オンラインローカル広告の需要

広告産業の裏側をちょっとだけお話しすると、中小規模の地元企業、店舗が費やせる年間広告予算は平均約72万円という水準か同程度の規模と推定されています。そのため一般的な紙媒体のローカル広告、例えばフリーペーパーの広告枠は月あたり5万円前後に設定されていることが多いのです。逆に言えば、最低でもそれぐらいの予算を組まなければ十分な集客は見込めないともいえます。

その中でも中古車販売業者は、地域版の中古車情報誌に広告を掲載することがメインの集客法になっており、中小の販売店でも10~25万円程度を広告料として毎月費やしているようです。
特に首都圏では中古車販売店には淘汰の波が押し寄せているといわれています。しかし、集客の命綱である広告宣伝は止めるわけにはいかない状況にあるのです。広告の費用対効果と、紙媒体よりもタイムリーな掲載ができるという理由から、そちらを利用したいという希望が強いようです。

もちろん、それ以外にも潜在的なニーズはあることでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください