オンラインローカル広告

地域密着型の商店や会社にとって、効果的な集客が期待できる広告宣伝に対するニーズは非常に高いです。まずはお客様がお店を訪れてくれなければ売上の見通しが立たないために、定期的な宣伝広告は欠かせません。ネット販売とは異なり、実店舗の場合開店景気というものがあります。オープンしたばかりの店は近隣住民からの注目度が高く、地域のマスコミ媒体でも好意的に取り上げられることが多いことから、開店から約1年間は比較的多くの来店客を集めることができるのが普通です。
しかし四季が一巡した頃から、次第に客足は遠のき、売上は目減りしはじめます。ここで効果的な広告宣伝のノウハウを持っていないと、店舗はジリ貧になってしまいます。

広告手法としては、新聞への折込みチラシやフリーペーパーへの広告掲載などがわかりやすく、弊社の強みでもあります。

しかし、これだけは満足しない経営者の傾けの新提案があります。
それは、オンラインから実店舗への集客を促す「オンラインローカル広告」というものです。

アメリカでは、大手ポータルサイトでも、新メニューとしてローカル広告を加えたり、関連の会社を買収する動きが慌ただしく、あるシンクタンクの報告では、これから年率10~30%のペースでローカル広告市場が拡大していくという予測もあります。
現在米オンライン広告市場では注目の新規事業テーマとなっているようです。

消費者にとってネットとリアルの境界線があいまいになってきている現在、こうした新しい広告手法が求められているのでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください