ケータイのオンラインショッピング、最も利用するのは30代女性

携帯でショッピングといわれると、いまいちピンとこないと思うのですが、意外と最近は多いようです。

以前、ネットショップの販売代行をしていた時にも女性を中心に携帯からの購入というのが目立ちました。そうした背景もあり、楽天などの大手ショッピングモールでは、モバイルでの販売に力を入れる動きもあります。

インプレスR&Dのシンクタンク部門、インターネットメディア総合研究所の調べでは、利用率で最も多いのは、30代女性という調査結果でした。ちなみに具体的な数字は以下です。

30代女性(47%)、20代女性(44%)、10代男性(44%)

ケータイのオンラインショッピング利用率は37%ということですが、これは思ったよりも高い数値で、黙止できない数字でもあります。

では、いったい30代女性はどんなものを買っているのかというと、衣料、アクセサリー、ファッション(28.8%)」が最も多く、次いで「書籍、雑誌(27.3%)」、「CD、ビデオ、DVD(22.5%)」となっています。

30代女性は、服も携帯で買う世代のようです。この要因には手軽さということもあるのでしょうが、それよりも重要なのは、試着もせずに服を買うことができるということです。
これは、購買行動が劇的に変化したととらえるべきなのでしょう。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20366307,00.htm

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください