出会いと別れ

久しぶりに、チョット言わせて貰います。
それは、出会いと別れについて。
僕は、出会いは別れの始まりであると考えています。人が出会わなければ、別れは決してきません。それは、死別であったり、離別であったり、決裂であったり
と形は様々に違うし、分かれるまでの時間も違います。でも、出会ってしまったその瞬間から、別れへのタイムリミットは開始されているのです。
しかし、だからといって悲観的にはなりません。
一期一会という言葉は、とても大切なものを表しています。時間的には、瞬間であっても、数年であっても、縁というものがなければ、その人とは出会わなかっ
ただろうし、生きているうちは、出会ってきた人のことは覚えているものです。憶えてないということは決してなく、思い出せないだけなのです。
出会いと別れは、結果が重要ではなく、その過程が大切なのです。出会って何をしたか?その人と何を話したか?どんな感情を抱いていたか?といったものが大切であり、その後の人生には、必ず何かしら影響を与えることも否定できません。

出会いは別れのプレリュードではあるが、その一つ一つが意味を持ち、自分を大きくしてくれるものでもあります。
別れを悲観的に捉えず、その出会いに感謝すれば、別れも決して悲しいものではなくなるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください