Winnyの技術 |金子 勇

Winnyの技術Winnyの技術
金子 勇
アスキー 刊
発売日 2005-10
価格:¥2,520(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★


P2Pソフトウェアの「技術解説書」としておすすめできる良書 2006-06-30
本書は、Winnyの開発者自身が、WinnyというP2Pソフトウェアの内部構造について解説した書籍だ。

彼は、本書内で「Winnyは、匿名性を保ったデータを大規模なP2Pネットワーク上でどれだけ効率よく転送できるかを追求して開発した」と明かしている。

その構想を基礎として、ノード間でのデータ検索、ファイル情報の取得やデータ転送を効率的に安定させて行うためにWinnyに施した工夫や技術をかいつまみ、書籍全体で丁寧に解説している。その内容は、前半部はPCの一般利用者向け、後半部はプログラマー向けに編成されている。ただ、前半部は、PCの一般利用者向けの編成内容といっても、コンピューターネットワークに関する基礎的な知識がないと読み進めるのは難しい印象を受けた。それでも、ほかの分野特化型プログラミング技術解説書よりは読みやすく書かれていると思う。

技術的には、Winnyは、P2Pソフトウェアとして確固たる実績を残した。その開発者自身による、Winnyを題材としたP2Pの技術解説という本書の性格から、P2Pの仕組みを詳しく知りたい人や、P2Pを活用したソフトウェア開発の参考資料を求めている人に、本書をおすすめしたい。

P2Pソフトウェアの設計・開発ノウハウ 2006-06-02
Winnyの設計(思想)や、その開発・運用をどのように行ったか、を説明した本です。P2Pソフトの歴史、Napster、Guntellaなどのファイル共有ソフトと何が違うのか、Winnyの仕組み(ファイルの検索、転送など)、そして、Winnyを、どうテストして、バージョンアップ等をどうやって行ったか、です。

設計の話が中心です。P2Pソフトって、こんな点を考慮して設計するのか、こんな苦労や工夫がなされているのか、という点が非常に興味深くそして、参考になりました。

「P2Pソフトを設計する」ことが今後なくても、ソフトウエアの設計に関する視野が広がる本でした。(その以前に、設計思想にワクワクする本でした)

インターネットの基礎的な知識があれば、読めると思います。解決したい問題とその対応が、わかりやすく、また、文章も丁寧で、全般的に、読みやすかった本でした。

Winnyの正しい理解か 2006-04-13
私は実はWinny の仕組みというか、「なぜあんなことができるのか?(あんなことになってしまうのか)」をよく理解していなかったのですが、本書で「大体」つかめました。

そもそもこれがなぜ生まれたのか?それは「需要」「利便性」という視点から始まったものです。が、用途・運用面での考慮が足りなかったのも事実。

これは「新しいことをやるにはまず「想定SWOT分析」」をすべきであろうと思いました。これは私が勝手に提唱しているものです。

SWOTは本来は「現状分析」の手法ですが、「どうせ何か始めてもすぐその状況=現状」になってしまいます。

ソフトウェアの設計思想を学ぶ本 2006-02-14
ファイル交換ソフトは、ネガティブな側面ばかりが強調されがちです。

そういう意味で、制作者自らがコンピュータネットワークの使い方に関して一貫した思想を述べたのは素晴らしいと思います。

この本で述べられているのは、サーバー−クライアントモデルのような中央集権的なネットワーク接続ではなく、”ユーザーの持ち合い”で成り立つ接続です。章立ては、

第1章P2Pの基礎知識

第2章Winny紹介

第3章Winnyの仕組み

第4章実装

第5章P2Pソフトの開発手法

第6章残された課題と可能性

のように構成されています。

P2Pのネットワークプログラムの実装について書かれているので、かなり参考になる1冊だと思います。作者の優れた思想に触れてください。お願いします。

読みやすく、大変参考になる本です 2006-02-08
私はWinnyは使用したことがありませんが、P2Pという技術にはプログラマーとして大変興味がありました。

本書はP2Pを基礎から学ぶには最適な本だと思います。

Winnyの作者が書かれた本ですが、技術者が書いた本としては、大変読みやすく、話の展開もいいために、理解しやすいと思いました。

実際にP2Pを開発された方、それもかなり大規模なネットワークとなったWinnyを開発された方が書かれたということで、内容も開発段階から大変参考になる内容が多く出てきます。

Winnyというより、P2Pの大変よい参考書になるでしょう。

さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事は2007/5/1に作成しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA