Windows7 beta 入れてみた

Beta版と聞くと、どうも居ても立ってもいられない性分のため、使ってみることにしました。

ネットからダウンロードして、DVDにデータを焼き込んで。

こういうときの為にテスト用ディスクトップを用意しています。以前は、そのまま使ってみたこともあったのですが、あまりにもリスクが高いということに気がつき(当たり前だ!)、今はちゃんとテスト用PCを準備しています(一回痛い目見ないとわからんのです)

早速、テスト用PCにインストール開始。

テスト用PCのスペック

  • OS: Windows XP SP3
  • CPU: Celeron 2GHz
  • メモリ: 1GHz
  • HDD: 80GB x 2

Updateの場合は、Vista SP1以上じゃないと出来ないって言われたので、XPの場合は初期インストールするしかなさそうです。

もちろん、Beta版なので所々英語の表記が出てきます。

インストール自体は、Vistaの時ほどストレスは感じませんでした。年々、インストールとアップデートの時間がかかっているような気がしたので。

画像はこちらから ご覧いただけます。(ちなみに、閲覧するときPicLensを選んで、全画面表示にすると使っているような感覚になります。)

実際使ってみた感想としては、Vistaよりも軽いってことでしょうか?

Aeroのような作りですけれど、操作感覚は軽いです。(といっても特に何も入ってませんけれど)約8年前に組んだ自作PCですが、動作については問題ありませんでした。(ただストレスは感じます)

ドライバは、全部入っているようでしたが、正規版ではないので騙し騙し使っているというような感じです。(実際に解像度がMAX1024 x 786までしかいかなかった)

ビデオドライバがうまく機能しないため、ソリティアはストレス感じまくりでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください