シニフィエとシニフィアン

言葉を構造的に分析する際に、このシニフィアンとシニフィエという概念は、とても便利です。

「シニフィアン」は
フランス語の動詞signifier
「意味する」の現在分詞で「意味しているもの」「表しているもの」を指しています。

一方、「シニフィエ」は同じ動詞の過去分詞で「意味されているもの」「表されているもの」を指しています。

日本語ではシニフィアンを「記号表現」「能記」、シニフィエを「記号内容」「所記」などと訳すこともあります。

これだけだとわかりにくいので、表を使ってみていきます。

日本語 フランス語 英語
シニフィエ

(記号内容、所記)

signifie signified 海のイメージや、海という概念、ないしその意味内容
シニフィアン

(記号表現、能記)

signifiant signifier 「海」という文字や、「うみ」という音声

シニフィアンとは、語のもつ感覚的側面のことで、例えば海という言葉の「海」という文字や「うみ」という音声のことを言いいます。

も一方のシニフィエとは、このシニフィアンによって意味されたり表される海のイメージや海という概念ないし意味内容のことです。

また、表裏一体となったシニフィアンとシニフィエとの対のことを、「シーニュ
signe)すなわち「記号」と呼びます。

  • その関係に必然性はない。(記号の恣意性)
例で言えば、「海」そのものを「海」と書き、「う・み」と発音する必然性はどこにもない。もしそれがあったとしたら、
あらゆる言語で海は「う・み」と発音されているはずである。
  • 必然性がないにもかかわらず、それが了解される体系のなかでは必然化されている。
日本語を解する人が「海」という字を見、「う・み」という音を聞くとき、そこでイメージされるものの根底は基本的に同じである。
また、「海」はどうして「う・み」というのか、という質問に答えることは非常に難しい。

たとえば、リンゴは、そのもの自体、どんな言語だろうと同じものをイメージします。英語ではAppleですが、イメージするのは、
万国共通で品種に若干の違いがあれど、バラ科リンゴ属に属する樹木
またはその果実を連想するでしょう。

哲学的には、シニフィアンは「誰もが共有できる事実」を、シニフィエは「個人的なイメージ」のことを表します。

450-200510011441571

この写真を見たとき、これがリンゴであるという真実は、シニフェアンになります。

逆に、Appleという言葉を聞いた時には、

cpnk0012

こういうものや、

apple

こんなもの、もしくは、

apple_campus_sign

とか、極端な場合、

Apple-iPodb30GB-MA446JA

といったものをイメージするかもしれません。

実は、これらすべてシニフィエになります。

言葉を端的にとらえると、こうしたことが起こります。

では、普段会話の中ではちゃんとコミュニケーションがとれているのは、なぜなのでしょうか?

それは、言葉と言葉との関係性や関連性をお互いに認識しているからです。

「新しいパソコンほしいんだよね。」

「じゃ、Appleがいいよ。Windowsも使えるようになったし。」

ここで出てきたAppleは、決して

450-200510011441571

これを指していないことが、わかります。

ややもすると、言葉遊びで終わってしまいそうな話ですが、この話を踏まえて言葉が持つイメージを次回考えてみます。

  1. 言葉が持つイメージ

    言葉には、シニフィエとシニフィアンが存在していることは前回説明しました。 それを踏まえた上で、次の言葉を考えてみます。 遊び プレジャー pleasure…

  2. 言葉が持つイメージ

    言葉には、シニフィエとシニフィアンが存在していることは前回説明しました。 それを踏まえた上で、次の言葉を考えてみます。 遊び プレジャー pleasure…

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください