主婦も稼げるネットショップで月収100万 |近藤 美緒

主婦も稼げるネットショップで月収100万主婦も稼げるネットショップで月収100万
近藤 美緒
ぜんにち出版 刊
発売日 2006-03
価格:¥1,365(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★


買ってよかった 2006-07-05
 私は、よく本屋に行くのですが、雑貨を扱うネットショップをやりたいと考えていたときに、この本が私の目に留まりました。

 「主婦も稼げる」とあったので、中身は大したことないのかなと思いつつ、読み進めてびっくり!この本の中には、商売の基本がしっかりと

凝縮されていて、しかも文章も非常にわかりやすい。私は、よほど気に

入った本でないと読み返さないのですが、もう何度も読み返しました。

 今、ネットショップ開業に向け、準備を進めているところですが、この本をもとに計画を立てているところです。

 ネットショップを考えている人だけではなく、商売をされている方にも大変参考になると思いますので、是非読んでください。

感動を呼ぶネットショップホスピタリティ! 2006-05-25
ひょんなきっかけで手にした本書「主婦も稼げるネットショップで月収100万」。読む前は、よくある稼げる系の本で確信を欠くものではないかと勘違いしていた。

 現在私は、WEBマーケティングを研究する職業をしているが、かつて10年ほどホスピタリティ産業の最前線である「感動を創る職人」ホテルマンをしていた。本書では、eコマースにおいて、ホスピタリティ産業のような「感動を創る」手法が自然体で、リピーターを増やし持続的成長を可能とする顧客心理や社会心理を上手く取り入れた、すばらしい解説書といえる。ネットショップ開設から運営、手法を親切に公開しているので、これからネットショップを開設する人は必ず読んで欲しい1冊である。

 米オライリー社がWEB2.0という概念を公開して、日本でも05年からWEB2.0的なビジネスモデルなどが徐々に広まっている。また、その概念を市場全体に取り入れようとマーケティング2.0なる言葉も生まれ、リアルマーケティングにおいても、かつての成功事例や「勘と経験と度胸」という手法から、「人の気持ち」を定性的に情報収集しデータベースマーケティングをさらに高度化する手法などが進んでいる。

 本書は、これら最新の手法がネットショップを通じて自然に取り入れられ親切に解説されている。また、今後どの企業においてもキーワードとなる「ホスピタリティ」を最優先している点が今後も成長を加速させるエンジンといえる。

 洗練された統計学や社会心理学を用いたITマーケティングがどんなに高度化しようと「人の心」に感動を与えることは難しい。eコマースといえども、ホスピタリティマインドのある接客が最重要課題とわかる価値のある1冊であり、WEBマーケティングのプロの方に「ホスピタリティ」を考える1冊として欲しい

やる気と元気のでる1冊です! 2006-04-10
ネットオークションもしたことのない私が、ネットショップに興味を持ち、しかしわからないコトだらけで不安で・・・というときに出会った1冊です。親切でわかりやすく初心者の気持ちになって書いてくれているのでよんでいるウチにがぜんやる気が湧いてきて元気がでました。なんだかやれそう!そんな気持ちにさせてくれる本です。しかも単なる流行だけでネットショップを楽しもう、というのではなく、ネットショップを通して仕事というものへの捉え方・商売に対する姿勢の大切さを教えてくれます。

ネット通販の本で、最高の一冊 2006-03-21
 ウェブのマーケティングコンサルティングをしている関係上、こういった本は、ほとんど読破していますが、本書は、ネットショップを始める上で、最高の入門書といえるでしょう。たいていこういった本は、実践で活用する戦術(施策)ばかりを紹介するばかりで、その前に必要な、ビジネスの根本的な考え方、つまりヴィジョンやミッション、スタンスが紹介されていないのですが、本書は、ビジネス初心者が踏まえるべき心構え、ビジネスとはなにかをきちんと紹介した上でそういった実践に使える知識を紹介しています。

 著者の近藤美緒さんは、主婦とはいえ、とても勉強されていて、その上でビジネスの実務をきちんと実行しています。

 理論と実践を理解されています。

 こんな人がこんな考えか方でビジネスをやったら当然成功するでしょうね。1300円で、この内容を得られるのは、安いはず。ネットショップを始めようと思っている人に、ぜひ薦めたい必読書です。

私にも出来そう!! 2006-03-15
 子供がこの4月から幼稚園に行くので、時間が少しできるので、

なにか始めたいと思い、この本を手にしました。

 正直、感動しました。素晴らしい本です。

 ネットショップ運営の入門書なのですが、実は、それにとどまりません。

 この本には、ビジネスの進め方、考え方、さらには、働くことの意味と

いった深い内容が満載されています。

 この本を読んで、自分の人生観が変わったと言っても過言ではない

くらい、本当にすごい本です。

 ちょっと、説明しますと、働く意味をまずこの本は紹介しています。

 著者はこういいます。

 「働くということは、世の中に価値を創り出し、提供すること」

 そして、その方法を選択することが、仕事を選ぶということだと。

 それを決めたら、それをミッションとし、どういう展開をしていきたいか

といったヴィジョンを描くのです。この二つが決まったら実現させるための

戦略を考えます。

 一方、売り上げを構成する要素には3つあって、それは「客数」「リピート数」

「客単価」で、この本は、その3つを高める戦略と戦術が満載されているので

す。

 私はネットショップなんて、少ししか興味がありませんでしたが、この本に

出会って、「私にも出来そう、やってみようかな」って、思ってしまいました。

 だって、成功するためのノウハウが満載なんですから。

 

 たぶん、私の生きる指針になる本です。

さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事は2007/5/1に作成しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください