行列・基盤・母体:Matrix

最近、話題になっているマトリックスを観て思ったことは、現実ともあまり違いすぎないということです。なぜかというと、
マトリックスの話はプログラムや機械が人間を支配しコントロールしているという内容なのですが、
既にその兆候が見えるのではないかと思うからです。

現実的には機械に支配されているようには感じられませんが、今やいたるところに機械が存在し、
それを無視しては生活できないほどになっています。

パソコン、携帯電話、自動車、テレビ、飛行機、エアコン、炊飯器、冷蔵庫など数えあげればきりがありません。
これらが無くとも人は生活できるでしょうが、一度知ってしまった利便性を失うことは、想像の域で止めておきたいと願うでしょう。

文明とは、それに人が支配されている状態のことを指すのではないかと思います。
俗に言う未開の地域では何にもし配されること無く生活を送っているようにも見て取れます。現代人は、
マトリックスに観るように既に機械やプログラムによる支配が始まっているのかもしれません。

ただ、現実と映画の決定的な違いは明確です。機械による統制(コントロール)を受けていないということです。もしかすると、
それも時間の問題かもしれませんが。

マトリックスがこれだけ盛り上がるのはひとえに違いすぎないフィクションであるからなのでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください