グーグル・アマゾン化する社会 |森 健

グーグル・アマゾン化する社会グーグル・アマゾン化する社会
森 健
光文社 刊
発売日 2006-09-15
価格:¥735(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★


情報社会と人間のありかたについて(;’Д`)ハァハァ 2007-04-05
(;’Д`)ハァハァ 分からない事にぶつかれば、グーグルで分からない言葉を検索すればいい。

読んだ事のない本・ゲーム・DVDなんかの評価が見たいときは、アマゾンを利用して

検索すればいい。

そのやうに・・・インターネットが密接になってくると、今まで得られなかった情報が

一瞬に手に入り、失敗作を掴まされる危険性というものがなくなってくる。

それを筆者は、『グーグル アマゾン化する社会』と称した。

分からない事があれば、ググってしまえば終わり、つまらない作品もアマゾンがあれば

忌避できる。だが、それで満足してしまって、本質を見失ってしまうのではないか?

とも筆者は述べている。

内容は多義に亘るがポイントは一つ 2007-03-02
中小企業の希望の光のように思えたロングテール。

しかし例外を除いて通用しない事実とその理由が理解できるだろう。

本書は一極集中化する社会現象がWebの世界でも同様に当てはまることを指摘している。

各章個々の内容だけでも最新の情報が説明されている為、単純にITの今を勉強するだけでも役立つだろう。

枝葉末節な内容もかなり詳しく説明されている為、読んでいるうちに大局を見失いがちになるが、

読後、再度俯瞰し直すと著者の全体を通して言いたいことがよく分かる。

構成もよく練られているが、、、

タイトル名だけは如何なものかと思う。

Webの世界で一極集中化したその代表的な企業がグーグル・アマゾンということであり

社会がグーグル・アマゾン化するというのは論理が逆である。

タイトルはおそらく内容を理解していない出版社がつけたものだろう。

そこだけが残念というか勿体無いと思う。

最後2,3章には考えさせられるものがあった 2007-01-26
読み始めははっきり言ってありきたりな感じが否めなかった。

が、読み進めるにつれて次第に筆者のWeb2.0に対する主張がすこしずつ明らかになる。人々の意見のより一極集中化、マイノリティー意見の黙殺などインターネットがもたらす影響とは必ずしもプラスには働かない。情報の取捨選択が可能になったからといって、人々が得られるようになった情報の幅とは広がったのであろうか?又、情報の双方向性ともいうが、人々は一体誰の意見に耳を向け、どうやって自分の意見をより多くの人に知らしめることができるのか。こういったWeb2.0に対する懸念は私にとっては斬新であったため興味深く読ませてもらうことができた。

情報化社会を掴むには良い 2007-01-23
とても読みやすい本でした。

私はネット等には詳しくなく、学校の課題だった為この本を読んだのですが、

初心者でも理解しやすいようにグーグルやアマゾンなどの動きが分析されています。

逆に、専門職の方には当たり前すぎる内容かもしれません。

内容は、あらゆる分野で様々な商品・サービスが消費者に提供され、売れ筋が平均化すると考えられる今日、

逆に一部の商品のみが爆発的に売れる「一極集中化現象」

に焦点を当てたものです。

非常に読み応えがある本です。

グーグルとアマゾンに「何かあったの」の初歩向け 2007-01-22
 本書は、技術畑の読者には物足りなく不向きと思います。ネット事情に精通されている方にも最新の事情が述べられているわけでもなく、不向きと思います。

 お勧めの読者対象は、グーグルが何か大きくなり力を持ち何かと騒がれているみたいだけど「何かあったの」と考えたた貴方だと思います。

 便利なものとことは捨てがたい、便利の魅力には吸い寄せられる。あえて不便に身を置き、流行に抗することは勇気以上に手間がかかる。

 グーグルはより便利を提供し、その対価として貴方の情報から価値を整理し取り込みます。グーグルと付き合うためのには、その覚悟が必要かもしれない。

 著者が想定するグーグルとアマゾンが作り上げる未来社会の姿をまずは咀嚼し、最新事情は他書、更にはネット上で深めるのが、理に適っているのではと思います。

さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事は2007/5/1に作成しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください