訓」というものを見つけました。

  1. 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
  2. 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
  3. 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
  4. 資金の少なきを憂うるなかれ。信用の足らざるを憂うべし
  5. .無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ
  6. 良き品を売ることは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
  7. 紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。つけてあげられるもののない時は笑顔を景品にせよ
  8. 正札を守れ!値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
  9. 常に考えよ、今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝につかぬ習慣にせよ
  10. 商売には好況、不況はない。いずれにしても儲けねばならぬ

近江商人というと、「三方よし」があまりにも有名ですが、この「商売の十教訓」もあらためて見ていくと、とてもすばらしい教訓ばかりです。

特に10番目は、まさに今の時代の事をいっているのではないでしょうか。

400年経っても色あせないこの教訓は、いつも大事に持っていたいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください