ホームスタジオについて

<ホームスタジオが欲しい今日この頃>
という、題ではじまった今日の企画。
はっきり言って、どうしようもない感じなのですが、
それでも話を続けていきたい。

最近は、有名なアーティストも、自宅で録音している時代である.
有名どころで言うと、ドラ〇ン・アッ〇とか、ブンブン・サテライツ、オリコンの上位にいる某グループなどである。
ドラ〇ン・アッ〇や、某グループなんかは、ある程度作った後、最終的にはスタジオで録音するのですが、
ブンブン・サテライツは、イギリスのロンドン、ブリックレーン通り沿いにあるトルーマン・ブレヴェリービルにプライベート・スタジオをもつ。(カッチョいい!!)

海外での活動(主にヨーロッパ)が多い彼らにはちょうどいいのかもしれない.
でも、プライベート・スタジオをもてると言うことは、かなり稼いでいると言うことでもある。
まぁ、なんでもそうだが、ただで出来るものは何もない。何かしら、金はかかるものなのだ.
スタジオを作る際に当たって、必ず最初にしなければ、ならないことは、箱作りである.
内装を作り変えるだけではなく、防音効果を設置しなければならない.
その費用は、大きさによって異なるが、最低二百万はかかる。それに加え、スピーカーから、アンプ、内装をはじめ、
スタジオで使用する機材などを加えると、家が一軒立ってしまうほどかかるのだ.
まぁ、でもこれは、普通に考えてえられる答えである.
音楽機材はいくらでもコスト削減の対象になる。
防音効果も、あるていど最初からあるマンションを選べば、それほど問題にならない.(しかしそれが問題とも言える)
スピーカーやアンプは、こだわり始めるときりがないので、最低でも20万ぐらいは予算に入れておきたい.
それなら、新車(大体クレスタぐらいかな)が買える程度で抑えられるはずである.
実際にやってみないとわからないと言うところもあるが、
今は、新車を買うのだったら、プライベート・スタジオが欲しいかな
なんて夢見たいな話でした。

赤川式自宅スタジオ構築バイブル

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください