モンスターペアレント(Monster parent)

style=”MARGIN-RIGHT: 0px”>

モンスターペアレント(Monster
parent
)とは、学校に対して自己中心的で理不尽な要求を繰り返す保護者を意味する和製英語である。

向山洋一
の命名 (「教室ツーウェイ
2007年8月号9ページ参照)。当然ながら常識の範囲を逸脱しない要求を行う保護者はここには含まれない。

基本的には直接教員にクレームを行うものが多いが、
校長教育委員会など、
より権限の強い部署にクレームを持ち込んで、間接的に現場の教員や学校に圧力をかけるという形式も増えている。また、
なかには虚偽の告発をするなどして法的問題に発展させようとする場合もある。

なお、日本と同様に理不尽な要求を学校に出す保護者が社会問題化しているアメリカでは、
彼らはヘリコプターペアレント(Helicopter
parent
)と呼ばれている。これは、学校の上空を周回するヘリコプターのように常に自分の子供を監視し、
何かあればすぐに学校に乗り込んでくることからきている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そんな親が増えているようです。また、この現象を研究している先生もいて、
1970年代という社会背景が大きく影響しているのではないかという指摘があります。

style=”MARGIN-RIGHT: 0px”>

この問題を研究している大阪大学大学院教授である小野田正利によると、
こうした保護者が目立って増え始めたのは1990年代後半からであるとされる
(アメリカにおける「ヘリコプター・ペアレント」問題の発見は1991年である)。
この時期に子供が学齢期を迎えた人々の多くは1970年代後半から1980年代前半の校内暴力時代を経験しているので元来教師への敬意を持っておらず、
さらに教職の人気が低かったバブル期に社会に出たために教師をバカにしている、
というのが小野田の解釈である。また「言ったもん勝ち」
がまかり通る風潮が強まっていることもモンスターペアレント出現の原因の一つではないかと小野田は指摘している[1]

アメリカでは、ヘリコプターと呼ばれているみたいですね。日本よりはよさそうな響きです。

しかし、ほぼ同じぐらいの時期から日米同時にこうした問題が起こってきているというのも不思議なものです。
たいていは、5年落ちぐらいで日本ではやりそうなものですが・・・。悪ことばかりが先行してしまっているようですね。

モンスターペアレント(Monster parent)の直接的事件事例もありました。

style=”MARGIN-RIGHT: 0px”>

2003年に福岡県の小学校で起こった事例では、
モンスターペアレントが担任教師を「いじめ教師」として非難し、事件が法廷に持ち込まれた際には、
それをサポートする550人もの大弁護団が結成されることとなった。しかし、
審理の過程でモンスターペアレントの告発が捏造であったことが次々と明らかになった。
この事件は1審で被告(教師側)勝訴となり原告は控訴したが、2007年3月に控訴を取り下げて原告敗訴が確定した。

また2007年2月1日NHKが放送した
クローズアップ現代
要求する親、問われる教師」では、モンスターペアレントへの対応に疲れ果てて自殺した女性教師の事例が紹介され、
反響を呼んだ[3][4]

そんな言葉があるということ自体、知りませんでしたが、そもそもは、
DQNという言葉を検索していたら行き着いたものでした。

ちなみにモンスターペアレント(Monster parent)はDQN親に含まれます。

style=”MARGIN-RIGHT: 0px”>

親がDQNでモラルのないこと。
例を挙げれば

  • 保育料給食費を支払えるのに意図的に支払わない。
    [6]

  • レストラン
    電車の中など、
    公共施設で子供が騒いだり、走ったりして周りが迷惑を感じているのに注意しない。
  • 子供の健全な心身の成長に悪い影響を与える事をする。(茶髪ピアス
    喫煙などを黙認または奨励する,
    深夜に子供を連れ歩くなど)
  • 学校に些細なことでクレームをつけたり、
    無茶な要求をする。(→モンスターペアレント

また、親がDQNであり、その子供もDQNであるというような場合は、歴史は繰り返すという概念から、DQNスパイラルと呼ばれることがある。

ちなみに、DQNはテレビ朝日系で1994年2002年に放送されていた
目撃!ドキュン
という番組に由来するらしいです。この番組に出演する一般人にいわゆる元ヤンキー(不良)が多く、
時として非常識な行動が多々見られたことから、インターネットスラングで非常識な人物を指す蔑称としての「ドキュン」
という言葉が生まれたということでした。