ミドリ

「行く川も絶えずして、しかも、もとの水に在らず。」
人の出会いは、この一言に集約されているかのようだ。

人は絶えずして、人と出会い、関係をきづくだろう。しかし、出会いは別れの始まりであり、出会ってしまったからには、別れも必然的にやってくる。それは、遅いか早いかの違いはあれど、必ずやってくるものなのだ。

だが、人は別れを悲観して、出会いを求めなくなることはありえない。
なぜなら、人は本能的にまた新しい出会いがめぐってくることを知っているからだ。
仏教思想によれば、これを「縁」と呼ぶ。
「縁」は偶然的なものもあれば、必然的なものもある。 エニシヨシアスヲユメミテコヨイモネムラン

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください