キラーワード

よく、「殺し文句」とか聞きますが、まさに、これはあると思います。

それを実感したのは、自分が営業をかけられた時です。

最近、ちょっと大きな買い物をする機会があったのですが、そのときに、その「殺し文句」と出会いました。

相手は、そこまで考えていなかったのか、それとも計算ずくだったのかはわかりませんが、確かにその言葉は、私に響いたのです。

別にそれがどうしても欲しいわけではなかったのですが、その殺し文句が、頭から離れず、結局またあとで行って買ってしまいました。

これもよくある話かもしれませんが、トップセールスする人たちは、いくつかこうしたキラーワードを持っています。

このパターンでは、このキラーワードを。。。この人の場合は・・・。

という具合に、自分の中で何か出来上がっているものがあるのだと思います。

以前、こんな話をする人が居ました。

「自分の受注ベルトコンベアーを作ったら、あとはそこにお客さんを乗せるだけ。そうすると勝手に、受注されていくから。」

トップセールスマンは、こうした事が出来ているから、自信もあるし、お客さんは、自信を持って進められるから、ついつい買ってしまう。。。

そういう連鎖が、ここにはあるのです。

ボンクラよりも、トップセールスマンから商品を買った方が、お客さんもうれしいんです。「この人から買った。この人だから買った。」それが、買う立場に取っては一番大事な事なのです。

自分が客の立場になった時に、自分自身のサービスを自分が受けてみたいかどうか?というポイントが重要だと、あらためて感じました。

自分が本当にうれしいサービスは、お客さんもうれしいものですから。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください