IT革命による経済と音楽に関する影響

最近サボリ癖が、ついてしまってしまった、
マニアックな話題。
今日から、また話し始めたいと思います。
(自分勝手)

<IT革命による、経済と音楽に関する影響>

IT革命が起きたと言われるが、
それは、何も経済にだけ影響があるわけでは決してない。
情報がこれからの時代の武器となるのだ!
情報は、自分が持っているイメージやアイディア
と言うことでもある。
今は、一人でも何でもできる(ある程度は)時代だと思う。
自分が持っているイメージやアイディアを
実現できると言う意味なのだが。
それは、絵であったり、映像であったり、言葉や文章であったりする訳だが、ここではやはり音楽を実現することが重要であろう。
僕の音楽に対してのとらえ方は、
単なる芸術と言うだけではない。
言葉通じなくともいい音楽は、
通じ合う。
絵を書かない文化はあるが、
音楽のない文化が、存在するか疑わしい。
そして、時代とともに移り変わってきた。
人類共通の文化は、音楽と言っても過言ではない!
話が少しずれてしまったので、
ここでもとに戻そう。
現在のテクノロジーにより、音楽理論がわからなくとも
自分のイメージ通りの曲が作れてしまうのだ。
Electro的でないような曲でも、
レコーディングの際などにその恩恵にあずかっているのである。
そうなると、Electroという枠で、全てくくれてしまうのではないだろうか?
逆に言えば、Electro・Musicというものはなんなのか?
という問題が出てくる。
テクノ、ドラムンベース、トランス、ガバ、ジャングル、
ハウス、ヒップ・ホップ、ジャズ・エレクトロ、
ヒーリングや、それ以外でどのジャンルにも属さないような、新しいジャンル的なものまで考えると、
果てしないジャンルが存在することになってしまうのである。
姫神、アディエマス、Era、エキセントリック・オペラ、
エキセントリック・サティ、ポリシックス、アシッド
この他にも知らないものもあるし、
新しいジャンルを挙げれば、
キリがない。
そしてまだまだ新しいものは、
続々出てくるだろう!
そうなれば、結果的に早い者勝ちという面が
必然的に出てくる。
イメージや、アイディアをどれだけ早く
実現できるかが、ネックになるということである。
初めにも言ったが、
ITの影響は、何も経済にだけではないのである。
これからの時代は、情報をもつものが
世界を制する!
(経済が支配する時代は終わったのである。戦争による物質的暴力による支配が終わったように・・・。)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください