キーマンズネット

リクルートが運営するIT計の情報サイト「キーマンズネット
企業で導入するIT製品選びをサポートすることを目的としたサイトですが、IT単語帳という便利なツールがあります。ポップアップで開いておけば、新しい単語が出てきたときにすぐに検索できます。また、邪魔にならないような工夫もされており、必要ないときはディスクトップの片隅で小さくまとめておくことも可能です。
特集では、5分でわかる最新キーワードなどがあり、移り変わりの激しいIT業界においてとても便利なツールです。
キーマンズネットというタイトルですが、企業で何らかの製品を導入するに当たって大抵社長かもしくは、部長などの決裁権を持っている人が、いろいろな情報を集めて最終的に購入にいたります。
その決定権者を「キーマン」と呼び、キーマンが集まる場所ということで、キーマンズネットというタイトルにしたと思われます。
また、そのキーマンを落とすための道具もそろっており、まさにIT事業部ご用達のサイトなのです。
その中で稟議を通すための使い方なども、紹介されているので、
「うちの社長はITとかデジタルとかぜんぜんだめなんだよねぇ。」とあきらめてしまっているIT担当者はここから情報を抽出して稟議書を作成してみてはいかがでしょうか。