YouTube、投稿ビデオに広告収入を分配へ–対象は人気制作者に限定

そういえば、今年の初めぐらいに、YouTubeを使ったビジネスができないものかと、考えていたことを、
この記事を見て思い出しました。

You
Tube Bissiness

2パターン考えていたわけですが、広告が脇に表示されるという点を考えれば、
CMをいれこんだ動画制作バージョンに近いと思います。

YouTubeが重要と認める人気投稿者だけがパートナー契約できる仕組みのようですが、
面白いコンセプトでコンテンツを制作し続ければ、いつかは認めてもらえるかも知れません。

ただ、誰もがパートナーに選ばれるわけではないところは、残念です。
(誰もがパートナーに選ばれるような仕組みも多分そのうち構築される事とは思いますが・・・)

style="MARGIN-RIGHT: 0px">

人気ビデオを制作を通して、彼らは多くのリピーターを獲得している。そのことから、
彼らのコンテンツは、広告主にとっても魅力的な存在となった。そのことが、
パートナーとしてYouTubeに参加する機会を得る上で役に立った

支払い対象としてビデオが選ばれると、
パートナー投稿者が作品から対価を得られるよう、コンテンツの隣に広告が設置されることになる

まずは、どの程度効果があるのかというテスト段階なのかもしれません。

これで効果が見込めるようになれば、一般ユーザにも間口が広がることと思われます。

 

YouTube、
投稿ビデオに広告収入を分配へ–対象は人気制作者に限定


ユーチューブ、ビデオの著作権者に収入を分配するシステム導入を計画

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください