オプト、船井総研と連携

本日つけの日経新聞朝刊に、タイトルの見出しで記事が掲載されていました。

内容は、インターネット広告代理店のオプトが船井総合研究所と営業面で連携をするということです。

オプトは、ダイレクトメールなどの実践的な販促活動を指導するコンサルティングに強みをもっていますが、ネット広告の提案だけでは、
単価の伸び悩みや顧客の取りこぼしにつながるという懸念がありました。

また、船井総合研究所は、これまで不得意だったネット利用の販促手法によって、大企業への取り金が期待できるとしています。

今後は、業界別セミナーの共催などで連携を強化して、商品の共同購入も検討する予定だということです。

お互いの弱みを補う形での連携ですが、果たしてそれがうまくまとめられることができるのか?
今後に期待です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください