Microsoftの可能性

これらは、すべて現在、Microsoftが公開しているOffice2007 Bate2のWordを使って公開した情報です。

通常のWordでブログが公開できるという画期的な発想だと思います。

これまでも、Wordのデータをコピー&ペーストによって掲載することはできましたが、Word特有のスクリプトのためエラーが起こってしまうケースなどもありました。
しかし、今回のWord2007ではそうした問題を解決し、より操作性を向上させています。

文章と表に関しては、完全に使えるのではないでしょうか?

ただ、グラフなどの画像系の処理がまだうまく連結できていないようです。
正式リリース時に、これがちゃんと使えるようにあれば、どんなソフトにも対抗できる優位性を勝ち取ることができるでしょう。

特に、公的機関などではWordやExcelといったアプリケーションソフトを多用し、それを公開しなければなりません。
しかし、このOffice2007とBloggerを使えば、これまでの常識を破ったCRMを設計することができます。
ホームページの知識などまったくなくても、市民に最新情報を即時公開可能になるのです。

テンプレート化されたページを使うため、デザインが崩れる心配もありませんし、サーバを指定するれば、生成ファイルはすべてそのサーバへと保存されます。
ですので、他のプログラムを利用しての双方向コミュニケーションも可能ですし、サーバ内検索もGoogleを使って可能になります。

Microsoftは実はそうしたソリューションを考えているのではないでしょうか?
Googleを敵視するのではなく、ネットの向こう側とこちら側をうまくつなげる役割をしていくのだとおもいます。

もしそうであれば、ネットの向こう側へはとてもスムーズに、かつ簡単に入っていけるようになるのです。