楽天API正式サービス

楽天は1月17日、仮想モールなど同社サービスに関するAPIの公開を発表しました。
新サービス「楽天ウェブサービス」(ベータ版)はまず、「商品検索」「商品ジャンル検索」「商品コード検索」「書籍検索」──の4つのAPIを公開するとされています。
DVD、CD、トラベルの商品情報や家電製品のカタログ情報などのAPIについても、2007年3月をメドに公開し、マルチデバイス対応や業務システム連携などへも順次、サービスを拡大するということです。

ようやく、楽天もAPIを本格始動するわけですが、すでに、非公式サイトRakuAPIというサービスがあります。現在、正式な楽天のサービスは、商品検索だけですが、非公式サイトRakuAPIでは、楽天市場の商品をキーワードやジャンルで絞り込み、XML/RSSやTSVなどのデータとして取得することができます。また、楽天アフィリエイトのアフィリエイト・コードを指定することでアフィリエイトリンクURLを返すことができます。実際1,000万点以上の商品を提供している楽天アフィリエイトにおいて、これまでAPIを使っていなかったこと自体、機械損失ではなかったのか?

アマゾンが世界的に広まった要因のひとつにAPIがあげられていることや、価格.comWEBサービスでのAPI展開を行っている事に対して追随したような形になっています。
たぶん、それまではAPIを提供するメリットが見出せなかったのかもしれません。

  1. たった10ページのeBookでセミリタイアする方法 「eBookSecret ネットビジネス第3市場で稼ぐのはあなた?」 → http://ebooksecret.jugem.jp/

    初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「eBookSecret ネットビジネス第3市場で稼ぐのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバッ…

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA