ウォルマートの真実

ビル・ゲイツが15年連続でアメリカ長者1位に輝いたという話がありましたが、フォーブスの米国長者番付ベスト10を見ると、もっとも資産をもっているのはウォルマート関係者であるということがわかります。

社会:ZAKZAK

ちなみに、ビル・ゲイツ(52歳)の資産は約6兆円(570億ドル)だそうですが、ジム・ウォルトン(60歳)をはじめとして4人もウォルマート関係者が入っているのです。

1位 ビル・ゲイツ(マイクロソフト)
2位 ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ)
3位 ラリー・エリソン(オラクル)
4位 ジム・ウォルトン(ウォルマート)…234億ドル
5位 S・ロブソン・ウォルトン(ウォルマート)…233億ドル
6位 アリス・ウォルトン(ウォルマート)…232億ドル
7位 クリスティン・ウォルトンとその一族(ウォルマート遺産相続人)…232億ドル
8位 マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグ)
9位 チャールズ・コーク(コーク・インダストリーズ)
10位 デイヴィッド・コーク(コーク・インダストリーズ)

 

ウェルマートの人たちの資産ご合計すると931億ドル。実は、ビル・ゲイツなど足元にも及ばない金額だったりします。しかも、個々人を見ていくと示し合わせたような微妙な金額。

世界で一番金持ちの一族はウォルトン・ファミリーだということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください